LIGHTNING「JUSTICE STRIKE」(2011)

  • 2013/07/28(日) 00:00:00

JUSTICE STRIKE
【No.382】
★★★(2011)

「慟哭の剣」の異名を持つギタリストIRON-CHINOを中心とした「日本国最後のトゥルーメタル志士」(帯タタキより抜粋) LIGHTNINGの3rdアルバム。これまでも作品毎に異なるシンガーが歌っていましたが、今回も2nd「FIVE RINGS」(2010)でフロントマンを務めていた「最後のブロンコ」Robert Watermanから「神国に舞うブレイヴハート」勇舞にボーカルが交代しています。 歌の安定感、英語の発音など総合的に見てシンガーとしてはRobertに分があったように思うものの勇舞のボーカルスタイルも前任者に近いパワーシャウター系なので違和感なく聴けるし、IRONが紡ぎ出す慟哭のギターを中心に据えた漢らしくてクサいメロディック・パワーメタルは本作でも健在です。前作でグッと洗練性を増していたのに対して、本作ではデビューアルバム「BRAVE HEART」(2007)に近い武骨なサウンドとなっているのが特徴でしょうか。

アルバムは序曲①Advent「それは正義の名の下に」に導かれて勇舞が挨拶代わりのシャウトを決めるタイトル曲②JUSTICE STRIKE、2006年発表のデモCDにも収録されていたミッドテンポ③Soldier Forceという一連の流れでスタートします。このギターインスト~疾走曲~ミドルの3曲をアルバム冒頭に配するのはデビュー作からお馴染みとなっていてバンドの拘りが感じられますね。それ以降も2011年3月11日の東日本大震災のことを歌った哀しくも力強い④Far Away、アコーディオンを取り入れたサウンドが新鮮に響くアニソン調⑥Destiny Destination、IRONの師でもある屍忌蛇(G)率いるVOLCANO張りのヘヴィさで攻めてくる⑦End Of The World「千年王国の終わりに」などが気に入っています。そんな本作のハイライトとなっているのがIRON自身「新たな時代のLIGHTNINGアンセムとして、100年の後まで語り継がれることを、絶対的に宿命づけられたかのような曲」と語る⑩Save The Truthですね。ジャーマンメタルの王道を行く飛翔感に溢れたメロディとともに駆け抜けていくこの曲はバンドの新たな名曲だと思うし、「継承(なが)れる時のSaviour!」という歌詞を見てデビュー作からバンドを知る者としてはニヤリとしてしまいます。

アルバム全編に渡ってこのバンドらしい世界観を表現した曲調と歌詞、IRONと「黒龍の柩」KOUTA(G)のギターワークが存分に楽しめる1枚ですが、個人的に前作の方が好きだったりします。今回はストイックなメタルに重きを置いた反面、「愁い」や「キャッチーさ」が減退しているように感じるんですよね。過去作品には一聴した時点で心を鷲掴みにされる楽曲が多かったのに対して、本作を聴き始めた頃にインパクトがあったのは②、⑩そしてアニソンのカバー⑫「夢色チェイサー」くらいでした。と言いつつも、リピートすることで味が出てきた本作もお気に入り盤であることは間違いないので今後もバンドの信じる道を邁進してもらいたいですね。

【音源紹介】
・JUSTICE STRIKE

【CD購入録】BATTLE BEAST「BATTLE BEAST」(2013)

  • 2013/07/25(木) 00:00:00

【CD購入録】
BATTLE BEAST
BATTLE BEAST「BATTLE BEAST」(2013)

母国フィンランドから約1年遅れで国内盤がリリースされたデビュー作「STEEL」(2012)が素晴らしく、このブログで2012年のブライテストホープに選出させてもらったBATTLE BEASTの2作目を買いました。前作発表後、バンドは精力的にツアーを敢行していたようですが、バンドのアイデンティティーのひとつでもあった女性ボーカルNitte Valoが「家族との時間を優先したい」という理由で突如脱退。後任にNoora Louhimo(Vo)嬢を迎えています。本作の注目点は何と言ってもニューシンガーNooraですが、ややハスキーな声質で時にはNitte以上に女性らしい歌声も披露しつつバンドに欠かせない強烈なシャウトも炸裂させる実力者でバンドサウンドと見事にマッチしています。シンガーは交代したもののバンドの基本線に変化はなく正統派メタルの王道を今回もひた走りつつ、彼等の特徴でもあるキーボードによる効果的な味付けは更に強化され、楽曲自体も前作以上にキャッチーな仕上がりとなっていて同郷のモンスター集団LORDIを思い出すほど親しみやすいメロディもありますね。前作を聴いて膨らんでいた僕の期待にきっちり応えてくれる1枚だと思います。

【CD購入録】摩天楼オペラ「喝采と激情のグロリア」(2013)

  • 2013/07/21(日) 00:00:00

【CD購入録】
喝采と激情のグロリア
摩天楼オペラ「喝采と激情のグロリア」(2013)

シンフォニックアレンジの中でクサメロが乱舞するサウンドが僕好みのヴィジュアル系バンド摩天楼オペラのメジャー2作目を買いました。「合唱」をテーマにしたという本作は随所に分厚いコーラスが配されていて楽曲を盛り上げていますね。音楽性は前作「JUSTICE」(2012)のサウンドを継承している一方でジャケットともリンクする民族楽器を新機軸として取り入れ、以前にもあったモダンなアレンジが更に強まっているという感じでしょうか。苑(Vo)の歌い方のクセが強まっていたり、歌メロの充実度は前作の方が上だったりと気になる点もありますがイタリアン・シンフォニックメタルの雄RHAPSODY(現RHAPSODY OF FIRE)の名曲Emerald Swordを彷彿とさせる②GLORIAや美しいバラード⑩「永遠のブルー」の余韻を引き継ぐピアノから始まり激しさを増していくインスト⑪Midnight Fanfare、そして②と同じ英語詩が登場する構成にバンドの拘りが感じられるタイトル曲⑫「喝采と激情のグロリア」で大団円を迎える終盤は感動的。これからも応援していきたいバンドです。

【CD購入録】DEVIL'S TRAIN「DEVIL'S TRAIN」(2012)

  • 2013/07/18(木) 00:00:00

【CD購入録】
DEVILS TRAIN
DEVIL'S TRAIN「DEVIL'S TRAIN」(2012)

先日CD購入録の記事にしたANATHEMA「WEATHER SYSTEMS」(2012)同様、「はぐれメタラーの音遊生活」の管理人むーじゅさんが2012年の年間ベストに本作を挙げてらっしゃるのを見て、その存在を知ったバンドDEVIL'S TRAINの1stアルバムを買いました。どうやらこのバンドはR.D.Liapakis(Vo/MYSTIC PROPHECY)を中心としているようでリズム隊にはJari Kainulainen(B)、Jorg Michael(Ds)という元STRATOVARIUS組が参加、ミックスにはFredrik Nordstrom(G/DREAM EVIL)が携わっています。LiapakisとLaki Ragazas(G)によって手がけられた楽曲は小細工一切なしの骨太ハードロックで素直にカッコいいと思えるものばかりなので、日本盤のリリースがないのが不思議なほどです。THE ANSWER meets 初期GOTTHARDと言えそうな本作のサウンドは僕好みなので次のアルバムも是非聴きたいですね。

BATTLE BEAST「STEEL」(2012)

  • 2013/07/14(日) 00:00:00

STEEL.jpg
【No.381】
★★★★(2012)
年間ベスト2012年ノミネート作品

フィンランドから彗星のごとく現れたメタル界の野獣BATTLE BEASTの1stアルバム。僕は全く予備知識がなかったのですがライナーノーツによるとデビュー前から華々しい経歴を持ったバンドのようで、ヨーロッパ最大級のメタルフェスWACKEN OPEN AIRで行われる大会METAL BATTLEで見事優勝して注目を集め、2011年に母国フィンランドで本作をリリースするやナショナルチャートで7位を記録。その勢いに乗って2012年にNUCLEAR BLASTからワールドデビューを果たしています。本作で繰り広げられているのは純度120%の正統派メタル。この手のピュアメタルをあまり得意としていない僕も絶妙なさじ加減で加えられた哀愁とキャッチーなメロディがあるため本作はかなり聴きやすく、一発で気に入りました。ちなみに僕が持っている日本盤のジャケットはバンド、アルバム名が表記されただけのシンプルなものですが輸入盤ではバンド名を体現したような野獣キャラが描かれていて断然輸入盤の方が好きですね。

本作についてまず触れなくてはならないのはNitte Valo姐さん(Vo)の存在でしょう。SINERGYのシンガーとして一世を風靡したKimbery Gossに匹敵するインパクトも去ることながら、KimberyやMarta Gabriel(Vo/CRYSTAL VIPER)を彷彿とさせる低音域、男性シンガー顔負けの強力無比なシャウトを駆使して楽曲の凄みをアップさせるボーカルパフォーマンスは圧巻。オーディションでほんの数秒歌っただけでバンドの度肝を抜いたというエピソードにも納得ですね。そんな歌の側面だけでなくバンドの中心人物で時折Udo Dirkschneider(Vo/ U.D.O.、ex-ACCEPT)ばりの金切り声も響かせるAnton Kabanen(G)Juuso Soinio(G)によるギターワーク、楽曲のアレンジに大きく貢献しているキーボードの使い方の上手さもあって古臭さは感じられず、その巧みなアレンジセンスは本当に新人かと疑ってしまうほどですね。

個々の楽曲をについても文字通りBATTLE BEASTの音世界へと引き込んでくれるオープニング①Enter The Metal Worldからしてインパクト抜群だし、アルバムの約半分を占めるアップテンポのメタリックチューンズが僕のメタル魂を鼓舞してくれます。中でも④Justice And Metal、⑦Cyberspace、⑧Show Me How To Die、⑪Victory辺りがお気に入りですね。そんな速めの曲だけでなく「Death of the batllefield」だとか「Shake the world with heavy metal」といったメタルバカ全開(褒めてます)の歌詞を覚えやすいメロディに乗せた③The Band Of The Hawk、⑤Steelなどのミドル、メロウな曲も魅力的だと証明してみせた本作唯一のバラード⑨Savage And Saint、スケールの大きなシンフォアレンジからNitteの強烈なシャウトが炸裂するサビに繋がるドラマティックナンバー⑩Iron Handなどバリエーションも多彩です。正直なところ、お気に入り度は★★★★★にしてもいいくらい気に入っているのですが本作はデビューアルバムなので、次回作が今回以上の出来だった時のことを考えてお気に入り度★★★★にしているくらいです。残念ながら本作で重要な役割を担っていたNitte姐さんは脱退してしまいましたが、7月24日に発売予定の2nd「BATTLE BEAST」に収録されるBlack NinjaのPVを見る限り、後任のNoora Louhimoも実力者のようなので期待が募ります。

【音源紹介】
・Enter The Metal World

【ニュース】HAREM SCAREM「MOOD SWINGSⅡ」の音源とトラックリスト

  • 2013/07/11(木) 00:00:00

昨年冬に再結成を発表したHAREM SCAREMが8月21日発売する2nd「MOOD SWINGS」の再録盤「MOOD SIWNGSⅡ」のサンプル音源とトラックリストが公開されています。



MOOD SWINGS2
HAREM SCAREM「MOOD SWINGS Ⅱ」(2013)

01. Saviors Never Cry
02. No Justice
03. Stranger Than Love
04. Change Comes Around
05. Jealousy
06. Sentimental Blvd.
07. Mandy
08. Empty Promises
09. If There Was A Time
10. Just Like I Planned
11. Had Enough
12. World Gone To Pieces
13. Anarchy
14. Brighter Day
※⑫~⑭は新曲

以前までは曲順未定となっていたのでを見かけましたが「MOOD SWINGS」と同じ曲順に落ち着いたようですね。②No Justice、④Change Comes Around、⑫World Gone To Piecesのサンプル音源を聴いて「オリジナルを超えた」などという感想はありませんし、そもそもリレコーディング作品はあまり聴かない僕ですが「HAREM SCAREMが再結成して『MOOD SWINGS』をリメイクする」と言われるとチェックしておきたくなるんですよね。

ソースはこちら

【気になるCDリスト】2013年7月

  • 2013/07/09(火) 00:00:00

BATTLE BEAST
BATTLE BEAST「BATTLE BEAST」(2013)7月24日発売予定
今月のマストアイテムはこちら。デビュー作で圧倒的な存在感を放っていたNitte Valo姐さん(Vo)が脱退してどうなるかと思っていましたが、Black NinjaPVを見る限り後任のNoora Louhimo嬢もこのバンドに合ったシンガーのようで安心しました。

NOVUM INITIUM
MASTERPLAN「NOVUM INITIUM」(2013)7月24日発売予定
バンドに復帰したものの再脱退したJorn Lande(Vo)の後任に渡り鳥系シンガーのニューフェイスRick Altzi(Vo/AT VANCE、THUNDERSTONE)を迎えただけでなく、リズム隊も交代した新生MASTERPLANのアルバム。現時点で購入決定というわけではありませんが聴けばそれなりに楽しめるのではないかと思っています。

【気になるCDリスト】
ART OF GRADATION「CONCENTRATION」(2013)

BATTLE BEAST「BATTLE BEAST」(2013)7月24日発売予定
Black NinjaのPV


BLACK VEIL BRIDES「WRETCHED & DIVINE :STORY OF THE WILD ONES」(2013)NEW

CHILDREN OF BODOM「HALO OF BLOOD」(2013)

DARK MOOR「ARS MUSICA」(2013)

DGM「MOMENTUM」(2013)

DREAM THEATER「DREAM THEATER」(2013)9月18日発売予定

GACHARIC SPIN「DELICIOUS」(2013)

GALNERYUS「THE IRONHEARTED FLAG VOL.1:REGENERATION SIDE」(2013)

GALNERYUS「THE IRONHEARTED FLAG VOL.2:REFORMATION SIDE」(2013)NEW9月4日発売予定

GLORYHAMMER「TALES FROM THE KINGDOM OF FIFE」(2013)

GYZE「FASCINATING VIOLENCE」(2013)NEW

HAREM SCAREM「MOOD SWINGS Ⅱ」(2013)8月21日発売予定

HIBRIA「SILENT REVENGE」(2013)

KALMAH「SEVENTH SWAMPHONY」(2013)

LIGHTNING「RAISE THE SUN」(2013)8月7日発売予定

LORDI「TO BEAST OR NOT TO BEAST」(2013)

MASTERPLAN「NOVUM INITIUM」(2013)7月24日発売予定
Keep Your Dream AliveのPV

 
ORPHANED LAND「ALL IS ONE」(2013)

OUTRAGE「OUTRAGED」(2013)

THE POODLES「TOUR DE FORCE」(2013)

SEDUCE THE HEAVEN「FIELD OF DREAMS」(2013)

SERENITY「WAR OF AGES」(2013)

SHAKRA 「POWERPLAY」(2013)(輸入盤)

SILENT FORCE「THE LAST STAND」(2013)10月23日発売予定

SPIRITUAL BEGGARS「EARTH BLUES」(2013)

THOUSAND EYES「BLOODY EMPIRE」(2013)

摩天楼オペラ「喝采と激情のグロリア」(2013)

【CD購入録】NAUTILUZ「LEAVING ALL BEHIND」(2013)

  • 2013/07/06(土) 00:00:00

【CD購入録】
LEAVING ALL BEHIND
NAUTILUZ「LEAVING ALL BEHIND」(2013)

南米ペルーから登場したメロディックパワーメタルバンドNAUTILUZのデビューアルバムを買いました。南米というとANGRAHIBRIAを輩出したブラジルはともかく、その他の国はメタル未開の地というイメージがあったのですが「ペルーにこんな逸材がいたのか!」と驚いてしまうほどのクオリティですね、これは。キャッチーで適度にクサいメロディを歌うハイトーンボーカル、弾きまくりのギターとそこに絡むキーボードが乱舞する本作のサウンドは5th「EPISODE」(1996)~8th「INFINITE」(2000)期STRATOVARIUSタイプで僕の大好物です。この手の若手メロパワバンドはシンガーが弱い印象があるのですがSebastian Flores(Vo)の歌唱にB級臭さは感じられないし、演奏やサウンド面も安定しています。楽曲面でもスピードチューンのみならずメロハーっぽい③Burning Hearts、泣きのバラード⑥Unwritten Serenade、女性ボーカルとのデュエット曲⑦Eden's Lairもあっていいアクセントになっていますね。キラーチューンこそないもののアルバムを通して楽しめる本作はデビューアルバムとしては上々の仕上がりだと思うので、これからも今の路線で突っ走ってもらいたいです。なお1,000枚限定プレスとなる本作にはシリアルナンバーがふられていて、僕が買ったのは908番でした。このアルバムがたった1,000枚しかないのは勿体ないな、と思っていたらどうやら8月14日に国内盤がSpiritual Beastからリリースされるようです。

2013年上半期に購入したCD28枚

  • 2013/07/02(火) 00:00:00

2013年も7月に入ったので、上半期に購入したCDをまとめました。これまで以上に枚数は減りましたが偶然にも新譜、旧譜どちらも同じ数となりましたね。タイトルをクリックすると、それぞれのCD購入録記事をご覧いただくことができます。

【新譜】14枚
AMARANTHE「NEXUS」(2013)
CYNTIA「LADY MADE」(2013)
FAIR WARNING 「SUNDANCER」(2013)
HARDCORE SUPERSTAR「C'MON TAKE ON ME」(2013)
HELLOWEEN「STRAIGHT OUT OF HELL」(2013)
LIGHT BRINGER「SCENES OF INFINITY」(2013)
LIONVILLE「Ⅱ」(2013)
MAGNUS KARLSSON'S FREE FALL「MAGNUS KARLSSON'S FREE FALL」(2013)
SAPPHIRE EYES「SAPPHIRE EYES」(2013)
SOILWORK「THE LIVING INFINITE」(2013)
STRATOVARIUS「NEMESIS」(2013)
TIMO TOLKKI'S AVALON「THE LAND OF NEW HOPE」(2013)
TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA「THE MYSTERY OF TIME」(2013)
W.E.T.「RISE UP」(2013)

【旧譜】14枚
ALDIOUS「DEEP EXCEED」(2010)
ALHAMBRA「明日への約束」(2005)
ALHAMBRA「SOLITUDE」(2010)
ANATHEMA「WEATHER SYSTEMS」(2012)
CYNTIA「ENDLESS WORLD」(2012)
DOLL$BOXX「DOLLS APARTMENT」(2012)
GACHARIC SPIN「LOCK ON!!」(2010)
GACHARIC SPIN「ハンティングサマー」(2010)
GACHARIC SPIN「雪泣く~setsunaku~メロディー」(2010)

GACHARIC SPIN「VIRGIN-A」(2011)
GACHARIC SPIN「ヌーディリズム」(2012)
LORDI「BABEZ FOR BREAKFAST」(2010)
REVOLUTION RENAISSANCE「AGE OF AQUARIUS」(2009)
REVOLUTION RENAISSANCE「TRINITY」(2010)

上半期を振り返って特に印象に残っている新譜は以下の5作品ですね。

THE NEXUS
AMARANTHE「NEXUS」(2013)

STRAIGHT OUT OF HELL
HELLOWEEN「STRAIGHT OUT OF HELL」(2013)

SCENES OF INFINITY
LIGHT BRINGER「SCENES OF INFINITY」(2013)

FREEFALL.jpg
MAGNUS KARLSSON'S FREE FALL「MAGNUS KARLSSON'S FREE FALL」(2013)

NEMESIS.jpg
STRATOVARIUS「NEMESIS」(2013)

今年の後半で注目しているのは2012年のブライテストホープBATTLE BEASTの2nd、再結成したHAREM SCAREMによる名盤「MOOD SWINGS」の再録盤、新ドラマーMike Mangini加入後2作目となるこのタイミングでバンド名を冠したアルバムを発表するDREAM THEATERといった辺りですね。また年内にはD.C. Cooper(Vo)復帰後2枚目の作品を届けてくれそうなROYAL HUNT、そのD.C.がAlex Beyrodt(G)と組んだもうひとつのバンドSILENT FORCEも楽しみです。