FC2ブログ

ALHAMBRA「A FAR CRY TO YOU~明日への約束~」(2013)

  • 2019/10/07(月) 00:00:00

A FAR CRY TO YOU 明日への約束
【No.535】
★★★★(2013)

GALNERYUSでもリーダーのSyu(G)に次ぐソングライターとして重要な役割を担っているYuhki(Key)が2003年に立ち上げた自身のメインバンドALHAMBRAの1stアルバム。本作は2005年にリリースされていたものの永らく廃盤状態だったため全曲リ・レコーディング、新曲を2曲追加した仕様で2013年に再発されています。僕は入手困難になっていた本作のオリジナル盤を探し回ってようやく購入したこともあって、その数週間後に再発盤が出ることを知った時はショックでしたね(苦笑)。メンバーはALHAMBRAの声としてこれまでの全作品でリードボーカルを務める世良 純子(Vo)を始めとしてYuhkiが在籍していたMARGE LITCHでも共に活動していたメンバーがほとんどだったオリジナル盤に対して、再録盤は2nd「FADISTA」(2007)から2019年現在まで在籍している梶原 稔広(G)LIGHT BRINGERのリーダーでもあるHibiki(B)も含めたラインナップとなっています。

シンフォニックなプログレハードを基本としつつメロパワの勢いと分かりやすさも取り入れているところがALHAMBRAの強味だと思っているのですが、このデビュー作の時点で既に音楽性は確立されていますね。オリジナル盤の時点から演奏陣はテクニシャン揃いなので濃密なインストパートには圧倒されるし、それに負けない個性的な歌声で奮闘する世良のボーカルパフォーマンスもALHAMBRAの大きな武器となっています。彼女のオペラティックで突き抜けるようなハイトーンは独特の声質なので好みが分かれそうなのは事実ながら、その歌唱力と存在感は一級品です。楽曲的にはプログレッシブでありつつ歌メロは親しみやすくストレートなALHAMBRAらしさが色濃く表れた疾走曲③Missing You、⑤Orionがハイライトになっていますね。その間に挟まれたドラマティックな④Doll's Solitude-人形の家-、世良の清らかなボーカルが映えるバラード⑥Your Favorite Melodies-藍色のエチュード-、演奏陣が火花を散らすインスト曲でありながら終盤は男女ボーカルによるコーラスも登場する⑧God Keeperも気に入っています。

僕は新曲が聴きたくて2005年のオリジナルと2013年のリメイク作の両方を購入したのですがYuhki作の⑩Radiance-星が生まれた日-とHibiki作の⑪Arethaはどちらも強力なナンバーですね。特にGALNERYUSを連想させるヒロイックなメロディがカッコいい⑩はALHAMBRAの全レパートリーの中でも屈指の名曲です。またリメイク盤で感じられた変化は世良の歌声が一段と前にも出ていてハイトーンが耳に突き刺さる、6人目のメンバーと呼んで差し支えないほどALHAMBRAに欠かせない佐々井 康雄(Vo/ARK STORM)によるコーラスの存在感がアップしている、YuhkiがJens Johansson(Key/STRATOVARIUS)っぽい音色を使う場面が増えている、ということでしょうか。再発盤もオリジナルに忠実なアレンジなので作品としては2005年時点で完成の域に達していたのだと思います。これだけの力作が廃盤というのはあまりに勿体ないので、このアルバムが普通に入手できるようになったのは嬉しいですね。

【音源紹介】
Missing You(2005年バージョン)