MIKAEL ERLANDSSON「THE GIFT」(2002)

  • 2009/11/24(火) 00:00:00

THE GIFT
【No.201】
★★★(2002)

97年発表の「UNFAMILIAR」以降、Mikael Erlandsson(Vo)に関しては音沙汰がなかったのでBenny Soderberg(Vo、Key/ex-FORTUNE)率いるCLOCKWISEや民族音楽色も感じさせるギターインストの傑作「GYPSY POWER」を作り上げたSteven Anderson(G)に続き、僕のお気に入り北欧アーティストがまた1人、表舞台から姿を消してしまったのかと半ば諦めていたところに突如飛び込んできた「Mikael復活」のニュースには大喜びしました。作品を重ねるごとにメロディの魅力が下降線を辿っていたため一抹の不安もありましたが、本作のオープニングトラック①Out Of Champagneを聴いた途端にそんな不安は消し飛びましたね。

アルバム全体のイメージとしては2ndの作風に最も近く、デビュー作にもあったエッヂの効いたサウンドも盛り込まれているといった感じです。本作の特徴は彼独特の哀愁という要素は控えめとなっている反面、印象的なギターフレーズから始まる③I Love Youや明るくポップなメロディが弾ける⑥Million Dollar Girlといったアップテンポの曲が多いため「躁」な印象が強いということでしょうか。哀愁が控えめといっても、それは「Mikael Erlandssonにしては」という話であって、年齢を重ねるごとに哀愁味を増している彼特有のハスキーボイスとメロディセンスは僕のツボです。優しげなハーモニーから始まる⑦I Send You My Heart、デビュー作を彷彿とさせるクサメロチューン⑩Excuse Me Babyそして本作のハイライト⑪Love’s Got A Hold On Meといった従来のメロディックロック路線に加えて、今回は新機軸としてR&B風のバラード④Soul Is My Nameも収録されていて、楽曲の幅に広がりが見えるのも好印象。

本作で見事な復活を遂げたMikael Erlandssonは翌年の2003年にAndy Melecek(G/ex-FAIR WARNING)LAST AUTUMN’S DREAMを結成。その後はLAST AUTUMN’S DREAM名義で年1枚のペースを守りつつ良質のアルバムをコンスタントにリリースしています。LAST AUTUMN’S DREAMも好きですが、強烈な泣きメロナンバー満載というよりは普遍的なロックに近い印象なので、またソロで哀愁路線を突き詰めた作品も出して欲しいなぁ。

【音源紹介】
・I Love You

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

たけちよさん

こんにちは。僕も過度な期待は禁物と思うながら聴いて、本作の素晴らしさに感動したのを覚えています。②は本文では挙げませんでしたが好きな1曲ですよ。このサビメロはとてもミカエルっぽいですよね。
⑪を結婚式で使われたんですね。素晴らしい選曲!実は僕の結婚式でもこの曲はBGM候補に挙がっておりました。結局はThe 1のLADヴァージョンを使いましたが。ちなみに僕の結婚式で使った音楽は「僕の音楽的嗜好」カテゴリに記事がありますので、よろしければどうぞ~。

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/11/27(金) 13:12:30
  • [編集]

こんばんわ、よしよさん。


このGIFTは僕も大好きなアルバムであります。
2nd~3rdの流れで ミカエルはHR/HMフィールドの
人間では無いと判断し、本人ももう演りたくないのだろうと
思っていたので、この4thは全然ノーチェックになっていました。

しかしひょんなことから(気まぐれです^^;)
このアルバムを手にし、買ってすぐカーステレオから
聴いたとき嬉しくて一瞬、感傷にひたってしまいました。

HR/HMではないかもしれません。しかし、
輝けるあのミカエルが帰ってきていたからです。。
あくまで2ndよりですが1st~2ndの中間を行く様なサウンドと
軽快で馴染みやすいメロディと泣きのメロディの2面性が
復活していました。。(T_T)

ミカエルからの贈り物。
僕にとって「GIFT」というタイトルは
まさに本質を表したモノでありました。

長くなって恐縮ですが、僕は特に②と
よしよさんもハイライトと仰っている⑪がお気に入りです。

②のサビメロとコードの妙はとてもセンスがいいと思いますし
⑪は、(今聴いています)とても幸せな気分にしてくれる曲です。

今はLADを頑張っているミカエルですが
そろそろまたソロ作も手がけてくれるといいですよね (^-^)/

蛇足ですが、⑪は僕らの結婚式でも使わせてもらいましたw
(だから幸せ気分というわけではないですよ ^^;)

  • 投稿者: たけちよ
  • 2009/11/25(水) 22:35:58
  • [編集]

かさとりっ子さん

こんにちは。確かにこのアルバムはパワーポップに近いかもしれませんね。それをミカエルの歌が哀愁に染めるという感じです。
RASMUSは僕も好きですよ。「DEAD LETTERS」というアルバムで彼らを知り、それ以降のアルバムは全て聴いていますし、Small Townが収録されている「INTO」もチェックしました。「DEAD LETTERS」と「INTO」はかなり気に入っています。ボーカルの声質はかなりミカエルっぽいですよね。
このコメント書いているとTHE RASMUSが聴きたくなってきましたが、次はミカエル繋がりでLAST AUTUMN'S DREAMを取り上げる予定です。新作が出る12月16日までに全作品紹介できるといいのですが…(汗

  • 投稿者: よしよ
  • 2009/11/25(水) 18:22:38
  • [編集]

よしよさん

ミカエルのレビューも大詰めですね。
GIFTは僕もお気に入りですよ。特に⑦⑨辺りが僕は好きですね。
全体的にはパワーポップという印象を受けます。でも、ミカエルが歌うと哀愁にかわります。
ミカエルの声質に近いRASMUSというバンドも聞きましたが曲はミカエルの方が良かったです。SMALL TOWNという曲は比較的ミカエルに近いと思いますが。
ジャケットを見て前髪が危ないと思ったのは僕だけでしょうか。次はどんなアルバムを紹介していただけるのか楽しみです。

  • 投稿者: かさとりっ子
  • 2009/11/25(水) 00:26:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する