MAJESTIC「ABSTRACT SYMPHONY」(1999)

  • 2014/07/29(火) 00:00:00

MAJESTIC A SYMPHONY
【No.402】
★★★(1999)
年間ベスト1999年第10位

Jens Johansson(STRATOVARIUS)Vitalij Kuprij(ARTENSION)がメロディックメタル界屈指のキーボードプレイヤーとして注目されていた1999年、その2大巨頭に割って入ったのが本作でデビューを果たすMAJESTICを率いるRichard Andersson(Key)です。Vitalijもデビュー時にはキーボード版YNGWIE MALMSTEENといわれていましたが、MAJESTICはARTENSION以上に音楽性とプレイスタイルの両方でよりYNGWIE度が高いため、本作はネオクラシカルメタルというジャンルに興味のある人ならば聴いて損のない1枚となっています。実際、YngwieがRichardの腕を見込んで自身のバンドへの加入を要請したが「MAJESTICに専念したい」という理由で固辞したというエピソードもあるようですね。

いかにもネオクラなインスト①Medieval Nightsに続き、哀愁に満ちたメロディを撒き散らしながら疾走する②Golden Sea、一度聴いたら忘れられないキャッチーソング⑦Black Moon Risingという飛び抜けた名曲を筆頭にネオクラの王道をいく⑤Crimson Sun、笑ってしまうほどのハイスピードで爆走する⑩Nitro Pitbullなどの疾走曲やリリカルなバラード③Standing Aloneなど強力なナンバーが並びます(個人的にツボにはまった曲とそうでない曲の差は結構ありますが)。そしてバンド最大の特徴となっているのがスピードチューンかバラードか、バッキングだろうがソロパートだろうが、お構いなしに弾いて弾いて弾き倒すRichardの激速キーボードです。またARTENSIONと比較してみるとRoger Staffelbach(G/ARTENSION)が存在感でVitalijに完敗していたのに対し、このバンドのギタリストPeter Espinoza(ex-ESPINOZA etc)は強烈な個性を持つRichardを相手に真っ向勝負を挑み、手に汗握るバトルを繰り広げる場面もしばしば。そしてシンガーのJonas Blum(ex-POLE POSITION)も⑤など一部の曲のキーについていけず苦しそうではあるものの、持ち前の甘いハスキーボイスで魅力的な歌を聴かせてくれるし、リズム隊もなかなかの手練揃いなのでRichardの弾きまくりキーボードに頼りっきりになっていないのもポイントです。とはいってもバンドのアイデンティティの大部分をキーボードが担っているのは間違いないんですけどね…。

Richard Andersson関連の作品に必ずと言っていいほど登場する過去の楽曲からの借用フレーズ(メタルバンド、クラシック作曲家問わず)は本作で既に散見されていて⑦の出だしはYNGWIEのDeja Vu(「ODYSSEY」収録)だし、④Abstract Symphonyはモーツァルトのフレーズをそのまま引用しています。個人的にはメロディさえ良ければ借用はさほど気になりませんが、上記以外にもどこかで耳にしたフレーズが散見されるので、それが嫌だという人にとって本作は聴くに絶えない作品かもしれません。ただし、そんなパクリフレーズがあることを差し引いても⑦はインパクト絶大だし、②はネオクラメタル史に燦然と輝く名曲なので「パクリ」の一言で片付けるには勿体ない存在ですね。

【音源紹介】
・Golden Sea

冒頭の20秒弱はMedieval Nightsの音源です

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

お客様さん

リチャードは一時のワーカホリック振りが嘘のように最近の動向がわからないですよね。たしか1、2年前に別バンドでアルバムを出してたような記憶があります。試聴してみても琴線に響かずスルーしてしまったのでバンド名も忘れてしまいましたが(苦笑)。
個人的にはリチャードには主導権を握るバンドとプレイヤーとして参加するバンドを並行しながら活動してほしかったですね。ADAGIOのデビュー作などではいい仕事してたと思います。いつか表舞台に帰ってきてほしいアーティストのひとりです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2014/08/01(金) 20:03:01
  • [編集]

リチャードは強烈なプレイヤーでしたね(過去形?)。今はどうしてるんでしょうか。

私もこのアルバム好きです。借用フレーズもそれほど気になりませんが、こういうタイプのアーティストは作曲スキルが???な部分があるので長続きしないんでしょうかね?バンドリーダーではなく、どこかのバンドに加入したら最強プレイヤーになる気がします(笑)

  • 投稿者: お客様
  • 2014/07/31(木) 09:36:09
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する