BLOOD STAIN CHILD「MYSTIC YOUR HEART」(2003)

  • 2016/08/31(水) 00:00:00

MYSTIC YOUR HEART
【No.477】
★★★(2007)

CHILDREN OF BODOMの影響下にあるメロディックデスメタルとRHAPSODYにも通じるシンフォアレンジを融合させたスタイルが話題となった国産バンドBLOOD STAIN CHILDの2作目。今回もチルボドテイストは保ちつつも前作「SILENCE OF NORTHERN HELL」(2002)にあった大仰さは控えめとなり、代わりにキーボードによるデジタル音が楽曲を彩っています。それでいてサウンドの根幹部分はメロデスの王道に近づいた感があり、Ryo(B、Vo)のデス声もデビュー作と同じくAlexi Laiho(Vo/CHILDREN OF BODOM)を連想させる喚くようなスタイルに加えて、静かに歌うパートではAnders Friden(Vo/IN FLAMES)からの影響が感じられますね。

前作以上に北欧メロデスバンドを彷彿とさせる要素が多いためフォロワー臭は強くなっているものの、メインソングライターのRyu(G)のメロディセンスは相変わらず僕好みだし全9曲中大半が疾走チューンなので聴いていると否が応でもテンションが上がります。①Be In For Killing Myself、②∞ System、③The Rise Of All The Fallという冒頭の畳み掛けで掴みはOK。またアルバム後半には⑥eM Solution、⑦Clone Life、⑧The Road To Ruinというハイライトがあって、このジャンルのバンドとして海外勢とも十分渡り合えるだけのインパクトがありますね。ちなみにエンディング曲⑨Deep Silent Memoryは19分もありますが、本編が3:20で終了した後に15分近くの無音状態を挟んでトランス系のインストSextronicsがシークレットトラックとして収録されています。こういう仕掛けも嫌いではないですが、無音のパートが長過ぎてスキップするのが面倒ですね(苦笑)。

本作を語る上で欠かせないのはデビュー作以上に存在感を発揮している鍵盤奏者Akiでしょう。キラキラのシンセや楽曲を包み込む寒々しいサウンド、デス声のバックでクサメロを奏でたかと思えばソロパートではギターと熱いバトルを繰り広げるなど大活躍しています。彼の音選びのセンスの良さもBLOOD STAIN CHILDの武器ですね。このバンドに対する世界からの注目度も高まってきたようでCHILDREN OF BODOMのアルバムをプロデュースしたこともあるAnssi Kippoが共同プロデューサーとして本作に関わっています。Anssiの手腕によるところもあってか、サウンドプロダクションも良くなっていますね。バンドとしての着実な成長が感じられる1枚だと思います。

【音源紹介】
The Road To Ruin

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する