【CD購入録】FAIR WARNING 「SUNDANCER」(2013)

  • 2013/04/25(木) 00:00:00

【CD購入録】
SUNDANCER.jpg
FAIR WARNING 「SUNDANCER」(2013)

僕にとって重要なメロディックロックバンドのひとつFAIR WARNINGの7作目を買いました。リリース前から本作はネイティヴ・アメリカンをテーマにした2nd「RAINMAKER」(1995)と対をなす作品だとアナウンスされていた1枚で、確かにこのバンドにしては土着的でロックンロールテイストが色濃く出ている場面もあって2ndを連想させますね。近作で感じられたハードなサウンドの減退は更に進行していて2nd収録の名曲Burning Heart路線のナンバーはない一方で楽曲が放つポジティブなムード、Tommy Heart(Vo)の力強い歌声、Helge Engelke(G)が奏でるスカイギターの音色といったFAIR WARNINGのアイデンティティは今回も健在です。飛び抜けたキラーチューンはないものの、第一印象は再結成後のアルバムの中で一番良いかもしれません。ちなみに僕は迷った末に本編がSHM-CDで4曲入りボーナスディスクと豪華60ページブックレットが付いたスペシャルパッケージ仕様の初回限定盤を買いました。目当ては勿論ボーナスCDだったのですが4曲中3曲はアルバム収録曲のバージョン違い、ここでしか聴けないDISC-2①Here Comes The RainがFAIR WARNINGとしては平均的なナンバーなので熱心なファン向けという感じでしょうか。なお60ページのブックレットは装丁こそ豪華ながらメンバーの写真は少なめでバンドの使用機材のアップ写真が大半だし、DVDケースと同じサイズなので収納しにくいなどツッコミどころの方が目につきますね(苦笑)。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

イモ男さん

こんばんは。本作も客観的に見れば良いアルバムだとは思いますが、僕の場合FAIR WARNINGに対してはどうしても期待値が高くなってしまうのでこんな感想になってしまうんですよね。メンバーも年を重ねた今、かつてのようなサウンドを求めるべきではないのかもしれません。本作に関して言えばロックバンドとしての熱さこそ希薄ながら、このバンドらしいメロディは聴けるように思いますし。イモ男さんが本作を聴いてどう感じられるのか興味津々なので、是非一度ご自分の耳で確かめてみてください。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/05/01(水) 21:28:06
  • [編集]

う~ん

こんばんは。僕はまだ買っていませんが、よしよさんのレビューを読む限り、今回も不満の残る内容のようですね。Brother's Keeperのときは何曲か「いいねぇ」という曲があったものの、アルバム単位では全盛期には劣る内容に「もっといいもの作れるだろう」と思いました。Auraではそれさえもなくなってしまい、今度こそはと期待していたんですけどね。ただ聴いてみないとなんとも言えないので、結局買うと思います(笑)。

  • 投稿者: イモ男
  • 2013/04/29(月) 21:30:56
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する