FC2ブログ

EDGUY「KINGDOM OF MADNESS」(1997)

  • 2013/04/06(土) 00:00:00

KINGDOM OF MADNESS
【No.371】
★(2006)

後にジャーマンメタルのみならずメロディックパワーメタル界の最重要人物のひとりとして名を馳せることとなるTobias Sammet(Vo)率いるEDGUYの2ndアルバム。自主制作盤の1st「SAVEGE POETRY」(1995)をオリジナル作品としてカウントせず本作を1stと見る向きもあるようですが、当ブログではこの「KINGDOM OF MADNESS」を2枚目のフルレンスアルバムとみなしています。本作はメンバーがまだ20歳そこそこの頃にレコーディングされた1枚ということもあって音質や楽曲のクオリティ、Tobiasのボーカルパフォーマンスなど様々な面で後にEDGUYが発表するアルバム群との差が大きいので相当なEDGUYファンでないとキツイ内容だと思います。僕はアルバム単体で聴くというよりも、次回作「VAIN GLORY OPERA」(1998)以降でブレイクを果たしたバンドのルーツを探ったり、この時点で確立されているEDGUY節を楽しむため時々CDラックから取り出すという感じですね。

HELLOWEENBLIND GUARDIAN以降に登場した若手メロパワバンドというと、線の細いハイトーンシンガーが疾走曲を歌い上げるというイメージが強いのですが、本作は疾走一辺倒というよりはミドルテンポ主体で、曲名通りダークかつシンフォニックな小インスト④Dark Symphonyをアルバム冒頭ではなく4曲目に持ってきたり、JOURNEYFaithfullyを彷彿とさせるピアノから始まるベタなバラード⑦When A Hero Criesや18分に及ぶ大作⑨The Kingdomを収録していたりと、その他大勢のバンドとは異なるアプローチで迫ってきます。結果論になりますが、この辺りもEDGUYの非凡さを証明していると言えるかもしれませんね。また本作で最もジャーマンメタルっぽい②Wings Of A Dreamは5th「MANDRAKE」(2001)からのシングル「PAINTING ON THE WALL」(2001)に再録バージョンが収められているほか、ライブ盤 「BURNING DOWN THE OPERA‐LIVE」(2003)でも本作から唯一セットリストに含まれているなどバンドがこの曲に自信を持っていることが窺えます。

AT VANCE、HAMMERFALL、RHAPSODYなど90年代後半に登場したメタルバンドのデビュー作と比べても聴き劣りするのは否定できないし、粗や欠点を見つけようとすると気になるところが次々と出てくるので、今後の躍進に繋がる胚芽を探しながら聴いた方がいいような気がします。実際、本作から僅か1年後にリリースした3rd「VAIN GLORY OPERA」で見せる成長振りにはただただ驚くばかりです。「SAVEGE POETRY」同様、本作のリレコディーング盤を聴いてみたい気もしますが多忙を極めるTobiasにそんな余裕はないでしょうね…。

・Wings Of A Dream


ちなみにこちらがリメイクバージョンライブバージョンです。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

X(Peke)さん

こんばんは。確かに本作はEDGUYを取り上げているブログ、サイトさんでもスルーされてることが多いですよね。当ブログもそうだったわけですが(苦笑)。このアルバムからEDGUYを知ったというX(Peke)さんは相当ジャーマンメタルの若手バンドにアンテナを張ってらっしゃったのではないかと思います。しかも本作のThe Kingdomが掛かるレコード屋さんってかなりレアですよね。関西だと神戸のブルーベルレコードさんが思い浮かびます。本作のリメイクは聴いてみたいと思う反面、クリエイティブなTobiasにはそんな後ろ向きなことはしてほしくない気持ちもありますね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/04/08(月) 21:18:30
  • [編集]

このアルバム・・・

他のブログやサイトで殆ど見かけない、EDGUYのこのアルバム、このアルバムは主さんが仰る通り、Savage Poetry(2枚組の、リメイクされていない方)に次ぐ2枚目のアルバム、とみるのが正統だと思います。嬉しいです、本作を気に入って居られる方にお会いできて。

僕はEDGUYを本作から知りました。レコード屋さんでThe Kingdomが掛かっているのを聴いて、Getしました。トビアスのOperaに根差した、構成力とメロディーのセンスが、着実に進歩しているのを伺わせる1枚だったのだと思います。主さんが仰る通り、いつか今のバンドで、今の解釈でリメイクして欲しいと思います。名盤とは言いづらいかもしれませんが、味わいのある一枚だと、僕は思います。

  • 投稿者: X(Peke)
  • 2013/04/06(土) 22:23:01
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する