RICHARD ANDERSSON'S SPACE ODYSSEY「TEARS OF THE SUN」(2006)

  • 2015/08/23(日) 00:00:00

TEARS OF THE SUN
【No.441】
★(2007)

ワーカホリックな鍵盤魔人Richard Andersson(Key)が2003年にMagnus Nilsson(G)と立ち上げたSPACE ODYSSEYの3作目。Richardの別バンドTIME REQUIEMの3rd「OPTICAL ILLUSION」(2006)から約9ヶ月という短い間隔でリリースされたということもさることながら、SPACE ODYSSEYとして新作を発表したこと自体が僕にとっては予想外でした。というのも「OPTICAL ILLUSION」にはMagnusが参加していたしTIME REQUIEMの従来サウンドとは一線を画していたので、SPACE ODYSSEYはTIME REQUIEMに吸収される形で自然消滅したと思っていたからです。それに加えてSPACE ODYSSEYの重要なファクターであるNils Patrik Johansson(Vo/ASTRAL DOORS、WUTHERING HEIGHTS)もスケジュールが合わないため不参加、後任にDavid Fremberg(Vo/ANDROMEDA)を迎えたとリリース前から伝わってきていたので期待値は下がっていました。

いざ聴いてみると、本作で展開されているのはRichardがこれまでに追求してきたネオクラシカルメタルの面影が全くないハードロックサウンドでビックリ。Richardによる各曲解説にも「どの曲も楽曲重視のスタイルにして、プログレッシブな要素は排除しようと思った」「今回はボーカルがあまり高い音域で歌わないスローな曲をやってみた」「ギターを前に出してキーボードをちょっと引っ込めている」といった言葉が並び、意図的に今回のような音楽性にシフトしたことが窺えますが肝心のメロディがほとんど印象に残りません…。お気に入りと呼べそうなのは本作では珍しくキーボードソロが聴ける⑤Dark Wings Of Universe、日本盤ボーナスの⑨Jailbareakerといったアップテンポのナンバーくらいでしょうか(これら2曲についても過去の楽曲群と比べると弱いと思いますが)。本作のブックレットでは作詞作曲、プロデュースのクレジットは当然の如くRichard Anderssonとなっているのですが、その下に(In collaboration with Mr. Magnus Nilsson)という表記があります。Magnusが曲作りに関わったことで今回のようなサウンドになってしまったのだとしたら残念ですね。

「OPTICAL ILLUSION」も従来とは異なる路線で驚きましたが、作品単体としてはそれなりに楽しめるアルバムでした。それに対して本作はRichardのアルバムかどうかは別にしても僕の琴線に触れるメロディが極端に少ないのが痛いですね。自身のトレードマークであるネオクラサウンドや速弾きキーボードを封印してまでこの路線でやっていく意味が見えないように思います。SPACE ODYSSEY、TIME REQUIEM共に3枚目のアルバムで路線を転換したため今後の活動に一抹の不安を覚えたのですが案の定、両バンドとも4作目をリリースすることはありませんでした(2015年現在)。それどころか、これまで複数のバンドを掛け持ちして1年に1〜2枚のアルバムを発表していたRichard Andersson自身も本作を最後に表舞台から姿を消してしまいます。以前にインタビューで「短期間に沢山のアルバムを出し過ぎではないか?」と聞かれ「自分はプロのミュージシャンで、音楽で家族を養っているから」と答えていた彼がどのようにして生計を立てているのか気になりますね(スタジオ経営などの裏方に徹することにしたのでしょうか?)。長らく動向が掴めなかったRichardですがDEVIL'S HEAVENというグループに在籍して2014年に「HEAVEN ON EARTH」というアルバムを出しているようです。

【音源紹介】
Dark Wings Of Universe

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する