【CD購入録】HALESTORM「THE STRANGE CASE OF...」(2012)

  • 2012/05/10(木) 00:00:00

【CD購入録】
STRANGE CASE OF
HALESTORM「THE STRANGE CASE OF...」(2012)

2009年にセルフタイトル作で本国アメリカデビュー、日本では国内盤がリリースされる前にLOUD PARK10で初来日が実現したHALESTORMの2作目を買いました。デビュー作の時点で既に質の高い女声ハードロックサウンドを完成させていましたが、今回も順当な成長作と呼べそうな出来栄えです。ガツンと来るハードナンバーが①Love Bites(So Do I)だけなのでインパクトはそれほど強烈ではないもののミドルテンポはパンチが効いているし、バラードでは一転してしっとり聴かせるなど各曲の完成度の高さに唸らされますね。これからの聴き込み次第ではNICKELBACK「THE DARK HORSE」(2008)、SHINEDOWN「THE SOUND OF MADNESS」(2008)といった僕にとっての北米メインストリーム系ハードロックの名盤と肩を並べるお気に入り作品になるかもしれません。そしてバンドの主役Lizzy Hale(Vo)はやはり歌が上手いですねぇ。ちなみに本作のボーナストラックは国内盤がリリースされていないEP「REANIMATE THE COVERS EP」(2011)からSKID ROW、LADY GAGA、TEMPLE OF THE DOG、HEART、THE BEATLESのカバー5曲が選ばれていて、中でもLizzyがSebastian Bach(Vo/ex-SKID ROW)になりきって歌う⑬Slave To The Grindは秀逸。なおEPには入っていたGUNS N'ROSESOut Ta Get Meは何故か収録されていません。

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

B!13さん

こんばんは。前作がどこか優等生的な仕上がりだったのに対して今回は良い意味でハジけてるような気がします。B!13さんお気に入りのナーナ♪ナナナ♪は9曲目Daughters Of Darknessですね。歌い出しからしてインパクト抜群ですよね。ガンズのカバーをYouTubeでチェックしてみたらカッコイイ出来だったのでアクセルに怒られてでも収録して欲しかったです(笑)。

  • 投稿者: よしよ
  • 2012/05/11(金) 23:27:12
  • [編集]

ラジオで「ナーナ♪ナナナ♪」の繰り返しが印象的な曲とSKID ROWのカバー聴いてかなり興味あります。
特にSKID ROWはビックリしました(笑)

ガンズのが収録されてないのは伊藤政則さん曰く「あまりに出来が良くて、アクセルが収録しないで!って言ったかららしいよ」だそうです(笑)

  • 投稿者: B!13
  • 2012/05/10(木) 23:10:49
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する