LAST TRIBE「THE RITUAL」(2001)

  • 2008/08/02(土) 10:46:22

THE RITUAL
【No.018】
★★★★(2001)
年間ベスト2001年第5位

Pete Sandberg(Vo/ex-ALIEN etc)がシンガーを務める北欧叙情派メタルバンドMIDNIGHT SUNに3rdアルバム「NEMESIS」から加入し、その名が知られるようになったMagnus Karlsson(G)のバンドLAST TRIBEのデビュー作。ちなみにフロントマンにはChristopher Amott(G/ARCH ENEMY)のソロプロジェクトARMAGEDDONで来日経験もあるRickard Bengtsson(Vo)を迎えています。MIDNIGHT SUNでのMagnusはさほど前に出ることなく、目立つ存在でもなかったので期待せずに聴いたのですが、これが予想以上に素晴らしい出来で驚きました。

LAST TRIBEの基本はあくまでメロディックメタルですが、STRATOVARIUSSONATA ARCTICAのようなスピーディーなネオクラシカル風メロパワ作品ではなく、どっしりと腰を据えた正統派メタル(ややプログレ風味あり)路線です。それはSteve Vai(G)Steve Morse(G/DEEP PURPLE)を敬愛しているというMagnusのギタープレイにも反映されていて、インスト⑩The Ritualも北欧ギタリストにありがちなYNGWIEフォロワー的な代物にならず、口ずさめるほどのキャッチーなギターメロディに溢れています。若干SYMPHONY Xっぽさを感じさせるパートもありますが、歌メロの充実振りはSYMPHONY X以上だし、○○系と簡単にくくれない独自性あるサウンドです。

肝心の楽曲の方も疾走感は控えめながら、どれもが魅力的なメロディを持っているのがLAST TRIBEの強みですね。中でも本作唯一の疾走曲と呼べる③Black Widowは悶絶必至のクサいメロディを撒き散らしながら駆け抜けていく名曲です。特に曲終盤でサビメロにMagnusのテクニカルなギターが絡んでいくパートは、ホンットにカッコいい。MIDNIGHT SUNでは知ることのできなかったMagnus Karlssonというギタリストのバカテク振りと、高いソングライティング能力を見せつけてくれる作品です。メタルは速くてナンボという人には物足りないと思うし、楽曲・メンバーともに派手さに欠けるきらいはありますが、印象に残るメロディとギタープレイ満載の本作は僕にとって名盤ですね。

【音源紹介】
・Black Widow

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

僕もLAST TRIBEはMIDNIGHT SUNのギタリストによるバンドというイメージしかなく当初はスルーしてましたが、実際に聴いてみて、その素晴らしさに驚いたクチです。
このアルバムはBlack Widow抜きでは語れませんが、それ以外の曲も粒揃いだというのがポイントですね。Magnusの書く楽曲はすぐに耳を捉えるものばかりというわけではないのですが、不思議と耳に残るんですよね。僕もMagnusに注目するようになったのは本作からです。この頃はLAST TRIBEが3枚で消滅してしまい、Magnusが数多のプロジェクトに関わるというスタイルで音楽活動を展開していくとは予想していませんでした…。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/06/03(月) 22:10:52
  • [編集]

懐かしい

 よしよさん。アルちんはB!誌の高レビューにも関わらず、胡散臭いジャケット(失礼)と何だかSOULFLYみたいなトライバルなメタルをやっているバンドなんでしょ?と相当偏見がありスルーしていたのですがw、③Black Widowが悶絶曲との噂を聞き購入に至ったのですw
MIDNIGHT SUNの「NEMESIS」は発売日に購入して「イイなぁ」と感じていたのですが、その時はMAGNUSさんの名前はノーチェックでした。

 すごい曲でも無いのに確実に耳を引く①Spellboundと②Tears Of Gold、そして評判通りのキラーチューン③Black Widow、この曲サビになるとメロスピ路線&ネオクラのギターが乱舞するんですモン。反則ですよw
 更なるネオクラ路線⑤Blood On Your hands、しんみりバラード⑥Fallling、テクニカルなんだけどもサビメロが正に飛翔感溢れる⑦Flying High、儚いイントロからアップテンポに始まる⑨Ready For The Stormなど、やっていることはテクニカル&プログレッシブな部分もあるのですが、そこはあくまでわかりやすいメロディアスなメタルを実践しております。

 この作品からMAGNUSさんを注目するようになったんですよねぇ。

  • 投稿者: アルちん
  • 2013/06/02(日) 22:07:17
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する