FC2ブログ

HELLOWEEN「BETTER THAN RAW」(1998)

  • 2008/10/17(金) 07:47:58

BETTER THAN RAW
【No.056】
★★★(1998)

ジャーマンメタルの枠を超える範囲にまで音楽性を広げ過ぎた時期もありながら、ここ最近のアルバムでジャーマンメタルの王者たる安心ブランドを取り戻したHELLOWEENの8thアルバム。振り返って見れば、過去2作は一度失いかけた信頼を取り戻すための手堅い内容のアルバムで、新編成の下、この音楽性でやっていくんだという決意表明をしている作品だったように思えます。そんなHELLOWEENが前2作の雰囲気を継承しつつも、実験的な要素を取り入れたパワーメタルを聴かせているのが本作です。

これまでの序曲シリーズの中でも一段とゴージャスで荘厳な①Deliberately Limited Preliminary Prelude Period In Zを聴くと、その後にどんなスピードチューンが来るのかと期待しますが、そんなファンの意表をついて繰り出されるのがHELLOWEEN史上最もブルータルな②Pushです。Andy Deris(Vo)の声域を完全に無視したUli Kusch(Ds)によるこの曲は、悲痛なボーカルで歌い上げるパワーソングでなかなか面白いです。中盤のクサみを持ったギターソロもいいですね。他にも明るい曲調にラテン語を乗せた実験的なものでありながら、HELLOWEEN流ポップメタルに仕上げた⑩Lavdate Dominumも流石。そんな新しい試みにチャレンジする一方で、王道路線もしっかり押さえていて③Falling Higher、④Hey Lord!といったメロディックメタル、そしてHELLOWEENならではのポップセンスが弾ける⑧I Canなど、らしさもキープしています。また本作ではUliがソングライティング面で5曲に絡む活躍ぶりで、特にスケールの大きな疾走曲⑥Revelationは彼の傑作ですね。

これはHELLOWEENの他の作品にも言えることだけど、今回も僕の好きな曲とのめり込めない曲がはっきり分かれてしまっているため、アルバムを通して聴くと物足りなさを感じてしまうのがやや惜しいですね。磐石の基盤を築いた王者が新たな高みへ登りつめようとする姿勢を感じ取れる意欲作ではありますが。

【音源紹介】
・I Can

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

こんばんは。このアルバムはインタビュー等でPushが「ブルータルだ」とよく話題になってましたよね。Andyに合ってるかどうかは別として結構好きな曲です。そしてやはりHELLOWEENらしいFalling Higher、Hey Lord!、I Canがいいですね。RevelationはソングライターとしてのUliに注目するきっかけになった1曲で、Salvationに負けず劣らずのお気に入りナンバーです。ブログ記事にも書きましたが、この頃のHELLOWEENて好きな曲が確かにある一方であまり響いてこない曲もあったりするのでアルバムとしては「まずます」という印象が強いのも事実だったりします。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/02/19(日) 22:25:06
  • [編集]

えっ!ブルータル!?

 こんばんは~、よしよさん。
私も当時B!誌のインタビューで②Pushが「ブルータル」だなんだと言われた時には、「今作はどんなデキになるんだよ…」と不安しかなかった記憶がありますが、聴いてみれば何の事はない、いつものHELLOWEENサウンドで、前作よりプロダクションが良く明るく感じたりなんかして安心して最後まで聴くことが出来ました。
 ②PushにしてもPainKiller時代のJUDASっぽくカッコイイし、いつものHELLOWEENサウンドの③Falling Higher、④Hey Lord!、⑧I Canは安心して聴ける楽曲ですね。
 ⑥Revelationも「こんな良い曲入ってたっけ?」と思う曲で、次作に収録されているSalvationと言う曲とごっちゃになってしまうんです(爆)
 ⑩Laudate Dominumはおふざけソングとも取れますが、個人的に一番気に入った楽曲ですね。明るくてAndyの変幻自在のvoも堪能出来ます。(歌うの大変そうだけどw)⑫Midnight Sunは人気ある曲みたいですが、余りピンと来ませんでした。

 ⑤Don't Spit On My Mind、⑦Time、⑨A Handful Of Painなど、前作から見えていたダーク路線が次で最大開花してしまう訳で…

  • 投稿者: アルちん
  • 2012/02/18(土) 00:01:17
  • [編集]

WIDOWのファンさん

この辺り微妙ですよね。玄人になれば素人のときのようには見えなかった粗がに気付いて楽しめなくなることもあるんでしょうか。

僕は楽器に関してほんの少しかじっただけの素人なので、詳しい演奏技術はわかりませんが、それでも心に訴えかけてくる演奏を聴かせてくれるバンドはたくさんいます。楽器経験者の方には笑われるかもしれませんが…。

感じるままに音楽を聴き、楽しみたいですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2008/10/20(月) 08:14:52
  • [編集]

ドラムの先生によるとハロウィン自体、玄人評価の低いバンドだったのだそうです。

ただ今年の来日ライブやライブDVD(2枚組)を観た限りでは、全然そんな事はなく、
・・・私は素直にそう思った次第です!!

  • 投稿者: WIDOWのファン
  • 2008/10/19(日) 18:10:20
  • [編集]

WIDOWのファンさん

ドラム、いいですね。僕も一度習ってみたい・・・。
ドラマーのウリは良くない評判も聞きます。特にドラム経験者の方から。

僕もウリはソングライターというイメージが強いです。ライド・ザ・スカイも解散してしまいましたが、今後はメコンデルタに集中するのかな。またウリならでは良い曲が聴きたいですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2008/10/18(土) 10:07:22
  • [編集]

私は趣味でドラムを習っているのですが、ドラムの先生はウリ・カッシュの事を「上手いアマチュア」と評しておりました。

優秀なコンポーザー(作曲家)だと私は思いますが、この人はビートの音がショボいです、はっきし言って。

  • 投稿者: WIDOWのファン
  • 2008/10/18(土) 01:03:32
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する