【CD購入録】AKANE LIV「LIV」(2014)

  • 2014/12/18(木) 00:00:00

【CD購入録】
LIV.jpg
AKANE LIV「LIV」(2014)

2009年にデビューして以降、精力的に活動し2012年までに4枚のフルアルバムを発表してきた国産シンフォニック・メタルバンドLIV MOONでその美声を響かせるAkane Liv(Vo)初のソロアルバムを買いました。「誰もが聞いたことのあるクラシック曲をモチーフにした曲作り」をテーマにクラシックフレーズを取り入れたナンバーが並んでいます。作品テーマとしては今更感が強いし、HR/HMに通じる要素はほとんどありませんがAkane嬢の卓越した歌唱力もあって、なかなか良い感じに仕上がっています。楽曲的にはバッハの「トッカータとフーガ」をモチーフにした②NIGHT PARADEとベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」を取り入れた④HIKARIのインパクトが大きいですね。先行シングル「NIGHT PARADE」にこれら2曲が収録されているのは納得だし、パッヘルベルの「カノン」をフィーチュアしたというReborn(シングルにのみ収録)も聴きたくなってきます。あと宝くじのCMでも使われているモーツァルトの「怒りの日」で曲が始まる⑦Close Your Eyesを聴いた時にはギバちゃんと妻夫木クンの顔が浮かびました(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

B!13さん

僕も本作の曲を聴いてクラシックの元ネタがわからなかったものは結構ありました。いまだに何がモチーフになっているのか不明なものもチラホラ…。ソロ第一弾でこのようなテーマ性のある作品を出したとなると次回作は同じテーマの第二弾になるなどの縛りが発生する可能性も考えられるので、その辺は気になりますね(LIV MOONの今後の動きも)。

  • 投稿者: よしよ
  • 2014/12/21(日) 09:11:54
  • [編集]

「誰もが聞いたことのあるクラシック曲をモチーフにした曲作り」という前評判だったので曲名を自信持って挙げられるのは「白鳥の湖」だけという具合に思ったより自分がクラシックに疎い事に驚きました(笑)

LIV MOONみたいな音楽性で「誰もが聞いたことのあるクラシック曲をモチーフにした曲作り」をやったらかなり好みな路線だと思いますが、ソロでやる意味が無くなりますね(笑)メタル耳で聴くとぬるい気もしますが、純粋にメロディが良いし歌も上手いし何だかんだでしょっちゅう聴いてます。次作以降はどんな路線なのかなと今から楽しみです。

  • 投稿者: B!13
  • 2014/12/20(土) 17:01:13
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する