【CD購入録】MINSTRELIX「TALES OF HISTORIA」(2012)

  • 2012/09/26(水) 00:00:00

【CD購入録】
TALES OF HISTORIA
MINSTRELIX「TALES OF HISTORIA」(2012)

大阪出身のクサメロを武器としたメロパワバンドMINSTRELIXの3作目を買いました。このアルバムはジャンヌ・ダルク、マリー・アントワネットやマザー・テレサといった歴史に名を残す女傑や聖女をテーマにした楽曲で構成されているようです(なぜかジブリ映画「天空の城ラピュタ」のシータも含まれていますが…)。バンド初期に在籍していた日本人シンガーLeo Figaroの復帰作にあたるアルバムだそうですが、リメイク曲を中心とした作品ながら2ndフルレンスにカウントされている2009年発表の「REFLECTIONS」(ボーカルはLolaなるアメリカ人女性)からこのバンドを聴くようになった僕にとってLeoはDRAGON GUARDIANのリメイク作品を歌っていた人という印象が強かったりします。「REFLECTIONS」がなかなか良かったので、それなりに期待して聴いてみたところ本作もMINSTRELIXらしいクサメロに溢れた1枚だと感じました。お気に入りは序曲①Legend Eve Originに続くお約束の疾走曲②The Goddess~La Liberte Guidant Le Peuple~、歌謡曲風のメロディを持ったバラード⑫Juliet~The Sins Of Ignorance~ですね。聴いていて気になったのはLeoのボーカルでしょうか。日本のハイトーン系シンガーとしては一定レベル以上だとは思うのですが、英語のみならず日本語までも歌詞カードを見ないとなんと歌っているのかわからない場面もしばしば。楽曲面でも同系統の国産メタルとしてはDRAGON GUARDIANやGALNERYUSには一歩譲る感はありますが、メロディセンスに光るものはあるのでこれからの成長が楽しみなバンドです。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アルちんさん

こんばんは。僕も迷い気味でしたが各方面で評価が高かったのと音源(確かオープニング曲)を試聴してよさ気だったので買ってみました。現時点ではLeoの参加作品という観点でいくとDRAGON GUARDIAN、同系統バンドだとGALNERYUSがいて、それらのバンドと比べると少し物足りなさを感じてしまうんですよね。本作にはこのバンドならではの良さはしっかり感じられるので今後に期待したいです。個人的にはエンディングのバラードJULIET~The Sins Of Ignorance~がかなりツボでした。結構メンバーチェンジが激しいバンドのようなので、Leoがこのまま次作でも歌うのかも気になりますね。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/10/10(水) 21:01:27
  • [編集]

買ってしまいました~

 当初、買う予定は無かったのですが、各方面で絶賛のレビューを見ると、つい購入してしまいましたwww
ただ、よしよさんとほぼ同じ感想を抱いてしまったんですよねぇ…

 お約束の序曲①Legend Eve Origin~②The Goddess~La Liberte Guidant Le Peuple~の流れは、まさにメロスピ界のお約束なのですが、voに何か違和感を感じてしまいました。
③Gratiaは哀愁のGソロが泣かせますが、どうにも平坦な楽曲です。④JDAはkeyが引っ張りGソロもがんばる良曲ですな。イントロから「これは!!」と思ってしまう⑤CATERINAはクサメロ炸裂です。これまたインストから哀メロ漂う⑦SARI WITH MERCYもイタリアンなメロも含みつつ「ア~ア~」という合唱も胸を突きます。
⑧THE MINSTREL~旅人~もやさしい哀メロと日本語歌詞が合ってます。
「エッ!デスラッシュですか?」ってなスタートな⑩BLOODY ROSEもクサメロばりばりで良いのですが、Leo氏のハイトーンvoよりもデスvoの方が活躍してますがw
⑫JULIET~The Sins of Ignorance~のバラードで締まるのが良いですなぁ。

 確かに哀メロ・クサメロ物としては、良い物があるのですが、Leo氏のvoが苦しいかなといった所、全編日本語の方が良いのではないかと思います。
正直DRAGON GUARDIANの方が良いなぁ。と思った作品でした。

  • 投稿者: アルちん
  • 2012/10/08(月) 21:55:22
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する