DOUBLE DEALER「DESERT OF LOST SOULS」(2007)

  • 2015/04/25(土) 00:00:00

DESERT OF LOST SOULS
【No.428】
★★★★★(2007)
年間ベスト2007年第1位

2000年に国産メタルシーン注目のプロジェクトとしてデビュー、活動休止期間を経て2005年に3rd「FATE & DESTINY」で復活したDOUBLE DEALERの4作目にしてラストアルバム。2006年には初のライブアルバム、DVDを発表するなど活動が軌道に乗ったかと思いきや、今回のアルバム制作中に島 紀史(G)のマネージャーと下山 武徳(Vo)の間で生じたトラブルがきっかけでリリース時には既にバンドが解散していたという、いわくつきの1枚でもあります。レコーディングが終了する前にトラブルが起きたため下山はバンドを脱退。一時はアルバムの発売自体が危ぶまれたものの、歌入れは済んでいたこともあり何とかリリースにこぎつけたという内部事情とは裏腹に内容は素晴らしいの一言。

前作もよくできたHR/HM作品でしたが、その手堅い作風が物足りなくもありました。ところが、今回はSABER TIGERを彷彿とさせる攻撃性と下山の迫力満点のボーカル(一部エフェクトあり)が炸裂するオープニング①Howl Of The Wolfからしてバンドの気迫、熱気が違います。フックに満ちた歌メロとギターソロがカッコいい②Like A Free Wind、曲の後半からエンディングにかけて怒涛の盛り上がりを見せる⑧Heart Never Bendsといったハードロック系、バラードのない本作で重要な役割を果たす哀愁ミドル④Star In The Dawn、待ってましたの疾走チューン⑤Judgement、キャッチーなコーラスが耳に残る⑥Cats In A Backyardなど、その後も芯はHR/HMにありつつも表情豊かな楽曲が続きます。それに加えてアルバム終盤ではFAIR WARNINGにも通じる爽やかなメロディを持ったDOUBLE DEALER流メロハー⑩Withered Grasses、ジャーマンメタルの香りも感じさせる疾走曲⑪Stained Lifeといった新機軸も見せていてバンドとしての伸びしろがまだあることを感じさせてくれますね。それだけにバンドがもう存在しないという事実がただただ残念でなりません…。

そんな楽曲群の充実もさることながら弱点だった音質面も改善されていて、プレイボタンを押した瞬間に今回は音が違うと感じたし礒田 良雄(Ds)の凄みもこれまで以上に伝わってきます。バンドの2枚看板は島と下山ですが礒田のドラミングもDOUBLE DEALERサウンドには欠かせませんね。多彩な音色で曲を彩るキーボードプレイヤー小池 敏之、楽曲に勢いをつけるベースラインとテクニックを持った木本 高伸(B)を加えたラインナップは日本のメタルシーンでも屈指の顔ぶれでしょう。個性のぶつかり合いがケミストリーを起こしたデビュー作も素晴らしかったですが、バンドとしての結束を増した末に完成した本作もまた名盤です。不本意な形で解散に至ってしまったDOUBLE DEALERですが、今年の7月に開催されるANTHEMのデビュー30周年記念フェスで一夜限りの復活をするそうですね。1st「DOUBLE DEALER」を2000年、本作を2007年の年間ベスト第1位に選出した僕としては、これをきっかけに継続的な活動に繋げてもらいたいのですが果たして…?

【音源紹介】
Like A Free Wind

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

B!13さん

ここに来て音楽性が広くなった感がありますね。僕の中では1stと本作はタイプこそ違えど甲乙付け難い名盤です。DOUBLE DEALERとしては平均的な3rd、後半息切れしてしまう2ndという感じでしょうか。一度もライブで演奏したことないであろう本作からどの曲をやるのか、どんなライブになるのか興味津々です。ライブだけでなくニューアルバムに繋がってくれると嬉しいですが過度な期待はせずに待とうと思います。

  • 投稿者: よしよ
  • 2015/04/29(水) 21:44:38
  • [編集]

メタリックな曲、歌メロ重視のハードロック曲、今までに無かった要素の曲など、バランスが取れた素晴らしいアルバムですよね。音質の改善も嬉しいポイントです。

#1はイントロから一発でノックアウトされました。解散状態だったのに明るめなラスト2曲のおかげでポジティブに聞き終えられるのも良いですね。

僕の中ではこの4thがずば抜けてて、曲は良いけど音質が足を引っ張っている1st、アルバム前半は大好きで全体通しても悪くないけどちょっと地味な3rd、あんまり聞かない2ndみたいな印象です。

ファンとしてはライブだけでなく新作を作ってこれからも活動してもらいたいですね。

  • 投稿者: B!13
  • 2015/04/29(水) 17:19:40
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する