FC2ブログ

FUKI COMMUNE「WELCOME!」(2016)

  • 2019/06/13(木) 00:00:00

WELCOME!_201606202226504f1.jpg
【No.532】
★★★★(2016)
年間ベスト2016年第5位

2014年いっぱいでLIGHT BRINGERが活動休止となってからもNozomu Wakai's DESTINIA、SOUND HORIZONへのゲスト参加やUNLUCKY MORPHEUSで活動をしていた稀代の歌姫FukiによるソロプロジェクトFUKI COMMUNEの1stアルバム。本作がリリースされる頃からアニソン系ヘヴィメタルシンガーと呼ばれるようになった気がするFuki嬢ですが、インタビューによるとソロでアニソン歌手を目指したいという本人の想いからFUKI COMMUNEが誕生したらしいので、この呼び名はアーティスト側の意向でもあるようですね。制作面でパートナーを務めるのは現時点でLIGHT BRINGERのラストアルバムとなっている「MONUMENT」(2014)でメインソングライターを務めたMao(Key)で幻想的なバラード⑥「朝な朝な」、尺八の音色とともに疾走する曲調が陰陽座の代表曲でアニメ「バジリスク」の主題歌にもなった「甲賀忍法帖」を連想させる⑦「狂い咲け雪月華」を除く全曲を彼が作曲、Fukiが作詞しています。本作は「MONUMENT」の残り香を感じさせつつアニソン要素が強まっているため、インディーズ時代のLIGHT BRINGERから濃密なインストパートを取り除くとFUKI COMMUNEになると言うこともできそうですね。

デジタリーなイントロダクション①Welcome to my dream - Instrumental -に導かれて登場する②「月が満ちる前に」、③「輝く夜へようこそ!」はどちらもキャッチーなサビメロで幕を開ける楽曲で心を掴まれました。この2曲はアニソンっぽさを強く感じさせつつも、編曲にMaoと若井 望(G/Nozomu Wakai's DESTINIA)が関わっていることもあってかメタリックな魅力も兼ね備えていて、本作のみならずFUKI COMMUNEを象徴するナンバーと言えそうですね。続く④I'll never let you down!はMaoのオルガンプレイが耳に残るハードロックでFukiもこれまで披露してこなかった乱暴な歌い方や低い唸り声を取り入れています。その一方で外部ライターによる⑥では囁くように歌うFukiが新鮮です。個人的にはヒロイックなメロデイが駆け抜ける⑨Liberator、序盤はバラード調ながら後半は一転して激しくドラマティックな展開が聴き手を飲み込んでいく⑩「未来」、LIGHT BRINGERの3rd「GENESIS」(2012)収録のLove you♡と同系統の爽快系スピードチューン⑪Sail on my loveのラスト3曲がハイライトとなっていますね。

LIGHT BRINGERやDOLL$BOXXに比べると聴き込むほどに好きになる要素は少ないですが、やり過ぎ感かなくとっつきやすい作風なので普段ヘヴィな音楽を聴かないリスナーにとってのHR/HM入門盤には最適な1枚だと思います。またソロプロジェクトというだけあってFukiのボーカルに焦点が当てられているし演奏陣もそれほど前に出てこない音作りのため、彼女の歌を存分に味わえるのもいいですね。異なる声色を駆使しながら楽曲のコンセプトにあわせて多彩な表情を見せつつも「Fukiの声」という太い芯が通っているため彼女の世界観にグッと引き込まれます。HR/HMシンガーとしてのFukiを期待すると肩透かしをくらう要素もあるのは事実ながら、アニソン要素も多分に含んでいたLIGHT BRINGERでシーンに登場したFuki初のソロプロジェクトとしては申し分ない仕上がりとなっていると思います。

【音源紹介】
「輝く夜へようこそ!」(Music Video Short ver.)

【気になるCDリスト】2019年6月

  • 2019/06/08(土) 00:00:00

MILLION SCARLETS
FUKI「MILLION SCARLETS」(2019)6月12日発売予定

LIGHT BRINGER活動休止後もUNLUCKY MORPHEUS、DOLL$BOXXなどで精力的に活動を続けているフィーメルシンガーFukiのソロアルバム。2016年に立ち上げたソロプロジェクトはFUKI COMMUNEと名付けられていましたが今回はシンプルにFUKI名義となっています。作曲陣を見るとLIGHT BRINGER、FUKI COMMUNEでも活動を共にしていたMaoのインプットは若干減少し、複数のソングライターを迎えているのでHR/HM度は薄くなっているのかもしれません。Jill(Violin/UNLUCKY MORPHEUS)、Li-sa-X(G)、RYU(G/BLOOD STAIN CHILD)を始めとする多彩なゲストも参加しているようです。

トレイラー
「絶戒のJuliet」

CONFESSiONS.jpg
MARY'S BLOOD「CONFESSiONS」(2019)6月12日発売予定

前作「REVENANT」(2018)で硬派なヘヴィメタルを軸にしつつ曲調の幅を広げた感のあるMARY'S BLOODの5作目。先行で公開された①Labyrinth of the Abyssは疾走感抑えめで従来のオープニング曲とは一線を画すムードを醸し出していますね。また③「アルカディア」は激しいメタルソングに仕上がってそうなのでアルバムとして聴いた時にどんな印象になるのか気になるところです。

Labyrinth of the Abyss
「アルカディア」

【気になるCDリスト】
ANTHEM「NUCLEUS」(2019)
Black Empire
Immortal Bind

BLOODBOUND「RISE OF THE DRAGON EMPIRE」(2019)
Slayer Of Kings
Rise Of The Dragon Empire

BLOOD STAIN CHILD「AMATERAS」(2019)7月3日発売予定NEW

CONCERTO MOON「OUROBOROS」(2019)
Change My Heart

CRAZY LIXX「FOREVER WILD」(2019)
Wicked
Break Out

THE DEFIANTS「ZOKUSHO」(2019)9月11日発売予定

DEVIL WITHIN「DARK SUPREMACY」(2019)
Flames of the End
トレイラー

FIND ME「ANGELS IN BLUE」(2019)
No Tears In Paradise
True Believer

FIRST SIGNAL「LINE OF FIRE」(2019)
Tonight We Are The Only
Born To Be A Rebel

FORTUNE「II」(2019)
Freedom Road
Shelter Of The Night

FUKI「MILLION SCARLETS」(2019)6月12日発売予定
トレイラー
「絶戒のJuliet」

GLORYHAMMER「LEGENDS FROM BEYOND THE GALACTIC TERRORVORTEX」(2019)
Gloryhammer
The Siege of Dunkeld (In Hoots We Trust)

GRAND MAGUS「WOLF GOD」(2019)
Wolf God
Brother Of The Storm

GYZE「ASIAN CHAOS」(2019)7月10日発売予定

KELLY SIMONZ「UNLIMITED NEOCLASSICISM」(2019)9月4日発売予定

LEVERAGE「DETERMINUS」(2019)
Burn Love Burn
Wind Of Morrigan

MARY'S BLOOD「CONFESSiONS」(2019)6月12日発売予定
Labyrinth of the Abyss
「アルカディア」

SABATON「THE GREAT WAR」(2019)7月19日発売予定
Bismarck
Fields of Verdun

SOTO「ORIGAMI」(2019)NEW
HyperMania
Origami
BeLie

STARBREAKER「DYSPHORIA」(2019)
Pure Evil
How Many More Goodbyes

TIMO TOLKKI'S AVALON「RETURN TO EDEN」(2019)6月5日発売予定
Promises (feat. Todd Michael Hall)
Hear My Call

TURILLI / LIONE RHAPSODY「ZERO GRAVITY - REBIRTH AND EVOLUTION」(2019)7月5日発売予定
Phoenix Rising

TWILIGHT FORCE「DAWN OF THE DRAGONSTAR」(2019)8月16日発売予定NEW

摩天楼オペラ「HUMAN DIGNITY」(2019)
トレイラー

【CD購入録】CRAZY LIXX「CRAZY LIXX」(2014)

  • 2019/06/04(火) 00:00:00

【CD購入録】
CRAZY LIXX
CRAZY LIXX「CRAZY LIXX」(2014)

2008年にリリースしたデビュー作「LOUD MINORITY」が素晴らしい出来で、このブログでも年間ベストアルバム部門の第3位とブライテストホープに選出させてもらったCRAZY LIXXの4th。彼等についてはBON JOVI、DEF LEPPARDといった80年代のロックバンドを連想させる親しみやすさとSKID ROWに通じるハードさを持ったサウンドが特徴でしたが、新しい要素を感じることが少なかったことと3rd「RIOT AVENUE」(2012)がこのバンドにしては可もなく不可もなくという印象だったので、それ以降はチェックしていませんでした。本作を聴いてみると勢いに溢れた①Hell Raising Women、キャッチーでありつつ哀愁も漂う②Sound Of The Loud Minorityの時点で心を掴まれ、日本盤ボーナスの⑫Bad Luckまで前作以上に楽しめました。1stに収録されていた名曲のリメイク⑨Heroes Are Foreverではやはり素晴らしいし、⑦Ain't No Rest In Rock N' Roll、⑪Wrecking Ball Crewのようなロックンロールもあってバンド(というかリーダーのDanny Rexon)のメロディセンスの良さを再確認しましたね。バンド名を冠するだけのことはある充実盤だと思います。