SPIRITUAL BEGGARS「MANTRA Ⅲ」(1998)

  • 2015/08/29(土) 00:00:00

MANTRA Ⅲ
【No.442】
★★★(2001)

Michael Amott(G/ARCH ENEMY、ex-CARCASS)がリーダーを務めるトリオ編成のハードロックバンドSPIRITUAL BEGGARSの3作目。僕は次作4th「AD ASTRA」(2000)を聴いてバンドのファンになり後追いでこのアルバムを聴きましたが、こちらも毒々しくサイケデリックな荒くれハードロックというSPIRITUAL BEGGARSならではの魅力に溢れた良作でBLACK SABBATH、DEEP PURPLEといった70年代の有名バンドからの影響を感じられると評されることの多いアルバムでもあります。正直なところ、僕はその時代のロックバンドを聴いてもあまりピンと来ないのですが、本作はレトロなサウンドでありながら古臭さを感じさせないし、当時のバンドを改めて聴きたいと思わせるだけの魅力を備えていますね。再トライの結果、70年代のバンドにのめり込むことはありませんでしたが…(苦笑)。

「AD ASTRA」以上にドゥーミーな空気に満ちているものの、重たいだけで終っていない辺りは流石。それを象徴するのがヘヴィなイントロから幻想的なオルガンサウンドに導かれて極上のサビへと繋がる③Euphoriaで、この曲は間違いなく本作のハイライトですね。そこから一転してファンキーな④Broken Morningもカッコいいし、タイトル通りのボッサな曲調に驚かされるインスト⑥Superbossanovaまでこなしてしまうバンドの懐の深さと、アルバム中盤にこの曲を配するセンスに脱帽です(2000年に再発されたリマスター盤では1曲目になっているようですが)。それ以降も終盤にスローダウンする展開にグッとくる⑦Bad Karma、Michaelらしい泣きのギターが炸裂する⑧Send Me A Smile、前曲から間髪入れずに始まり勢いで押し切るロックチューン⑨Cosmic Romanceの3連発は強力だし、⑪Sad Queen Boogieも好きな楽曲ですね。

このバンドに関してはドゥーム/ストーナーロックに分類されることが多かったため「音楽はまずメロディありき」と考える僕とは相性が良くないかと思っていました。本作に関しても全曲がストライクというわけではないものの、退廃的なムードと聴き手をねじ伏せる凄みに溢れたSPIRITUAL BEGGARSサウンドはクセになりますね。その中心となっているのがMichael Amottのギターとソングライティングであることは間違いないのですがゲストプレイヤーとして参加しているPer Wiberg(Key/DEATH OTGAN etc)のオルガンサウンドも本作で重要な役割を担っています。どの曲でも大きな存在感を放っているので、次の作品からPerが正式メンバーとして迎えられたのも納得。次作以降SPIRITUAL BEGGARSはアンダーグラウンド臭を薄め、アルバムを重ねる度に洗練性を増していくこととなります。

【音源紹介】
Euphoria

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

なっつさん

メロディアスなHR/HMを好む者としては「ドゥーム」と聞いた時点で身構えてしまいますよね(苦笑)。そんな中、SPIRITUAL BEGGARSは僕の警戒心を打ち破ってくれた最初のバンドだったと思います。ドゥーム系は今もほとんど聴きませんが、このバンドのおかげで偏見はなくりました。ただしバンド初期はメロディが足りない、Apollo Papathanasio(Vo)加入後の作品は今ひとつピンと来ないので3rd〜6thまでが好きですね。近々このブログでも「ON FIRE」と「DEMONS」の記事をアップする予定です

  • 投稿者: よしよ
  • 2015/08/31(月) 20:59:11
  • [編集]

連投すいません。
よく見たら、AD ASTRAにも同じようなコメントしてましたね。AD ASTRAを聴いてJB時代のDEMONSを聴いてあと忘れてしまってました。Spiceのボーカルは私の好みみたいですね。この曲も彼の声を聴いた瞬間にコメントしたくなってしまいましたから。

  • 投稿者: なっつ
  • 2015/08/30(日) 01:48:22
  • [編集]

よしよさん、久しぶりにコメントします。
私もドゥーム/ストーナーロックということで興味が湧かなかったですね。掛け持ちメンバーが多くて、アートワークもレトロっぽくて好みではなかったです。
でも、この曲を聴いたら、SPIRITUAL BEGGARSってこんなカッコよかったんですね。特にボーカルが少しThe AlmightyのRicky Warwickに似ていて、荒々しさと熱さがあって良いですね。曲も意外とキャッチーで気に入りました。
今さらですが、これからちゃんと聴いてみたようと思います。

  • 投稿者: なっつ
  • 2015/08/29(土) 22:58:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する