【CD購入録】GACHARIC SPIN「確実変動-KAKUHEN-」(2016)

  • 2016/11/27(日) 00:00:00

【CD購入録】
確実変動 -KAKUHEN-
GACHARIC SPIN「確実変動-KAKUHEN-」(2016)

2016年に結成7周年を迎えた全力エンターテイメント・ガールズバンドGACHARIC SPINの通算4作目を買いました。メジャーデビュー盤でもあった前作「MUSIC BATTLER」(2015)リリース後も精力的に活動し、先行シングルにもなった③「シャキシャキして!!」がハウスウェルネスフーズの「メガシャキ」のCMタイアップ曲に選ばれるなど、確実にステップアップしている彼女達ですが本作は「歌モノ」をテーマにした1枚となっています。CMタイアップを通して、これまで以上に幅広い層のリスナーがGACHARIC SPINの音楽に触れるこのタイミングだからこそボーカルメロディを重視したというメンバーの言葉通り、キャッチーなメロディに溢れている反面、前作の「デジタルフィクション」、「常識デストロイヤー」、「赤裸ライアー」のようなガチャガチャしたサウンドは控えめですね。ガツンと来る決めの1曲こそないように思いますが④「ゴー!ライバー」、⑥「パラリヤハッピー」のような元気いっぱいのアゲアゲ(死語?)チューンは聴いていると理屈抜きで楽しくなってきます。またTOMO-ZO(G)がギターは勿論、ボーカルからセリフまで八面六臂の活躍を見せる⑦「恋愛スイッチ」、③とともにシングルになったハイテンションソング⑫「アルブスの少女」もお気に入りです。ちなみに後者の曲名の元ネタは勿論「アルプスの少女ハイジ」で「おしーえてー おじいさーん♪」という歌詞も登場します(笑)。また4秒の無音トラックが続いた後にシークレットトラックとして77曲目に「ニコリン星の通勤ラッシュ」というインストが収録されていて、フザけた曲名とは裏腹に楽器陣のテクニカルな演奏が楽しめるナンバーになっているのもGACHARIC SPINらしいですね。

【CD購入録】GACHARIC SPIN「MUSIC BATTLER」(2015)

  • 2016/11/23(水) 00:00:00

【CD購入録】
MUSIC BATTLER
GACHARIC SPIN「MUSIC BATTLER」(2015)

インディーズで2枚のフルアルバムを発表するなどして着々とステップアップしてきた実力派ガールズバンドGACHARIC SPINのメジャーデビューアルバムを買いました。メジャーデビューして最初にリリースしたインディーズ時代のベスト盤「ガチャっとBEST<2010 - 2014>」(2014)がオリコンで20位を記録した勢いそのままの1枚となっていますね。オレオレオナ(Key)が歌う歌謡曲テイストもある失恋ソング①「ノスタルジックブルー」はオープニングとしては大人しめですが②「デジタルフィクション」、③MUSIC BATTLER、④「常識デストロイヤー」のガチャピンらしい濃密ソングの畳み掛けはインパクト抜群。スキャットのパートが新鮮な⑥「ガンバンバダンサー」、過去2作でもあったTOMO-ZO(G)が歌うファンタジーシリーズの最終曲⑦「ファイナルなファンタジー」もいいアクセントになっていますが、本作のハイライトは⑧「夢喰いザメ -Album ver.-」ですね。勇ましくもキャッチー、それでいて哀愁も感じさせてくれるサビメロが堪りません。後半のしっとり系バラード⑩「またね」からGACHARIC SPINというバンドの魅力をギュッと凝縮したダンスロック⑪「赤裸ライアー」に繋がる対比もお見事。なお⑫Don’t Let Me Downはアニメ「ドラゴンボール改」のエンディング曲です。我が家の子供達もドラゴンボールが好きで毎週日曜朝に欠かさず見ているのですが、テレビで初めてこの曲を聴いた時に「GACHARIC SPINもここまできたか」と感慨深くなりましたね(アルバムの中でこの曲だけ外部ライターによるものですが)。

【CD購入録】MARY'S BLOOD「FATE」(2016)

  • 2016/11/19(土) 00:00:00

【CD購入録】
FATE_20161007195526db3.jpg
MARY'S BLOOD「FATE」(2016)

骨太で硬派なサウンドが持ち味のガールズメタルバンドMARY'S BLOODの3作目を買いました。今回も僕が注目するEYE(Vo)による迫力満点のシャウト、SAKI(G)のテクニカルなプレイという2大要素は健在でオープニングを飾る①Counter StrikeはMARY'S BLOODの魅力をギュッと凝縮したナンバーだし、それに続く②Shall We Dance?もガツンと来るメタリックチューンとなっています。その後は落ち着いた曲調や一際ポップな⑥HANABI、演歌テイストも感じられる⑧In The Rainを交えつつラストは再び激しい曲で締める構成も良いですね。ちなみに本作では複数のゲストを迎えていて③Angel’s LadderBABYMETALKARATEを作曲、編曲したゆよゆっぺなる人物が提供しているほか、⑤Chateau de Sableにはルーク篁(G/CANTA、ex-聖飢魔II)⑨Change The Fateには五十嵐☆sun-go☆美貴(G/SHOW-YA)が客演しています。正直なところ第一印象としては前作「BLOODY PALACE」(2015)に及ばないような気もしますがMARY'S BLOODらしい1枚に仕上がっていると思います。

PRIVATE LINE「EVEL KNIEVEL FACTOR」(2006)

  • 2016/11/15(火) 00:00:00

EVEL KNIEVEL FACTOR
【No.482】
★★★★(2007)

フィンランド出身のバッドボーイズロックバンドPRIVATE LINEの2作目。アルバムタイトルにある「イーブル・ニーブル」というのはアメリカの有名スタントマンで、無謀な挑戦をしては派手に失敗することもあり、人々は彼のスタント成功以上に失敗する姿を観たがったという心理を表現する「イーブル・ニーブル・ファクター」という言葉があるそうです。バンドの中心人物Sammy(Vo)によるとシンガー、ソングライター、プロデューサーとして全てを自身で行うことになった本作の制作状況を表現するのに「イーブル・ニーブル・ファクター」は相応しい言葉だったのだとか。そんなチャレンジングな環境でレコーディングされた今回のアルバムですが、結果は見事成功と言えると思います。

期待感を煽るイントロダクション①Prelude For The Daredevilsに続くタイトル曲②Evel Knievel Factorで炸裂する「ウォウォウォウォオ~♪ イェイェイェイェエ~♪」のコーラスは合唱必至だし、ロックサウンドを基本としつつサビではメランコリックな雰囲気を前面に出した③Broken Promised Land、前曲のピアノによるアウトロから切れ目なく繋がる④Aliveへと至る流れでこの作品に引き込まれました。デジタルサウンドも交えて疾走する⑦Prozac Nation、⑨Gods Of Rewindのようにキーボードを上手く取り入れている点も好印象だし、ロックソングだけでなく⑤Sound AdviceTREATのギタリストAnders Wikstromが作曲に関与)や⑩Anywayといったバラード系の充実振りも見逃せません。また②と似たウォウォウコーラスが登場するボーナストラック⑫Tokyoも本編に入らなかったのが不思議なほどキャッチーな1曲です。

デビュー作「21ST CENTURY PIRATES」(2004)はBURRN!誌上でいきなりクロスレビューされ、インタビューもカラーで掲載されるなど新人バンドとしては破格の扱いを受けていました。そんな1stアルバムは正直なところ「可もなく不可もなく」という印象でしたが、本作での成長振りは「化けた」と言っていいレベルだと思います。僕が北欧ロックンロールバンドを聴くようになったのはHARDCORE SUPERSTAR「HARDCORE SUPERSTAR」(2005)、CRASHDIET「REST IN SLEAZE」(2005)などがきっかけだったのですが、本作におけるPRIVATE LINEのメロディセンスの良さは同系統バンドの中でも頭一つ抜きん出ています。それに加えてフロントマンのSammyはこの手の曲を歌うのに最適の声質だし、ソングライティング能力も高く、ルックス的にも華があって文句なしの逸材なので将来が楽しみなバンドですね。

【音源紹介】
Evel Knievel Factor

【CD購入録】森重 樹一「obsession」(2014)

  • 2016/11/11(金) 00:00:00

【CD購入録】
obsession.jpg
森重 樹一「obsession」(2014)

2011年にそれまで在籍していたバンドからの脱退とソロ活動に専念することを発表して以降、有言実行で毎年アルバムをリリースしている森重 樹一(Vo/ZIGGY、ex-THE DUST'N'BONEZ、THE PRODIGAL SONS)の9作目を買いました。今回も僕が森重 樹一というアーティストに期待するハードロックンロール、ポップチューンやバラードを収録してくれていますね。曲調的にはアルバム中盤に配されることが多そうなミドル①FORGIVE MEから「SOUL TO SOUL」(2011)のエンディング曲「始まりは終わりから」のフレーズが再登場する⑪「君の心あるがままに」までアルバムを通して楽しめます。お気に入りはピアノとサックスが曲を盛り上げる②GOOD OLD TIME ROCK’N’ROLL、本作のタイトル曲と言うべきバラード④MY OBSESSIONでしょうか。今年でソロデビュー20周年を迎えるそうですが、今こそが絶頂期ではないかと思えてくる充実盤ですね。

【気になるCDリスト】2016年11月

  • 2016/11/08(火) 00:00:00

YOU PLAY HARD
SYU「YOU PLAY HARD!」(2016)11月9日発売予定

昨年の12月に記念すべき10作目にしてバンド初のコンセプトアルバム「UNDER THE FORCE OF COURAGE」を発表したことも記憶に新しいGALNERYUSのマエストロSyu(G)のソロ作品。SYU名義では過去に「CRYING STARS」(2010)という作品をリリースしていますが、あちらはSTAND PROUD!シリーズのひとつという位置づけなので純然たるソロアルバムは本作が第1弾ということになるのでしょうか。インスト作品なので買うかどうかは検討中ですが、Syuは僕好みのメロディを量産してくれるソングライターだしGALNERYUSの既発曲のインストにアレンジしたナンバーも収録しているそうなので気になる1枚ですね。

迦陵頻伽
陰陽座「迦陵頻伽」(2016)11月30日発売予定

11th「雷神創世」(2014)、12th「風神界逅」(2014)を2枚同時という形式でリリースしてファンの度肝を抜いた陰陽座の13作目。タイトルの「迦陵頻伽(かりょうびんが)」とは上半身が人間、下半身は鳥の姿をし、非常に美しい声を持つとされる空想上の生物だそうです。黒猫(Vo)がその迦陵頻伽に扮したアルバムジャケットも目をひきますね。黒猫のラジオ番組でいち早くオンエアされたという本作の収録曲⑫「愛する者よ、死に候え」のミュージックビデオがつい先日アップされたようです。このバンドは僕にとっての安心ブランドなので発売日を心待ちにしています。

「愛する者よ、死に候え」


【気になるCDリスト】
ALHAMBRA「THE EARNEST TRILOGY」(2016)12月7日発売予定
トレイラー

ALMANAC「TSAR」(2016)
Self-Blinded Eyes
No More Shadows

DGM「THE PASSAGE」(2016)
The Secret Pt. 1
Animal
Ghost Of Insanity feat. Tom Englund

FIRST SIGNAL「ONE STEP OVER THE LINE」(2016)
Love Gets Through
Love Runs Free

GACHARIC SPIN「確実変動 –KAKUHEN-」(2016)
トレイラー

GOTTHARD「SILVER」(2017)1月18日発売予定NEW

GRAND MAGUS「SWORD SONGS」(2016)
Varangian
Forged In Iron - Crowned In Steel

HANSEN & FRIENDS「XXX - THREE DECADES IN METAL」(2016)
Born Free
トレイラー

IRON SAVIOR「TITANCAFT」(2016)
Way Of The Blade
Beyond The Horizon

KING OF COMPANY「ONE FOR THE ROAD」(2016)
In Wheels Of No Return
Shining
Cast Away

LORDI「MONSTEREOPHONIC(THEATERROR VS. DEMONARCHY)」(2016)
Hug You Hardcore

MARY'S BLOOD「FATE」(2016)
Counter Strike

MEGADETH「DYSTOPIA」(2016)
The Threat Is Real
Dystopia

NORDIC UNION「NORDIC UNION」(2016)
Hypocrisy
When Death Is Calling

OCTAVIAGRACE「OUTWARD RESONANCE」(2016)
White Graffiti

PARADOX「PANGEA」(2016)
Ballot Or Bullet
Pangea

PRIMAL FEAR「RULEBREAKER」(2016)
The End Is Near
Bullets & Tears
In Metal We Trust

RECKLESS LOVE「INVADER」(2016)
Monster

RHAPSODY OF FIRE「INTO THE LEGEND」(2016)
Distant Sky
Into The Legend

ROYAL HUNT「CARGO」(2016)
Half Past Loneliness(Live)

RUN FOR VICTORY「GAME OVER」(2016)
ティーザー

SABATON「THE LAST STAND」(2016)
Blood Of Bannockburn
The Lost Battalion
Shiroyama

SERENITY「CODEX ATLANTICUS」(2016)
Follow Me
Iniquity

SHAKRA「HIGH NOON」(2016)
Hello
High Noon

SINBREED「MASTER CREATOR」(2016)
Creation Of Reality

SONS OF TEXAS「BAPTISED IN THE RIO GRANDE」(2016)
Baptized In The Rio Grande
September

SUNSTORM「EDGE OF TOMORROW」(2016)
The Sound Of Goodbye

SYMPHONITY「KING OF PERSIA」(2016)
トレイラー

SYU「YOU PLAY HARD!」(2016)11月9日発売予定

TEARS OF TRAGEDY「STATICE」(2016)12月7日発売予定

TED POLEY「BEYOND THE FADE」(2016)
Higher
Let's Start Something
Hands Of Love
Stars

THUNDERSTONE「APOCALYPSE AGAIN」(2016)
The Path

TRAUMER「AVALON」(2016)
トレイラー

VEGA「WHO WE ARE」(2016)
Every Little Monster

VALENTINE「RV」(2016)
Bizarro World
Black Rain

VIVALDI METAL PROJECT「ALL-METAL-STARS」(2016)
トレーラー
The Illusion Of Eternity

WIGELIUS「TABULA RASA」(2016)
Time Well Wasted

陰陽座「迦陵頻伽(かりょうびんが)」(2016)11月30日発売予定
「愛する者よ、死に候え」

【CD購入録】MARDELAS「MARDELAS Ⅱ」(2016)

  • 2016/11/04(金) 00:00:00

【CD購入録】
MARDELASⅡ
MARDELAS「MARDELAS Ⅱ」(2016)

2015年のブライテストホープ候補でもあった国産HR/HMバンドMARDELASの2作目を買いました。今回もバンドの顔である蛇石 マリナ(Vo/ex-DESTROSE)のパワフルボイスを軸にした①「神風」〜③LonerといったMARDELASらしいメタリックチューンで幕を開けますが、それ以降はサウンドの幅を広げた楽曲も登場してきます。まるで演歌のような④「蛇に牡丹 -snake & peony-」、一転してオシャレな雰囲気で軽快に聴かせる⑤Cheers!!、早口で歌うパートも交えつつ乙女心を歌う⑦HA☆NA☆BIなどバラエティ豊かになっている反面、こういった非HR/HM曲が蛇石 マリナの声質に合っているか疑問符がつく場面もありますね…(④は結構ハマっていますが)。またデビューアルバム「MARDELAS Ⅰ」で僕が好きだったアニソン系ナンバーが今回は収録されていないのも残念。ちなみに、ほとんどの曲をマリナ嬢と及川 樹京(G)が手がけている中で⑦はhibiki(B/ALHAMBRA、LIGHT BRINGER)の作曲によるものです。hibikiが燃え尽きてしまったことがLIGHT BRINGER活動休止の大きな要因だったかと思うのですが、別バンドだと肩肘張らずにソングライティングできるということでしょうか。形はどうであれ、こうして彼の曲が聴けるのは嬉しいですね。