MEAT LOAF「BAT OUT OF HELL Ⅲ‐ THE MONSTER IS LOOSE」(2007)

  • 2016/08/11(木) 00:00:00

BAT OUT OF HELL 3
【No.475】
★★★★(2007)
年間ベスト2007年第8位

1977年に発表されたシリーズ1作目が約3,700万枚、1993年にリリースされた2作目が約1,500万枚とロック史に燦然と輝くセールス記録を樹立したMEAT LOAFのモンスターアルバム「BAT OUT OF HELL」(邦題:地獄のロック・ライダー)の3作目にして、足かけ30年で完結を迎えるシリーズ最終作。これまでの「BAT OUT OF HELL」シリーズといえばJim Steinmanが書いた大仰でドラマティックな楽曲群をMEAT LOAFがクドく、暑苦しく歌い上げるのが大きな特徴でした。それに対して今回はJimのペンによる楽曲は14曲中7曲にとどまり、BON JOVI等を手掛けたヒットメーカーDesmond Childが6曲(全て他のライターとの共作)、AEROSMITHのヒットバラードI Don't Want To Miss A Thingなどの作曲者としても知られるDiane Warrenが1曲を提供しています。

創作面でJimのインプットが少なくなっているほかNikki Sixx(B/MOTLY CRUE)、John 5(G/ROB ZOMBIE、ex-MARILYN MANSON)がDesmondと共作という形で作曲に関わっていたりBrian May(G/QUEEN)、Steve Vai(G)をゲストとして迎えるなどHR/HM畑からの登用が目立つのも本作の特徴ですね。それが顕著に現れているのがオープニングの①The Monster Is Looseで、過去2作にあった華麗なピアノは影を潜めヘヴィなギターが曲を引っ張っています。本作のハイライトは北欧の歌姫Marion Ravenとのデュエットが見事な名バラード③It's All Coming Back To Me Now〜記憶の中へ…、ドラクエのラスボスが現れそうな出だしからクワイアに繋がる小品⑦Monstroに導かれてスタートする飛翔感に溢れたロックチューン⑧Alive、Jim Steinman節全開の⑫Seize The Night辺りでしょうか。ちなみに③は元々JimがプロデュースしたPANDORA'S BOX「ORIGINAL SIN」(1989)の収録曲で後にCeline Dionが歌い大ヒットしたナンバーですがMEAT LOAF曰く、元々は「BAT OUT OF HELL」シリーズのために用意された曲なんだそうです。

上記の曲以外にも聴き応えのある曲が目白押し。Brian Mayがいかにも彼らしいギターを奏でて強烈な個性を放っている④Bad For Good、Diane Warrenのペンによるドラマティックバラード⑤Cry Over Me、ダイナミックな曲調の中でSteve Vaiのギターソロが冴える⑥In The Land Of The Pig, The Butcher Is King(タイトルを見ただけでJim Steinmanの曲だとわかりますね/笑)の流れは申し分ないし、ブラスサウンドがファンキーな雰囲気を生み出す⑩If It Ain't Broke Break It、MEAT LOAFのツアーに長年帯同しているPatti Russoとデュエットした爽やかソング⑪What About Love、映画「DREAM GIRLS」でオスカーを獲得したJennifer Hudsonが力強い歌声を響かせる⑬Future Ain't What It Used To Beなどなどお気に入り曲を挙げだすとキリがありません。本シリーズの生みの親でもあるJim Steinmanの関わりが薄い今回のアルバムは「BAT OUT OF HELL」とは呼べないという声もあるようですが、過去2作品の流れはしっかり受け継いでいると思います。僕は本作から「BAT OUT OF HELL」シリーズにハマりました。

【音源紹介】
・It's All Coming Back To Me Now〜記憶の中へ…

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

グラハムボネ太郎さん

僕にとっては本作が一番聴きやすかったですね。Jim Steinman節は健在ながらもDesmond Childを始めとする他のソングライターの存在が大きかったように思います。僕がBAT OUT OF HELLシリーズを最初に聴いたのはPART1でしたが、ここまでハマるキッカケとなったのはまちかいなくこのPART3です。そういう意味では一番思い出深いアルバムですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2016/08/15(月) 00:01:47
  • [編集]

スリー!

いいアルバムです
大好きです(笑)
ジムらしさがありつつも、ハードなスタイルはロック好きな私にはぴったりで。
なんと言っても楽曲が素晴らしいんです。

  • 投稿者: グラハムボネ太郎
  • 2016/08/12(金) 09:54:11
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する