【CD購入録】中島 卓偉「TAKUI NAKAJIMA ANNIVERSARY 1999-2008 BEST YOURS」(2009)

  • 2012/05/17(木) 00:00:00

【CD購入録】
BEST YOURS
中島 卓偉「TAKUI NAKAJIMA ANNIVERSARY 1999-2008 BEST YOURS」(2008)

福岡出身のボーカリスト/ソングライター中島 卓偉が活動10周年の節目に発表した2枚組ベストアルバムを買いました。元々、彼のことは知らなかったのですが相互リンク先の「はぐれメタラーの音遊生活」(むーじゅさん)の記事を読んで興味を持つようになりました(こちらこちら)。中島 卓偉というアーティストについて調べてみると彼は僕と同い年の1978年生まれで1999年にシングル「トライアングル」でデビュー(当時はTAKUI名義)。THE BEATLES、SEX PISTOLSそしてZIGGYといったバンドに影響を受けているようです。中でも今はソロ活動に専念しているZIGGYの中心人物森重 樹一(Vo)とは親交が深く「尊敬する先輩」「自慢の後輩」という間柄のようで、実際に森重がライブにゲスト参加して卓偉が中学の文化祭でコピーして大絶賛されたというZIGGYのI'M GETTING BLUEを一緒に歌ったこともあるようです(その映像はこちら)。そのようなエピソードを耳にして「森重さん自慢の後輩アーティストなら聴いてみなくては!」と思ったのもひとつの購入動機でした。

不思議な期待感を胸に本作を聴いてみたところ、あっという間に卓偉の類い稀なる歌唱力と作曲センスに魅了されましたね。彼の歌い方はクセの薄くなった森重 樹一という印象で、ストレートで伸びやかな高音、繊細な心情を歌に乗せる表現力ともに素晴らしいの一言。そんな彼が歌う楽曲の方もパンク、ロック、バラード(オシャレ系からパワーバラードまで)、歌謡曲、洗練されたポップスなど実に多彩。全33曲というボリュームながら一聴して耳に残るものが多くDisc-1②「ピアス」、③TRUE MIND、④mother sky、⑪「雪に願いを」、⑫STAY TOGETHER、⑮NEVER FADES AWAY、Disc-2②「蜃気楼」、⑥「イノヴェイター」、⑫「テレビジョン」、⑭SPARKLE MAN、⑮「明日はきっと風の中」、⑯「ひとりになることが怖かった」、⑰「100万回生きたねこ」、⑱BYE BYE BYEなどなど、お気に入り曲を挙げだすとキリがありません(⑰、⑱は未発表曲)。卓偉の実体験を歌にしたという現時点での最新シングル「3号線」(2011)もいいですね(PVはこちら)。彼はこれまでに10枚近くのアルバムをリリースしているようなので、少しずつでも揃えていきたいと思っています。

【中島 卓偉のお気に入り曲5選】
「ピアス」


「雪に願いを」(Acoustic Live)


STAY TOGETHER


「イノヴェイター」


「ひとりになることが怖かった」

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する