ANTHEM「HERALDIC DEVICE」(2011)

  • 2016/02/29(月) 00:00:00

HERALDIC DEVICE
【No.463】
★★★(2011)

柴田 直人(B)率いるジャパニーズメタル界の重鎮ANTHEMが再結成から10年の節目にリリースした13thアルバム。2010年にはバンドの25周年を記念して森川 之雄(Vo)時代の代表作4th「GYPSY WAYS」(1988)、5th「HUNTING TIME」(1989)を現メンバーで再現するスペシャルライブを敢行、その模様を収めた「PROLOGUE LIVE BOXX 2」をリリースするなど、いい意味でベテランらしからぬ勢力的な活動を続けていますね。そんな彼等も今回は納得のいくマテリアルを揃えるのに苦労したらしく柴田は本作を「難産の末に生まれたアルバム」と表しているようです。

作り手にとっては産みの苦しみを味わったアルバムのようですが、いざ聴いてみると従来作品の延長線上にあるANTHEMらしい安定感抜群の1枚に仕上がっています。インパクトのあるリードトラックを序盤に配して聴き手の心をガッチリ掴み、アルバムの折り返し点に清水 昭男(G)作のインストゥルメンタルがあって、エンディングは硬派なメタルチューンで締めるという作風は再結成後ANTHEMの様式美ですね。①The SignのイントロがANTHEMにしては珍しくキーボードを絡ませたものだったり、ロックンロールのフィーリングを取り入れた③Go!SCORPIONSの有名曲Rock You Like A Hurricaneを連想させるハードロック④Blind Alleyがあったりと新しい一面を見せつつも、バンドとしての核はしっかり保っているのも好印象。特にストレート③は本作の中で一番好きな曲だし、漢の悲哀を感じさせる勇壮なクサメロが胸を打つミドル⑥Wayfaring Manから、清水作のインストの中でもかなりメタリックな⑦Code Of The Silenceへ繋がる流れも聴きどころですね。

本作もANTHEMファンは勿論、ヘヴィメタルという音楽のファンであれば一定以上の満足感が得られるのは事実ながら、再結成ANTHEMのアルバムの中では下から数えた方が早いかなという気もします。僕のツボにハマるメロデイが少ないと言ってしまえばそれまでなのですが…。今回は⑦を除き、全曲を柴田が手がけているということも関係しているのかもしれません。清水特有の親しみやすいメロデイがもう少し欲しかったですね。僕がANTHEMを聴くきっかけとなった名盤11th「IMMORTAL」(2006)、タイトルトラックが飛び抜けた名曲だった12th「BLACK EMPIRE」(2008)に続くアルバムなので地味に感じます。客観的に見れば「ヘヴィメタルかくあるべし」な力作ですが、今のANTHEMならこれくらいやってくれるだろうという予想の範疇内に収まる作品でもありますね。

【音源紹介】
The Sign

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する