HELLOWEEN「MASTER OF THE RINGS」(1994)

  • 2008/10/12(日) 06:46:49

MASTER OF THE RINGS
【No.054】
★★★(1994)

「KEEPER OF THE SEVEN KEYS」という超名盤を作り上げた後の2作(「PINK BUBBLES GO APE」、「CHAMELEON」)でメンバー間の音楽性の相違が露呈し、賛否両論(主に否の意見が多かったですが)を巻き起こしていたHELLOWEENの6thアルバム。前作発表後に看板シンガーMichael KiskeIngo Schwichtenberg (Ds)が衝撃脱退し、バンド存続すら危ぶまれていましたが、Andy Deris(Vo/ex-PINK CREAM 69)Uli Kusch(Ds/ex-GAMMA RAY)の2人を迎え入れ見事に復活。僕はAndyの声は苦手だけど、彼の非凡なメロディセンスとHELLOWEENのパワーメタルサウンドが融合した本作は、過去2作でモヤモヤしていたメタラーの溜飲を下げさせるのには十分ですね。

イントロからスピードチューンに繋ぐというKEEPER時代のフォーマットに則った冒頭の流れからして、過去2作になかったメタリックな響きを有しているし②Sole Survivor、③Where The Rain Growsという実質的な1曲目、2曲目が良質のメタルチューンであることからも、バンドが過去の迷いを吹っ切ったんだと思わせてくれます。その後に続く④Why?はAndyがPINK CREAM 69時代から温めていたポップなナンバーで彼のメロディセンスが活かされてます。また印象的なメロディを持った⑥Perfect Gentlemanもこれまでにない新しい魅力だし、往年のコミカル路線を引き継いだ⑦The Game Is On、キャッチーかつもの悲しいメロディが冴える⑧Secret Alibi、ロックンロール色の強い⑨Take Me Homeなどバラエティも豊富。ちなみにボーナストラック⑬Grapowski’s Malmsuite 1001 (In D-Doll)は、タイトルからしてネオクラ界の巨匠ギタリストを連想させるインストでRoland Grapow(G)が弾きまくってますが、あくまでもおまけですね。

ただ本作の収録曲は僕の好きなタイプの楽曲と、そうでないものの両方が存在するので、アルバムトータルの満足度はもう一息という感じ。しかも、このアルバムは「KEEPER OF THE SEVEN KEYS」の2枚組と一緒に買ったので、購入当初は「KEEPER~」の方ばかり聴いてて、本作はCDトレイに乗ることが少なかったのが実情でした。が、久し振りに聴きなおしてみると、これが意外と良くてAndy時代のHELLOWEENのベースは本作で築かれたんだと実感。一般的には評判の高い本作は、個人的にのめり込んだアルバムではないけれどMichael Kiske脱退後のHELLOWEEN入門にはいいかもしれませんね。

【音源紹介】
・Where The Rain Grows

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

こんばんは。このアルバムはHR/HMを聴き始めた1995年にどどーっと聴いた中の1枚で、当時は「守護神伝」の影に隠れてました(笑)。アルちんさんは本作がHELLOWEEN入門盤だったんですね。序曲からSole SurvivorとWhere The Rain Growsへ続く流れは僕も大好きです。AndyがPC69時代から温めてきたナンバーもいくつかあって彼らしいメロディが楽しめるのもいいですよね。僕も違う出会い方をしていれば、このアルバムに対する感想も違うものになったのかもしれないと思う今日この頃です。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/02/09(木) 23:27:04
  • [編集]

こんばんは~

 よしよさんは守護神伝と一緒に購入されたんですねぇ。
あの名盤2枚組と、このアルバムと比べられるとさすがに旗色が悪いですな(笑)
私が初めて購入したHELLOWEENのアルバムがこの6thでしたので、非常に思い出深い
一枚です。

 イントロのドラムがかっこいい②Sole SurvivorからツカミはOK!この頃はネットも
無く少ない小遣いで、「絶対当たりのCDを買うのだ!」と必死でしたから頭の曲は大事でしたねw
 引き続いて③Where The Rain Growsは「こんなカッコイイ曲聴いた事ないよ!」
と当時一番のお気に入りの曲でした。
 ④Why?のAndyのvoの哀愁具合も良いですし、イントロが好きな⑥Perfect Gentleman、当時もお遊びが過ぎるよwと思った⑦The Game Is On、「メタルなのにこんなに美しいバラードが収録されてるのかよ!」と当時感動してしまった⑩In The Middle of A Heartbeatは寂しい位哀愁漂っていて、ホントAndyのvo良いな~。

 よしよさんが書いておられるように、初心者にもオススメの一枚だと思います。

  • 投稿者: アルちん
  • 2012/02/07(火) 22:08:43
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する