BATTLE BEAST「STEEL」(2012)

  • 2013/07/14(日) 00:00:00

STEEL.jpg
【No.381】
★★★★(2012)
年間ベスト2012年ノミネート作品

フィンランドから彗星のごとく現れたメタル界の野獣BATTLE BEASTの1stアルバム。僕は全く予備知識がなかったのですがライナーノーツによるとデビュー前から華々しい経歴を持ったバンドのようで、ヨーロッパ最大級のメタルフェスWACKEN OPEN AIRで行われる大会METAL BATTLEで見事優勝して注目を集め、2011年に母国フィンランドで本作をリリースするやナショナルチャートで7位を記録。その勢いに乗って2012年にNUCLEAR BLASTからワールドデビューを果たしています。本作で繰り広げられているのは純度120%の正統派メタル。この手のピュアメタルをあまり得意としていない僕も絶妙なさじ加減で加えられた哀愁とキャッチーなメロディがあるため本作はかなり聴きやすく、一発で気に入りました。ちなみに僕が持っている日本盤のジャケットはバンド、アルバム名が表記されただけのシンプルなものですが輸入盤ではバンド名を体現したような野獣キャラが描かれていて断然輸入盤の方が好きですね。

本作についてまず触れなくてはならないのはNitte Valo姐さん(Vo)の存在でしょう。SINERGYのシンガーとして一世を風靡したKimbery Gossに匹敵するインパクトも去ることながら、KimberyやMarta Gabriel(Vo/CRYSTAL VIPER)を彷彿とさせる低音域、男性シンガー顔負けの強力無比なシャウトを駆使して楽曲の凄みをアップさせるボーカルパフォーマンスは圧巻。オーディションでほんの数秒歌っただけでバンドの度肝を抜いたというエピソードにも納得ですね。そんな歌の側面だけでなくバンドの中心人物で時折Udo Dirkschneider(Vo/ U.D.O.、ex-ACCEPT)ばりの金切り声も響かせるAnton Kabanen(G)Juuso Soinio(G)によるギターワーク、楽曲のアレンジに大きく貢献しているキーボードの使い方の上手さもあって古臭さは感じられず、その巧みなアレンジセンスは本当に新人かと疑ってしまうほどですね。

個々の楽曲をについても文字通りBATTLE BEASTの音世界へと引き込んでくれるオープニング①Enter The Metal Worldからしてインパクト抜群だし、アルバムの約半分を占めるアップテンポのメタリックチューンズが僕のメタル魂を鼓舞してくれます。中でも④Justice And Metal、⑦Cyberspace、⑧Show Me How To Die、⑪Victory辺りがお気に入りですね。そんな速めの曲だけでなく「Death of the batllefield」だとか「Shake the world with heavy metal」といったメタルバカ全開(褒めてます)の歌詞を覚えやすいメロディに乗せた③The Band Of The Hawk、⑤Steelなどのミドル、メロウな曲も魅力的だと証明してみせた本作唯一のバラード⑨Savage And Saint、スケールの大きなシンフォアレンジからNitteの強烈なシャウトが炸裂するサビに繋がるドラマティックナンバー⑩Iron Handなどバリエーションも多彩です。正直なところ、お気に入り度は★★★★★にしてもいいくらい気に入っているのですが本作はデビューアルバムなので、次回作が今回以上の出来だった時のことを考えてお気に入り度★★★★にしているくらいです。残念ながら本作で重要な役割を担っていたNitte姐さんは脱退してしまいましたが、7月24日に発売予定の2nd「BATTLE BEAST」に収録されるBlack NinjaのPVを見る限り、後任のNoora Louhimoも実力者のようなので期待が募ります。

【音源紹介】
・Enter The Metal World

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

B!13さん

こんばんは。このバンドはKeyの使い方の上手さがポイントですよね。YNGWIE、HELLOWEENからHR/HMに入門した僕としてはこういう聴きやすさは重要です。2ndのジャケットには国内盤も野獣キャラが登場していて良いですね。
本作は良い曲が多くて選ぶのに苦労しますが、今の気分でお気に入りを1曲選ぶならIron Handですかね。Black Ninjaを聴いて購入を決めましたが新体制になってからの楽曲がどんな感じなのか気になります。僕の中でも次回作のハードルは高くなっていますが、彼等ならやってくれそうな気がしてます。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/07/17(水) 20:14:47
  • [編集]

このバンド曲はかなりコテコテなのにKeyがうまく中和していて聴きやすいですよね。SF的な世界観の歌詞やジャケットデザインは、僕もSFが好きなんで面白いです。
今作はかなり平均点が高いですが、特にお気に入りはロックンロール要素のある「Justice And Metal」ヒロイックな「Show Me How To Die」リフがLOUDNESSの「Crazy Night」っぽい「Stay Black」ですね。
ライナーノーツによると先行公開されてる「Black Ninja」って新体制の新曲ではなくて古いマテリアルなんですね。今作がかなり良かったのでハードルは高いですが、今月発売の新作が楽しみです。

  • 投稿者: B!13
  • 2013/07/15(月) 23:15:42
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する