FC2ブログ

ROYAL HUNT「1996」(1996)

  • 2008/07/07(月) 21:11:11

1996.jpg

【No.007】
★★★★★(1996)
年間ベスト1996年第1位

1996年にアルバムを購入した当時、半年以上に渡って僕がひたすら聴きまくった本作はROYAL HUNT初のライブアルバム(2枚組)で、今聴き返してもこの頃(1996年の来日時)がバンドの絶頂期だったと思える作品です。本作を語る上で欠かせないのが、D.C. Cooper(Vo)の圧倒的なボーカルパフォーマンス。突き抜けるようなハイトーンから腹にズシリと響いてくるミドルレンジまで、文句のつけようのない歌唱力です。それだけでなくステージ上での観客の盛り上げ方、同時発売されたVHS版でのド派手なステージアクションも見どころで、あれだけ動きながら安定感のある歌唱ができるんだから凄い。「ゴキゲンイカガー」など、意味不明な日本語MCはご愛嬌。

セットリストもほぼ完璧で、これまでリリースした3枚のアルバムからバランスよく選曲していて当時のベストテイクといえそうな内容です。1st、2ndアルバムの楽曲群がD.Cの絶品歌唱で見事に生まれ変わっているのも嬉しいですね。特にアコースティックセットとして演奏されるDisc-2⑦Age Gone Wildは、「こんな素晴らしい曲だったのか」と楽曲の魅力を再確認できました。D.Cの極上パフォーマンス以外にも演奏陣の素晴らしいテクニックを収めた各パートのソロを収録してあるのもポイント。

このライブ盤には、オリジナル以上にドラマティックに生まれ変わった楽曲と、その魅力を増幅させるための女性バックコーラスも配されてるため、本作を買ってからというもの初期3枚のオリジナルアルバムを聴く機会は激減しました。Disc-2⑪Time冒頭でのD.Cと女性バックコーラスによるサビのア・カペラから、Andre Andersen(Key)が奏でるチェンバロサウンドに至る流れは涙なくして聴けないほど感動的。ROYAL HUNTを初めて聴くという人には、本作を試しに聴いてみることを強くお薦めしたいです。この作品に心底惚れ込んだ僕は150分テープ(まだMDも持ってませんでした)にダビングして、高校通学時にテープが擦り切れるほど聴きました。ホント、1996年はこのライブ盤ばっかり聴いてましたね。

【音源紹介】
・Kingdom Dark(Live)


・Time(Live)

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

Amatinさん

はじめまして。ブログ訪問&コメントありがとうございます。
僕も1996年当時はこのアルバム一色でした。リマスター盤、気になりますね。どれくらい音が良くなってるんでしょうか。
また本作と「CLOSING THE CHAPTER」DVD化の噂も楽しみです。D.Cの派手なステージアクションを見たい!
Amatinさんのブログにもこれからお伺いしますね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2008/12/18(木) 08:09:41
  • [編集]

懐かしー

こんにちは、初めましてー。

俺もこのアルバム、死ぬほど聴きました(既に社会人でしたがw
DCの歌唱はライヴでも崩れずホント安定してますよねー。
今年出たリマスターのやつ、買おうかなとも思ってるんですけど。
何度もリイシューされてるところをみると、
バンド側もレコード会社側も売れ筋と踏んでるんでしょうかねー。

  • 投稿者: Amatin
  • 2008/12/17(水) 19:12:32
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する