【CD購入録】WARDRUM「MESSENGER」(2014)

  • 2014/04/22(火) 00:00:00

【CD購入録】
MESSENGER.jpg
WARDRUM「MESSENGER」(2014)

ギリシャ出身の4人組メタルバンドWARDRUMの日本デビュー盤となる通算3作目を買いました。「ギリシャのメタルバンド」と聞くと最近ソロ名義で「I AM THE FIRE」をリリースしたGus G.(G)率いるFIREWINDが思い浮かびますが、このバンドもFIREWINDと同系統のピュアなヘヴィメタルサウンドを聴かせてくれます。WARDRUMのことは最近まで知らなかったのですが⑤After Foreverを聴いて、僕の中で一気に注目度がアップしました。小細工無用の正統派サウンド、そこに乗る哀愁を帯びたメロディが良いですね。このバンドの強みは確かな歌唱力を備えたYannis Papadopoulos(Vo)、派手に弾きまくるKosta Vreto(G)というバンドの顔となるプレイヤーがいることでしょうか。ちなみにバンドの中心人物はドラマーのStergios Kourouで全曲の作詞、約半数の作曲を手掛けていて、この体制が「ウォードラム」というバンド名に関係しているのかもしれませんね。アグレッシブなメタルチューンを軸にミドルテンポも織り混ぜていますが純粋なバラードはないので、アルバム本編14曲+デビュー作収録ナンバーのリメイク2曲を加えて約73分というランニングタイムはやや冗長に感じられるかな。とはいえ前述の⑤を筆頭に③Lady Jane Grey、④Phoenix、⑦Travel Far Away辺りのアルバム中盤はなかなか強力なので、2014年のブライテストホープ争いには必ず加わってきそうです。