【年間ベスト】2012年

  • 2013/01/08(火) 00:00:00

「舞い降りてきた音楽の記録」というブログタイトルに則って、僕が本格的に音楽を聴き始めた1995年以降の年間ベストランキング記事を更新していきます。
選出基準等はこちら
僕が2012年に買ったCDはこちら
ちなみに2012年はこんな年になるのでは?と予想していました。

新譜
SIEGFREID_20120906164018.jpg
1.ALHAMBRA「SIEGFREID」
プログレッシブなナンバー、ストレートなメタルチューン、インストからポップソングまでバラエティに富んだ前半と4部構成の組曲Siegfreidからなる後半の対比がお見事。組曲Siegfreidのドラマティックな展開は何度聴いても胸が熱くなります。
大好きな1曲:⑥~⑨Siegfreid(Nothung~Battle In The Dark Forest~Fate Of The Gods~All For The Reason)

BURNING OATH
2.ANTHEM「BURNING OATH」
メロディアスな方向に舵を切りながらも芯の部分はいかにもANTHEMらしいメタルアルバム。再結成後からこのバンドに入門した僕にとっての最高傑作「IMMORTAL」(2006)と肩を並べる力作です。
大好きな1曲:⑪Dance Alone

STEEL.jpg
3.BATTLE BEAST「STEEL」
このバンドとの出会いは2012年の大きな衝撃でした。正統派メタルの王道を行くサウンド、その中で躍動するフロントウーマンNitte Valoによる迫力満点ボイスのツープラトンにノックアウト。
大好きな1曲:①Enter The Metal World

ANGEL OF SALVATION
4.GALNERYUS「ANGEL OF SALVATION」
小野ネリウスの勢いが止まらない!3年連続のリリースながら高いクオリティを保ち続けるバンドに脱帽です。
大好きな1曲:⑨Angel Of Salvation

STRANGE CASE OF
5.HALESTORM「THE STRANGE CASE OF...」
高い完成度を誇っていたセルフタイトルのデビュー作から個々の楽曲が更にグレードアップ。Lizzy Hale(Vo)のパフォーマンスも堂に入っていて女性ボーカル擁するハードロックバンドの中では群を抜いている感がありますね。
大好きな1曲:①Love Bites(So Do I)

SILVERTHORN.jpg
6.KAMELOT「SILVERTHORN」
Roy Khan(Vo)不在でKAMELOTが成り立つのか?という不安を見事に払拭してくれました。バンドの新章に期待を抱かせるのに十分な魅力を持った作品。
大好きな1曲:②Sacrimony(Angel Of Afterlife)

MONEY SEX AND POWER
7.KISSIN' DYNAMITE「MONEY, SEX AND POWER」
日本デビュー盤でもあった前作 「ADDICTED TO METAL」が素晴らしかった2010年のブライテストホープバンドが今回もやってくれました。バラードを必要最小限に抑えて一段とエネルギッシュでパワフル、それでいてキャッチーな仕上がりとなった1枚。
大好きな1曲:⑦She's A Killer

GENESIS.jpg
8.LIGHT BRINGER「GENESIS」
インディーズ時代と比べてメロディの突き抜け感は控えめになった一方で深みを増したように感じられるメジャーデビュー作。2012年のLIGHT BRINGERはメンバーチェンジが相次いでいましたが、どうやら新ラインナップも固まったようなので頑張ってもらいたいですね。
大好きな1曲:⑦Just kidding!

THE END OF THE BEGINNING
9.LIV MOON「THE END OF THE BEGINNING」
Akane Liv嬢(Vo)推しのジャケット、「~MOON」で統一されていたアルバムタイトルを一新してバンドが新たなるステージに突入したことを印象付けた作品。楽曲的にはストレートな2nd「GOLDEN MOON」(2011)の方が好みですが総合的にはこのアルバムが最高傑作だと思います。
大好きな1曲:⑫Immortals

INTERNAL AFFAIRS
10.THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA「INTERNAL AFFAIRS」
Bjorn“Speed”Strid(Vo/SOILWORK)とSharlee D'Angelo(B/ARCH ENEMY、SPIRITUAL BEGGARS)といった北欧屈指のエクストリームメタルバンドのメンバー在籍しているとは思えないほど爽やかでゴキゲンなロックチューンがズラリ。メロディセンスの良さに惹きつけられる1枚です。
大好きな1曲:②California Morning

旧譜
INGENTING ATT FORLORA
1.LINDA BENGTZING「INGENTING ATT FORLORA」(2006)
歌詞がスウェーデン語なので歌っている内容が全く分からないというハンデを補って余りある珠玉のメロディがギッシリ。僕が求める北欧ハードポップの理想型がここにあります。
大好きな1曲:②Jug Ljuger Sa Bra

LIONVILLE.jpg
2.LIONVILLE「LIONVILLE」(2011)
メロディアスハードと呼ぶのも憚られるほどライトな音像ながらメロディのフックは一級品。イタリアというと少し前まではB 級メロスピの宝庫というイメージでしたが、最近はこの LIONVILLEやSHINING LINEなどメロディックロックの有望株が出てきましたね。
大好きな1曲:②With You

GOLD FROM THE FUTURE
3.NIVA「GOLD FROM THE FUTURE」(2011)
Tony Mills(Vo/TNT、ex-SHY)タイプの ハイトーン系シ ンガーTony Nivaを中心としたメロハーバンドNIVAが17年振りに復活。80年代メロディックロックと北欧メタルならではの 瑞々しい空気をたっぷり吸い込んだサウンドが実に心地よいですね。
大好きな1曲:⑤Gold From The Future

THE WONDERFUL WORLD OF DAG FINN
4.DAG FINN「THE WONDERFUL WORLD OF DAG FINN」(1991)
北欧ハードポップの隠れた名バンドSHA-BOOMのフロントマンDag Finnによるソロ作品。心温まるメロディの中で仄かに漂う哀愁が良い感じです。
大好きな1曲:②What Goes Around(Will Come Around)

新選組魔戦記
5.DRAGON GUARDIAN & KNIGHTS OF ROUND「桜牙」「新選組魔戦記」(2011)
2012年はDRAGON GUARDIANの関連バンドをたくさん聴いた年でもありました。僕がこのバンドと出会った1枚にして最高傑作でもある3rd 「DRAGONVARIUS」(2009)に匹敵するクサメロと台詞に悶絶。
大好きな1曲:④「粉雪ニ吠エル義士」

【楽曲】
1.Siegfreid(Nothung~Battle In The Dark Forest~Fate Of The Gods~All For The Reason)( ALHAMBRA)from「SIEGFREID」
4部構成、約20分に及ぶ組曲の中で世良 純子(Vo)と佐々井 康雄(Vo/ARK STORM)の歌声が交錯しながら描いていくドラマティック絵巻は圧巻の一言。

2.Living On The Run(H.E.A.T)from「ADDRESS THE NATION」
佳曲揃いのアルバムの中でも頭ひとつ抜きん出ていました。2012年を代表するメロディアスハードチューン!


3.Just kidding!(LIGHT BRINGER)from「GENESIS」
アニソンに通じる溌剌さとクサメロがメタルと融合したこの曲は、 僕が求めるLIGHT BRINGER像を具現化していると言っても過言ではありません。

4.California Morning(THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA)from「INTERNAL AFFAIRS」
聴いているだけで元気になれそうな気がするゴキゲンなロックソング。晴れた日のドライブにぴったりではないでしょうか。

5.Last Goodbye(CIRCUS MAXIMUS)from「NINE」
心が洗われるような清涼感たっぷりのサビメロ、その中に絶妙なさじ加減で加えられた哀感が僕の琴線に触れまくりでした。幻想的なエンディングもグッド。

6.Angel Of Salvation(GALNERYUS) from「ANGEL OF SALVATION」
約14分に渡って「救いの天使」という曲名通りのポジティブな旋律が満ち溢れているGALNERYUS史上最長曲。

7.Juliet~The Sins Of Ignorance~(MINSTRELIX)from「TALES OF HISTORIA」
まだバンドとしては発展途上にある感は強いものの、彼等のメロディセンスには光るものがあると改めて実感させられた好バラード。

8.Dance Alone(ANTHEM)from「BURNING OATH」
シングルにもなったゴリゴリのメタルEvil Oneもいいですが、この曲やUnbroken Signのようにメロウさを前面に出したANTHEMが大好物なんです。

9.Immortals(LIV MOON)from「THE END OF THE BEGINNING」
個人的には今回のアルバムテーマである「北欧神話」の世界感が一番強く表れていると思いました。Kee Marcello (G/ex-EUROPE)のペンによる儚いメロディが秀逸です。

10.West Ruth Ave(THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA)from「INTERNAL AFFAIRS」
どこか懐かしくもある哀愁のサビメロは中毒性高し。California Morning同様、エクストリームメタルバンドのメンバー達がこんな曲を生み出したことには驚くばかりです。

【他に印象に残った曲】
I Am(CIRCUS MAXIMUS)from「NINE」
We Are The Others(DELAIN)from「WE ARE THE OTHERS」
Land Of Broken Dreams(DYNAZTY)from「SULTANS OF SIN」
Lament(GALNERYUS)from「ANGEL OF SALVATION」
Where Are You(GOTTHARD)from「FIREBIRTH」
Sacrimony(Angel Of Afterlife)(KAMELOT)from「SILVERTHORN」
Kiss Me Kill Me(LIV MOON)from「SYMPHONIC MOON」
The Goddess~La Liberte Guidant Le Peuple~(MINSTRELIX)from「TALES OF HISTORIA」
I'm A Mess(THE RASMUS)from「THE RASMUS」
The Activist Creed(SABER TIGER)from「MESSIAH COMPLEX」
Unisonic(UNISONIC)from「UNISONIC」
「落とし穴の底はこんな世界」(摩天楼オペラ)from「JUSTICE」

【期待の新人】BATTLE BEAST
期待値ではUNISONICでしたが振り返ってみればBATTLE BEASTの圧勝でした。あとはWIGELIUSも良かったです。

【アルバムジャケット】GALNERYUS「ANGEL OF SALVATION」
ANGEL OF SALVATION
やっぱりこういう羽の生えた彫刻系のジャケットは好きですねぇ。各曲の歌詞は読みづらかったりするのですが…。

【2012年を振り返って】
前年にあった国産バンド勢活躍の余波を感じさせつつ、2012年は年間ベストアルバム10枚の半分を女性シンガーが在籍するバンドが占めるなど、国内外ともにいわゆる嬢メタルバンドが充実作を連発してくれたので嬢メタルの隆盛を肌で感じた1年だったと言えそうです。といつつ、この手のバンドの中で注目度の高いALDIOUS、CYNTIAなどはチェックできていないのですが(苦笑)。ちなみに僕が初めて 「嬢メタル」という言葉を目にしたのは2009年にTHE AGONISTを知ったことがきっかけでした。嬢メタルというカテゴリーについては厳密な分類があるのかもしれませんが、ここでは女性シンガーが歌うHR/HMバンド全般を嬢メタルと呼んでいます。

アルバム部門については高水準の作品が複数あった一方で2011年の陰陽座「鬼子母神」GALNERYUS「PHOENIX RISING」、2010年のTREAT「COUP DE GRACE」のようにその年を代表する1枚と言えるものはなかったように思います。そのような事情もあって今回は従来のランキング形式ではなく2012年によく聴いたアルバム10枚をバント名のアルファベット順に選出させてもらいました。惜しくも10選から漏れた作品としては何も考えずにひたすら気持ちよく聴けた快作BLESSED BY A BROKEN HEART「FEEL THE POWER」、 下半期にかなりヘビロテしていたスルメ盤CIRCUS MAXIMUS「NINE」Living On The RunのインパクトがハンパなかったH.E.A.T「ADDRESS THE NATION」、同一年に2枚のフルアルバムを発表するという離れ業をやってのけたLIV MOON「SYMPHONIC MOON」などが挙げられますね。またベストチューンについてもこれまでとは異なる選出方法を採っていて、年間ベストアルバムの収録曲も選考対象に含めています。というのも今まで通りアルバム部門にランクインしなかった作品のみから選んではみたものの、あまりパッとしなかったんですよね…。そういう意味では全体的に小粒な年だったと言えるかもしれません。ちなみに年間ペストチューンはCDトラック上は4つに分かれていますが4部構成の全てを合わせて1曲と見なしています。旧譜作品ではメロディアス系の充実とDRAGON GUARDIAN関連バンドの数々が印象に残っています。古くはSHA-BOOM、新しいものだとTHE MAGNIFICENTといった北欧のハードポップ/メロハー勢は僕好みのバンドが多いと再確認したし、LIONVILLESHINING LINEといったイタリアからの新興勢力の今後にも期待が募りますね。

そんな2012年は看板シンガーが交代したGOTTHARD、KAMELOTによる注目の新作がリリースされた年でもありました。まずはバンドの強力なアイデンティティを失うという危機に直面しながらも、こうして活動を継続してくれた両バンドに拍手を送りたいですね。GOTTHARD「FIREBIRTH」はメロディアスな要素を抑えて初期のブルージー路線になっていたのが個人的に微妙でしたが後任シンガーNic Maederは確かな実力を見せてくれたし、Tommy Karevik(Vo/SEVENTH WONDER)を迎えたKAMELOT「SILVERTHORN」は予想以上の仕上がりで僕にとっては近作を上回るお気に入り盤となりました。また2代目ボーカルErik Gronwallが加入した3rdが最高傑作と思えるアルバムとなったH.E.A.Tもシンガー交代劇を上手く乗り切ったと思います。そしてキーパー時代のHELLOWEENに思い入れが強い僕にとってMichael Kiske(Vo)Kai Hansen(G/GAMMA RAY)が在籍するUNISONICのデビュー作は2012年の大注目盤でした。内容の方は予想通りメロパワの王道とは一線を画していたもののタイトル曲はインパクトがあったし、今後の活動継続も明言してくれているので楽しみです。最後に音楽とは直接的な関係はありませんがBURRN!誌きってのメロディ派編集者にして僕の音楽嗜好に多大な影響を与えてくれた藤木さんがMETALLIONに異動となったのも個人的には大きな出来事でした。2013年はMETALLION誌上のメロディアス特集などで藤木節を読めることを期待したいですね。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

イモ男さん

こんばんは。イモ男さんの年間ベストも教えていただき、ありがとうございます。VEILED IN SCARLETのことは神戸発のメロデスバンドSERPENTの元メンバーが結成したバンドとして存在は耳にしていたもののノーチェックのままでした。SERPENTは泣きのクサメロデスという感じでしたが、新バンドでもやってくれたみたいですね。参考にさせていただきます。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/01/16(水) 22:22:16
  • [編集]

ゆうていさん

こんばんは。YNGWIEは僕をHR/HMの世界へ導いてくれたアーティストなのですが「ALCHEMY」までしか聴いてないですねー。「SPELLBOUND 」も興味はあったのですがボーカルも含めて全てインギーが制作と聞いた時点でスルー決定でした(苦笑) 。確かにジャケットは俺様感を漂わせつつ美麗な仕上がりとなってそうですね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/01/16(水) 22:19:51
  • [編集]

敏紫さん

こんにちは。2012年は良くも悪くも手堅いアルバムが多かったように思います。BATTLE BEAST は僕もノーチェツクでしたが、聴いてみるとすぐにはまりました。それだけにボーカルの脱退が残念ですが、次作にも期待しています。
今年が敏紫さんにとってメタルもプライベートも良い1年になることを祈ってます。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/01/16(水) 22:15:42
  • [編集]

振り返ってみました

こんばんは。
僕も2012年を振り返ってベスト10を決めようと思いましたが、そもそも買った枚数が10枚ちょっとしかありませんでした。僕のベスト3は、

No.1 ANTHEM 「BURNIN OATH」
No.2 VEILED IN SCARLET 「IDEALISM」
No.3 KISSIN' DYNAMITE 「MONEY, SEX & POWER」

です。
No.2は日本のメロデスなんですが、これがかなりクサメロ満載でオススメです。
解散してしまったSERPENTというメロデスバンドのメインソングライターだった人が結成したバンドでして、そのSERPENTも相当なものでした。個人的にはCHILDREN OF BODOMにも負けていないと思ってます。

  • 投稿者: イモ男
  • 2013/01/16(水) 22:04:41
  • [編集]

あけましておめでとうございますm(__)m。

よしよさんの2012年のBESTを拝見させていただきました。

私自身はYNGWIEの旧譜ばかり聴いているので、2012年のBESTはあげられないのですが、SPELLBOUNDに関してはやっちまった感が漂っていまして、食指が今一つ動きません(^^;。

GALNERYUS/ANGEL OF SALVATIONのアルバムジャケットは本当に素晴らしい出来ですね。

SPELLBOUNDもアルバムジャケットは良いのですが、Voがなぁ…。

  • 投稿者: ゆうてい
  • 2013/01/16(水) 10:35:10
  • [編集]

こんにちは。
僕も同じくずば抜けて良かったアルバムがなかったので、
今までと違った感じで選んでいました。
なんかパッとしなかったのわかります。

BATTLE BEAST は未聴でした。聴いてみようと思います。
今年はもう少し刺激がある年になってくれたらな~。
プライベートは別としてメタルのみでですが^^;

  • 投稿者: 敏紫
  • 2013/01/14(月) 13:34:56
  • [編集]

ヒゲ・スカイウォーカーさん

こんばんは。このブログの年間ベストを楽しみにしていただいているようで嬉しいです。BATTLE BEASTは正統派メタルの王道を行きつつ、メロパワ的なキャッチーさを持ち合わせた1枚なのでオススメですよ。つい、さっきボーカルが交代したと知ってショックですが…。LIGHT BRINGERについてはまずJust kidding!がベストチューン候補になり、聴きこむうちに「GENESIS」全体がどんどん好きになってきましたね。2013年も彼等の活躍に期待してます。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/01/10(木) 23:52:52
  • [編集]

B!13さん

こんばんは。僕もB!13さんの年間ベストを楽しみにしてました。ノミネート作品も含めると結構被ってますね。僕が聴いてない作品もあったので今後のCD購入時の参考にさせてもらいます。BATTLE BEASTに関しては、彼等の存在を教えてくれたB!13さんに感謝感謝です。…って思ってたらヴォーカルがNooraという人に交代してたんですね。今初めて知りました。結構ショックですが今後に期待したいと思います。

  • 投稿者: よしよ
  • 2013/01/10(木) 23:51:01
  • [編集]

お待ちしておりました!

よしよさんの年間ベスト、堪能させていただきました。
買いそびれていた作品も思い出すことが出来、大変助かります。BATTLE BEAST買わないと(汗)

個人的にはLIGHT BRINGERがアルバム・楽曲共にランクインしていたのでとても幸せです(笑)

  • 投稿者: ヒゲ・スカイウォーカー
  • 2013/01/08(火) 21:15:20
  • [編集]

年間ベスト

僕のはこんな感じでした
Galneryus「Angel Of Salvation」
Accept「Stalingrad」
Primal Fear「Unbreakable」
Battle Beast「Steel」
Saber Tiger「Messiah Complex」
HEAT「Address The Nation」
Kissin'Dynamite「Money,Sex And Power」
Dragonforce「The Power Within」
SHOW-YA「Genuine Diamond」
Liv Moon「The End Of Beginning」
ブライテストホープは僕もやっぱりBattle Beastですね。そのBattle Beastと惜しくも10選から漏れたBBABHとNightwishからそれぞれヴォーカルが脱退しましたが、僕のランキングに入ったバンドの半分がヴォーカルを交代して、そのあとに強力なアルバムを作ってカムバックしたので、あまり悲観的にならずに次を待ちたいです。

  • 投稿者: B!13
  • 2013/01/08(火) 18:45:07
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する