【CD購入録】LIONVILLE「Ⅱ」(2013)

  • 2013/03/23(土) 00:00:00

【CD購入録】
LIONVILLE2.jpg
LIONVILLE「Ⅱ」(2013)

去年、リリースから1年遅れで聴いたセルフタイトルのデビュー作が僕のツボだったLIONVILLEの2作目を買いました。今回も爽やかで清々しいAORソングがズラリと並び、前作収録のWith Youほど飛び抜けた1曲はないものの非常に心地よいサウンドを聴かせてくれています。中心人物のStefano Lionetti(G)Lars Safsund(Vo/WORK OF ART)、Alessandro Del Vecchio(Key/EDGE OF FOREVER、EDEN'S CURSE)を始めとする基本メンバーに加えて、複数のゲストプレイヤーが参加するというデビュー作と同じ体制で作られた今回のアルバムを聴いて改めて感じたのはLarsが素晴らしいシンガーだということ。WORK OF ARTも良いけれど個人的にはLIONVILLEの方が僕好みですね。前作に比べるとややインパクトに欠ける気もしますが④Higher辺りは結構印象に残っています。これからも継続的に活動して欲しいバンドですね。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

こんばんは。新譜購入の報告ありがとうございます。TOTOのエッセンスを感じさせる最近のバンドといえばWORK OF ARTが最初に思い浮かびますがLarsの歌声はこの手のサウンドと相性抜群ですね。これまでは僕の中でイタリアとメロハーという言葉が結び付きませんでしたが、LIONVILLEにはその分野を引っ張っていってほしいと思っています。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/04/18(木) 00:19:10
  • [編集]

地獄の忙しさです

  お久しぶりです、よしよさん。
もう仕事の忙しさの余り、CD屋巡り出来たのが一ヶ月半ぶりですよ!
もはや新譜では無くなっているが、新譜買いあさってきたのでまた報告しますよ~。

 思えばルビコンミュージックが大好きになったしまったきっかけが、このLIONVILLEだったよ~な(笑)

 この2nd、実は私的には1stよりも好きです。よりTOTOエッセンスが含まれていてたまりません。
①All We Needからしてガッツポーズ出ました~!状態です。爽と哀が絡まって1曲目視聴したら必ず買ってしまうだけの威力がありますねぇ。
絶妙なフックがある②The Only Way Is Up、このイントロだけで「何か始まる~」と名曲の予感がしてしまう④Higherはコーラスが最高です。
⑦Next To MeもAメロからグッと来る佳曲です。開放的なサビメロの⑩One In A Million、⑪Shining Over Meと⑫Open Your Heartは共にTOTO色が濃い曲ですが、個人的に⑫Open Your HeartのSteve LukatherまんまのGの活躍にグッと来る物がありました。

 ずっと活躍して欲しいバンドですね!

  • 投稿者: アルちん
  • 2013/04/14(日) 22:39:55
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する