TIME REQUIEM「OPTICAL ILLUSION」(2006)

  • 2015/08/16(日) 00:00:00

OPTICAL ILLUSION
【No.440】
★★(2006)

MAJESTIC、TIME REQUIEM、SPACE ODYSSEYで発表した5作品から厳選した10曲をリメイクしたベスト盤「THE ULTIMATE ANDERSSON COLLECTION」(2006)をリリースしたRichard Andersson(Key)が僅か半年のスパンで放つTIME REQUIEM名義での3作目。TIME REQUIEMの前身バンドMAJESTICの2nd「TRINITY OVERTURE」(2000)から在籍していたMagnus Nordh(G)、Apollo Papathanasio(Vo)はバンドを離れRichardの幼馴染みでSPACE ODYSSEYのギタリストでもあるMagnus Nilssonが加入、シンガーにはGoran Edman(Vo/ex-YNGWIE MALMSTEEN etc)を迎え、リズム隊はAndy Rose(B)、Jorg Andrews(Ds)という「THE ULTIMATE ANDERSSON COLLECTION」と全く同じラインナップとなっています。リメイク作品とオリジナル盤とはいえRichardが同じメンバーでアルバムを制作したのは今回が初めてですね。ちなみにGoranはもうメタルを歌わないと思っていたのですがネオクラ系バンドからのオファーをほとんど断っている中、Richardは本物だと感じることができたため参加したそうです。

SPACE ODYSSEYの2nd「THE ASTRAL EPISODE」(2005)がTIME REQUIEM寄りのプログレメタル風だったので、TIME REQUIEMの音楽性がどうなるのか注目していたのですがデビュー作で顕著だった張り詰めるような緊張感、その中でキラリと光る哀メロといったTIME REQUIEMのアイデンティティはかなり薄れていますね。このバンドにしては珍しいアコギと笛の音色に導かれて始まるオリエンタルなムードを湛えた①Sin To Sinからして違和感があります。その一因となっているのがシンガーの交代でしょう。野太いハスキーボイスが特徴だった前任者Apolloとは対照的なGoranの声質を考えると、この変化は自然なのかもしれませんが別バンドになってしまったかのように感じる場面も少なくありません。その最たる曲がYNGWIE MALMSTEENバンドでGoranが歌ったTeaser(「FIRE AND ICE」収録)に通じる明るさを持った⑦Miracle Manですね。曲全体としては薄味ながらサビではクサメロパートに移行する②The Talisman、④The Ashen Soulには「ハッ」とさせられるし、ネオクラの王道をゆく⑧Sphere Of Fantasyは気に入っていますが、過去のアルバムほどのめり込めない自分がいます。

Richardのキーボードに関しては、これまでのような速弾き一辺倒で曲を覆い尽くすことはなく、彼にしては押し引きをわきまえたプレイになっていますね。それと比例するようにギターパートも増量されているので客観的に見ればバランスが良くなったようにも感じますが、限界以上に弾きまくるのがRichardのスタイルだったことを思うと物足りなかったりもします。というわけでTIME REQUIEMがこれまでに築き上げてきた個性が希薄になっているので戸惑ってしまう部分が多いのが気になりますね。TIME REQUIEMの作品であるかどうかを別にして繰り返し聴くうちにジワジワと好きになっていった1枚なので、別バンドとしてリリースしてくれた方がすんなり受け入れることができたように思います。

【音源紹介】
The Talisman

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する