SIXRIDE「SIXRIDE」(2004)

  • 2015/04/07(火) 00:00:00

SIXRIDE
【No.426】
★★★★(2004)
年間ベスト2004年第4位

「アニキ」の愛称で親しまれている魂のボーカリスト下山 武徳(Vo/DOUBLE DEALER、ex-SABER TIGER)率いるSIXRIDEの2ndアルバム。基本的にはデビューアルバム「TICKET TO RIDE」(2003)で確立した歌謡曲テイストもあるジャパニーズロックを継承していますが、前作に若干残っていたSABER TIGER風のゴリゴリメタルチューンは姿を消しているため一段とメロディアスになったように感じます。バンドのメインソングライター青柳 慎太郎(G)のメロディセンスが冴え渡る楽曲群、喜怒哀楽を見事に表現した下山の圧倒的な「歌」の説得力と胸に突き刺さる歌詞が一体となって迫ってくるSIXRIDEの魅力がダイレクトに伝わってきますね。

静かなイントロで始まり終盤は鬼気迫る歌唱でドラマティックに盛り上がる①「マグダラ」、そこから間隔を開けずに続く②「三千世界」は前曲の勢いをうまく引き継いだ絶妙なミドルチューンとなっていて、この冒頭2曲で僕は本作の世界に引き込まれました。それ以降もSIXRIDEを代表するバラードと呼べそうな③「蒼い刻」、哀愁と親しみやすさが融合したハードロック④「蜃気楼の彼方」が並び、デビュー作を超えるのではという期待感を抱かせてくれます。バンドのヘヴィサイドを強調した⑤Black Native World以降は若干テンションが下がるものの、シャッフル調のリズムが新鮮で心地よい⑥Float Flower、リリカルなピアノと下山の繊細な歌唱が胸に沁みる叙情バラード⑦「月影」(作曲はベーシストの竹内 聡)、歌謡曲風でありながら不思議な力強さも感じられる⑧F-Angel、ノリのいいハードロック⑨Row Out、そして前作のREGRET DAYSと同様に明るくアルバムを締めくくってくれる⑪On The Windと良曲が満載です。スラッシーなビートを刻むモダンな⑩「切り裂けば黒い泥が流れる者へ」はサビ以外が語りまたはシャウトという実験的なナンバーでアルバムの中では浮いていますが、これはこれでアリだと思います。

前作以上にメタル成分が減退しているためSIXRIDEにSABER TIGERの続きを期待すると肩透かしをくらいますが、HR/HMファン以外にもアピールできそうな1枚でもあります。惜しむらくはデビュー作に収録されていた「茜色の空」、Dec.級のキラーチューンがないことでしょうか。とは言っても楽曲は十分粒揃いなので、それを求めるのは贅沢なのかもしれませんが…。デビューから2枚続けて名盤クラスのアルバムを発表してくれたSIXRIDEでしたが、2004年の12月にセカンドギタリスト荒瀬 崇光の脱退とバンドの活動休止を発表しています。その後、下山は島 紀史(G/CONCERTO MOON)と組んだDOUBLE DEALERを再始動(2009年に解散、2010年にはSABER TIGERに復帰)、青柳は2006年に自身のバンドJADESTERを結成し2009年に1stアルバム「EGOIST」をリリースするなど中心メンバーの2人は別々の道を歩んでいます。とはいえ青柳が下山のアコースティックライブ「夜会」にゲスト参加するなど交流は続いているようだし、SIXRIDEとしても2014年5月にGACHARIC SPINの札幌公演に友情出演して新曲を披露したそうなのでいつか復活してほしいですね。

【音源紹介】
ごめんなさい。本作の音源を見つけることができませんでした。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する