ALMAH「FRAGILE EQUALITY」(2008)

  • 2015/02/19(木) 00:00:00

FRAGILE EQUALITY
【No.419】
★★★(2010)

ブラジルの至宝ANGRAの2代目フロントマンEdu Falaschi率いるALMAHの2ndアルバム。デビュー作「ALMAH」(2006)ではEmppu Vuorinen(G/NIGHTWISH)、Lauri Porra(B/STRATOVARIUS)、Casey Grillo(Ds/KAMELOT)という豪華ゲストを迎えたEduのソロプロジェクトという印象でしたが、本作ではバンドメンバーを全員ブラジル人に一新しています。ANGRAでも活動を共にしているFelipe Andreoli(B)、メロスピバンドBURNING IN HELLのリーダーでもあるMarcelo Moreira(Ds)もさることながら注目すべきはMarcelo BarbosaPaul Schroeberのギターコンビでしょう。時にやかましく感じれるほどのギターの弾きっぷりが楽曲のハイライトになっているし、自己主張の強いベースと手数の多いドラムが織りなすインストパートに圧倒され、結果としてEduが一番目立っていない気すらしますね(苦笑)。

そのEduの歌唱スタイルはANGRAの「REBIRTH」(2001)や「TEMPLE OF SHADOWS」(2004)で披露していたハイトーンは控えめで当時の最新作「AURORA CONSURGENS」(2006)同様、中音域を軸としているのですがメロディのフックはこちらの方が上なので、こういう歌い方のEduも魅力的に感じられますね。音楽性はANGRA以上に骨太で正統派寄りのヘヴィメタルです。冒頭のギターメロディを聴いただけで気分が高揚してくる①Birds Of Prey、パワフルに押し寄せてくる②Beyond Tomorrow、ジャーマンメタルっぽい明るさを持った③Magic Flameとメタルチューンを立て続けに繰り出す序盤でアルバムの世界にグッと引き込まれます。その後もメロウチューン、ブラジリアンテイストが感じられるゆったり系、ANGRAではできなさそうな激しいナンバーなど正統派メタルを軸に異なる表情を見せてくれるのが良いですね。

贅沢を言えばドラムがやたら前に出た音作りのため聴き疲れしてしまう、「これ!」というキラーチューンが欲しかったなど不満点もありますが「AURORA CONSURGENS」と比べると明らかに僕好みの作風ですね。本作がリリースされた当時のANGRAは契約の問題で事実上の活動休止状態だったので、ALMAHをバンド化させたEduの動きがANGRA解散に繋がるのではと噂されたりしていました。結局EduはANGRAでハイトーンを使い過ぎたことから喉を痛めてしまい2012年にバンドを脱退。ALMAHの次作以降ではメロパワから距離を置き、高音域で歌うことを求められないモダンなサウンドを取り入れながら活動を継続しています。

【音源紹介】
・Birds Of Prey

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する