JANNE DA ARC「D・N・A」(2000)

  • 2016/05/25(水) 00:00:00

DNA.jpg
【No.471】
★★★★★(2007)

ヴィジュアル系全盛期の1999年に「ヴィジュアル系バンドの最終兵器」というキャッチコピーでメジャーデビューを果たしたJANNE DA ARC(ジャンヌ・ダルク)の1stアルバム。作品タイトルは遺伝子を意味するのではなくDifferent Native Answersという言葉の頭文字から来ているそうです。このバンドについては以前からHR/HMリスナーでも楽しめるという前評判を耳にしていたしBURRN!誌でも取り上げられていましたが、なかなか聴くに至らず2007年にようやくチェックしました。「もっと早くこのアルバムを聴いておくべきだった」というのが正直な感想でしたね。ヴィジュアル系にカテゴライズされる彼等ですがメタルの要素もしっかりと存在しているし、適度に盛り込まれたクサメロやテクニカルパートがいいアクセントになっています。

2分弱のインスト①Deja-vuとそれに続く②Vanity、③「ファントム」を聴いて「僕好みのサウンドだな」と思っていたら、どキャッチーなサビのアカペラ歌唱から始まる爽やかチューン④「Eden~君がいない~」以降は更に強力で打ちのめされました。一部で「メロハー化したDREAM THEATER」と呼ばれていることも頷けるポップな歌メロと難解なフレージングが融合した⑥Stranger、気持ちを高揚させるサビが堪らないメロディックメタル⑧Lunatic Gate、クサメロを撒き散らしながら疾走するデビューシングル曲⑩Red Zone(Album Mix)、美味しいメロディが堪能できる⑪Ringといったメタル寄りの楽曲群は文句なしのカッコよさを誇っています。また虐待という重いテーマとリンクした不気味な雰囲気の⑤「child vision~絵本の中の綺麗な魔女~」、仄かな哀愁が胸に沁みる⑦「桜」、響き渡る鐘の音が結婚式を連想させるピースフルなエンディング曲⑫Heaven's Placeなど曲調に振り幅がありつつ、どれもメロディが魅力的なのが素晴らしいですね。

yasu(Vo)の声が細く感じられたり、恋のかけ引きをテーマにした歌詞が多く時にはエロティックだったりと苦手要素もなくはないのですが、それを補って余りある楽曲の良さが光っています。中でも④、⑦、⑧、⑩、⑪はキラーチューンですね。ヴィジュアル系のバンドをたくさん聴いているわけではないのですが、このジャンルの中で一番好きなアルバムです。本作に魅了されて彼等のベスト盤もチェックした覚えがありますね(本作ほどハマることはありませんでしたが)。2007年にyasuがソロプロジェクトACID BLACK CHERRY(通称ABC)を立ち上げて以降、JANNE DA ARC名義でライヴや楽曲の制作などはしておらず事実上の活動休止状態となってしまっているようです。いつか本作の路線で復活してくれないかな、と淡い期待を抱いているのですが可能性は低そうですね…。

【音源紹介】
Red Zone

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

B!13さん

「月光花」が流行っていた時、僕は大学生だったような気がします(笑)。JANNE DA ARCはメタラーの間でも評価の高いヴィジュアル系バンドというイメージがありますね。
SIAM SHADEといえば「1/3の純情な感情」が大好きですがアルバムをちゃんと聴いたことはないですね。バンド名の後ろに数字をつけただけのアルバムタイトルに購買意欲をそそられなくて…(苦笑)。機会があればレンタルで借りたり、中古で買ってみようかと思ってはいるんですけどね

  • 投稿者: よしよ
  • 2016/05/28(土) 23:24:42
  • [編集]

小学生の頃に放送してたアニメブラックジャックに「月光花」が使われていて漠然と良い曲だなと気に入って、中学生になってから「SINGLES 2」を買って愛聴してました。

その後HR/HMを聴き始めたらメタラーからも評価が高いと知って驚いた覚えがありますね。

特にバンドやってる友達に「ジャンヌが好きなんだよ」と言うと食い気味で「じゃあSIAM SHADEも聴いてる?」ってかなりの確率で言われました(笑)よしよさんはSIAM SHADEも聴いてますか?

懐かしかったので唯一持ってる「SINGLES 2」明日聴こうと思います。

  • 投稿者: B!13
  • 2016/05/25(水) 02:18:22
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する