FC2ブログ

【CD購入録】UNLUCKY MORPHEUS「CHANGE OF GENERATION」(2018)

  • 2018/11/04(日) 00:00:00

【CD購入録】
CHANGE OF GENERATION
UNLUCKY MORPHEUS「CHANGE OF GENERATION」(2018)

LIGHT BRINGERが無期限の活動休止状態となって以降、Fuki(Vo)の音楽活動のメインとなった感のあるUNLUCKY MORPHEUSが結成10周年の節目に発表したニューアルバムを買いました。彼等のことは以前から知っていて「アニソンをメタルアレンジして聴かせるプロジェクト」という認識だったのでスルーしていましたが、数年前からオリジナル曲を書くようになったと知り購入しました。本作で聴ける清々しいほどのメロディック・パワーメタルを基本にグロウルやラウドロック、メロウなバラードも取り入れたサウンドは僕好みですね。序曲①CAMBIO DI GENERAZIONEからメロパワ疾走曲②Knight of Swordに繋がる流れはお約束と分かっていても燃えます。この曲はYNGWIE MALMSTEENが名インストFar Beyond The Sunをライヴで演奏する際に導入部としてプレイするパガニーニのヴァイオリン協奏曲を彷彿とさせるフレーズを用いたクサい劇的チューンだし、③CADAVERの主旋律を逆再生すると④REVADACのメロディになるという驚愕の仕掛けが施された2曲も仕掛け抜きで聴いても十分楽しめるナンバーで一気に引き込まれました。また正式メンバーに名を連ねるヴァイオリン奏者Jillの演奏が活きる儚いバラード⑦「鎮昏歌」紫煉(G)FREEDOM CREATORSというプロジェクトに提供した曲をセルフカバーした⑫「囚われの僕ら (Unlucky Morpheus Ver.)」、⑬「願いの箱舟 (Unlucky Morpheus Ver.)」もメタリックな本編とは一線を画したボーナストラックのような役割を果たしていて好印象。既発曲がいくつか含まれているため従来からのファンにとっては食い足りなさが残るかもしれませんが、本作が入門盤となる僕にとっては充実した楽曲が並ぶ1枚です。