【CD購入録】MASQUERADE「SURFACE OF PAIN」(1994)

  • 2014/08/30(土) 00:00:00

【CD購入録】
SURFACE OF PAIN
MASQUERADE「SURFACE OF PAIN」(1994)

北欧ハードポップの魅力が詰まったセルフタイトル作で1992年にデビュー、当時はTNTの後継者との呼び声も高かったMASQUERADEの2作目を買いました。「当時流行っていたグランジの影響を受けてダーク/ヘヴィな路線になった」という評判だったので覚悟はしていましたが、確かに大胆な路線変更をしていますね。正直なところ前作と同じバンドによるアルバムとは思えません。通して聴くにはなかなか厳しい作品ではありますがサビメロがキャッチーな④Sufferingは耳に残りますね。そのインパクトたるや、この曲をたまたま聴いていた長男(6歳)が「さっふぁり、さっふぁり♪」と歌い出したほど(笑)。本作がリリースされた1994年というと、それまでメロディアスな音楽を生み出していたバンドがダークなサウンドに変貌してしまうケースが多くゼロ・コーポレーションに在籍していたアーティストだけ見てもこのMASQUERADEだけでなくTALISMAN、FORTUNEもそのパターンに含まれると思います。個人的にはバンドの独自性を強調した結果としてヘヴィになったTALISMANはまだしも、他の2バンドの路線変更は好きになれないですね。ただ本作に関してはデビューアルバムと切り離して聴けば充実盤だという評価も少なくないようなので、聴き込めば印象が違ってくる…かも?

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する