HESS「LIVING IN YESTERDAY」(2012)

  • 2013/08/21(水) 00:00:00

LIVING IN YESTERDAY
【No.385】
★★★(2012)

2008年にHAREM SCAREMが解散した後は第一線から身を引き、ソングライター/プロデューサーとして多くのアーティストを手がけるというスタイルで音楽活動を続けてきたHarry Hess(Vo/ex-HAREM SCAREM)の2ndソロアルバム。Harryといえば2010年にFRONTIERS RECORDS主導のプロジェクトFIRST SIGNALでも衰えぬ歌声を披露していましたが、あちらは外部ライターがHAREM SCAREMを意識して書いた曲を歌うことがテーマだったので、Harryのペンによる楽曲で構成されたアルバムとしては解散後初めてということになりますね。1stソロ「JUST ANOTHER DAY」(2003)を9年前にリリースした時はHAREM SCAREMと差別化するためかソロではソフト路線となっていたのに対して、今回はロック色が強調されていて全体的にHAREM SCAREM寄りのサウンドとなっています。

HarryをバックアップしているのはPete Lesperance(G)、Creighton Doane(Ds)、Darren Smith(Ds)といった前作と同じHAREM SCAREM時代の盟友(Peteはベースもプレイ、Darrenはドラムではなくバックコーラスで参加)なので、HAREM SCAREMらしい仕上がりになるのも自然なことだったんだと思います(強いて言えばギターを始めとするバッキングが若干軽いのがバンドとの相違点でしょうか)。上記の基本メンバー以外にもHarryがバンド解散後の活動で築いた人脈から多くのゲストが作曲や演奏面で参加していて、余談ですが本作は英語だとHESS名義となっているのに対して日本語表記では「ハリー・ヘス・アンド・フレンズ」となっています。そんな「フレンズ」の中で僕の目を引いたのは①Living In Yesterdayのギターソロを弾いているMagnus Karlsson(G/PRIMAL FEAR)⑧I Live For YouをHarryと共作しているFredrik Bergh(Key/STREET TALK、BLOODBOUND)、ギターとキーボードの一部を演奏し⑨I Don't Wanna Want Youの作曲にも参加しているTommy Denander(G/RADIOACTIVE etc)⑩Where To RunでギターソロをプレイしているChris Green(G/ex-PRIDE)ですね。英国のメロハーバンドPRIDE解散後に僕の中で消息不明扱いとなっていたChris Greenのギターを久し振りに聴きましたが、やはり彼は僕好みのプレイを聴かせてくれます。現在はFURYONなるバンドで活動していると知ったのでYouTubeで聴いてみたらメロハーとは縁遠いモダンなヘヴィロック的な音楽性でビックリしました(ギターは素晴らしいのですが…)。

アルバム本編10曲の半数以上がミドル~スローテンポの楽曲で占められている辺りは、自他ともに認める(?)バラードライターHarryのソロらしい作風と言えそうですね。ともすれば、まったりしたアルバムになりがちな本作をメリハリあるものにしてくれているのはキャッチーなボーカルハーモニーによる歌い出しで聴き手の心を掴む①、爽やか系メロハーの王道を行く②Reach For You、後期HAREM SCAREMの作品に収録されてそうなポップロック⑥Nothing Lasts Forever、Harry節が色濃く表れている本作で新鮮味が感じられる数少ないナンバー⑨といったロックソングの充実によるところが大きいと思います。正直なところバンド時代を凌駕しているわけではないし、超名曲が収録されているわけでもないのですがメロディ、歌、アレンジなど様々な面で安心して聴ける1枚ですね。

【音源紹介】
・Living In Yesterday

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

hrさん

こんばんは。このアルバムの発売された当時は1年後に「MOOD SWINGS」の再録盤がリリースされるなんて夢にも思ってませんでした。本作はHAREM SCAREM亡き後、あのサウンドを久々に届けてくれたという感じですね。バンドが再結成して今後のHarryのソロ活動がどうなるのか先が読めませんがソロも聴きたいところです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/08/24(土) 20:56:33
  • [編集]

私もこのアルバムを買いました
考えてみれば明日で発売1周年ですね
HAREM SCAREMがかなり好きだった私にとっては最高のアルバムだったと思います
特にFALLING DOWNが好きでした
調べてみればHAREM SCAREM再結成なんですね
そちらも楽しみですがいずれはまたHARRYのソロを聴いてみたいとこです

  • 投稿者: hr
  • 2013/08/21(水) 18:26:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する