ALLEN-LANDE「THE SHOWDOWN」(2010)

  • 2013/06/12(水) 00:00:00

THE SHOWDOWN
【No.379】
★★★(2012)

Russell Allen(Vo/SYMPHONY X)Jorn Lande(Vo/MASTERPLAN)という実力派シンガー2人の名前を冠したプロジェクトでありながらMagnus Karlsson(G/PRIMAL FEAR、STARBREAKER、ex-LAST TRIBE)がサウンドの鍵を握るALLEN-LANDEの3rdアルバム。ラインナップはこれまでと同じでMagnusがギターのみならずベース、キーボードも演奏、ドラムはLAST TRIBE時代の盟友Jaime Salazar(BAD HABIT)が叩いているほか、2体の巨大生物が対決するアートワークも3作連続でRodney Matthewsが手掛けるという鉄壁の布陣で制作されています。その一方で過去作品ではMagnusがドラム以外の全楽器、作詞作曲をこなしていたのに対して今回は3曲でゲストピアノ奏者を迎えていたり、歌詞の大半をTomas Erlandssonなる人物が書いていたりしています(作曲は全てMagnusなので個人的には気になりませんが)。

今回のアルバムは「ショウダァァウゥ!」という強烈なシャウト(歌い手はおそらくJorn)がインパクト大なタイトル曲①The Showdown、ALLEN-LANDEとして初のPVが作られた②Judgement Dayと続く流れで幕を開けます。疾走曲のみならず過去作品には少なからず収録されていたアップテンポのナンバーまでも姿を消し、本作は重厚なミドルチューンとバラードで構成されていることもあって、聴き始めの頃はこれまで以上に各曲のキャラ立ちの弱さやマンネリ化が目につき「ALLEN-LANDEも潮時か…」と思ったりもしました。ところが聴き込むうちに味わいが増してきてリピートしてしまう辺りが希代のソングライターMagnus Karlssonの為せる業といったところでしょうか。伸びやかなメロディが心地よい④Turn All Into Gold、アルバム随一のキャッチーなサビを持った⑤Bloodlines、1st「THE BATTLE」(2005)に通じるメロハーチューン⑦We Will Rise AgainDREAM THEATERのバラードWait For Sleep(名盤「IMAGES AND WORDS」収録)のピアノメロディに勇壮なギターアレンジを施したかのようなリフが楽曲を覆う劇メロナンバー⑩The Artistなどが気に入っています。Russellが歌うバラード⑥CopernicusReach A Little Longer、Master Of Sorrow(どちらもボーカルはJorn)に比べるとやや薄味ながらも魅力的。なお僕が持っている日本盤にはボーナストラックとして⑥のアコースティックバージョンが収められていますが輸入盤はAliasという未発表曲を収録しているようです。この記事を書いている今日現在、YouTubeに音源がアップされているので聴いてみたところボーナス扱いなのが不思議なくらいの良曲でした。

過去2作品はリリースされてすぐにゲットしていましたが、本作はなかなか購入に踏み切れずにいました。いざ聴いてみるとALLEN-LANDEがこれまでのアルバムで提示してきた高品質なメロディックメタルは今回も健在なので買って損はなかったと思っています(アルバム全体のメリハリに欠ける、RussellとJornのスタイルが似ていて上手いボーカルが2人いる強みを活かせていないといったマイナス面としっかり引き継いでいますが…)。iPodでシャッフルして聴いている時に本作の曲が登場するとハッとさせられるのに1枚のアルバムとして聴くと物足りないという意味で「HIGHER」(2003)以降のHAREM SCAREMと似ているかもしれませんね。①の歌詞和訳にもある通り「最終決戦」と訳すことができる「THE SHOWDOWN」という単語をアルバムタイトルにしていることを踏まえると本作がラストアルバムなのかもしれませんが、次回作があるならばきっと買うと思います。

【音源紹介】
・We Will Rise Again

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

こんばんは。連休をMagnus尽くしで過ごすなんて最高ですね(笑)。僕は本作を聴いて最初はヤバいかも…と思いましたが、リピートするうちに好きになっていきましたね。ただ似たタイプの楽曲が多い上にミドルテンポが続くので作品に入り込むまでに時間がかかりました…。ALLEN-LANDEの4作目も聴きたいですが、こちらでは音楽性に制約があるように感じるのでMagnusがもっと自由に曲が書けるFREEFALLを是非とも続けてもらいたいです。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/07/17(水) 20:13:18
  • [編集]

三連休終わる~

 おはようございます。

 この連休最後の日はMagnus尽くしで行きたいと思います(なんでやw)。

 久しぶりに発表された三枚目のアルバムですが、私もよしよさんと同じく購入に至るまでだいぶ時間が経ってからでした。初めて聴いた時は2ndよりも好印象で「やっぱMagnusいいね♪」と感じました。ただミドルテンポが中心でなんだかますます地味にもなった感触がありましたが…

 ①The ShowdownはMagnusのGリフとソロが絶品なナンバー、このイントロが1曲目に持ってきた方が良いのでは?と思った②Judgement Dayですが、やはり1曲目には地味目の曲ですねw
ようやく明るめの曲が登場④Turn All Into Gold、アコースティカルで軽快に始まる⑤Bloodlinesはバックのkeyが良いですね。タイトルから想像出来ないバラード⑥Copernicusも良いのですが、どうも過去の曲の焼き直し感を感じます。

 じわじわ盛り上げてサビメロで熱く燃え上がる⑦We Will Rise Againはサビで叫びたくなる~w、Gがグイグイ引っ張って何か聴き入ってしまう⑧The Guardian、これまた⑥と同じく「過去に似たような曲なかったけ?」と思った⑨Mayaこの曲も良いんですけどねぇ。ピアノが華麗に舞うイントロから始まるプログレッシヴな劇メロナンバー⑩The Artist、しっとりとバラード⑪Eternityで終わるのですが、よしよさんが書かれていた海外ボーナス曲Alias聴いてみましたが、このアルバムにこんなアップテンポな曲が1曲入っているだけで、だいぶ印象違うのになぁ。ほんと日本盤にも入れて欲しい良曲でした。
 
 強力なバックが付いているだけに4枚目ありそうな気はしますが、MagnusにはFREEFALLを頑張って欲しいですね。

  • 投稿者: アルちん
  • 2013/07/15(月) 10:01:05
  • [編集]

テンちゃんさん

こんにちは。「THE REVENGE」については僕も最初は「THE BATTLE」に比べて地味だなぁという印象があったのですが、今回記事を書くために聴き直してみて素晴らしさに気づいたという感じでした。ALLEN-LANDEというプロジェクトの性質上、急に出来が良くなったり、意外性を見せてくれることはないと思いますが常に良作を届けてくれる安心感がありますね。3rdはこれまでの中で満足度は最も低いですが、これはあくまでもALLEN-LANDEの作品群の中での話なので期待はしています。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/06/15(土) 07:24:19
  • [編集]

こんばんは♪

いつも有難うございます。

「The Battle」の出来が余りにも素晴らしかったのに対し、「The Revenge」が個人的に不評で、正直余り期待してなかったアルバムでした(笑
しかし、聴いた感想としては及第点以上でした!!

1stのように身震いし、涙がこぼれるほど美しいバラードも収録されてませんが、2stよりは出来が良く、全体的にシャープになった印象があります。
しかも、相変わらずMagnusが書く曲は本当に素晴らしいですね。
一度アルバムを再生すると、スキップする楽曲はなく、
それだけ一曲一曲のクオリティがそれなりに高いアルバムです。

私も次回作があればきっと買うと思います!!

それではまた♪

  • 投稿者: テンちゃん
  • 2013/06/13(木) 22:20:01
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する