【CD購入録】VARIOUS ARTISTS「DIANE WARREN PRESENTS LOVE SONGS」(2005)

  • 2016/08/15(月) 00:00:00

【CD購入録】
LOVE SONGS DIANE WARREN PRESENTS
VARIOUS ARTISTS「DIANE WARREN PRESENTS LOVE SONGS 」(2005)

これまでに生み出した楽曲がアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、グラミー賞など様々な賞にノミネート、複数の曲で全米1位を獲得しソングライターの殿堂入りを果たしている女性作曲家Diane Warrenのヒット曲を集めたコンピレーションアルバムを買いました。僕がDiane Warrenのことを意識するようになったのは映画「アルマゲドン」の主題歌で本作にも収録されている②I Don't Want To Miss A Thingがきっかけでしたね。その後Eric CarmenSomeone That You Loved BeforeSCORPIONSがベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と共演した企画盤「MOMENT OF GLORY」(2000)収録のHere In My Heartも彼女のペンによる曲だと知り注目度が上昇、MEAT LOAF「BAT OUT OF HELL Ⅲ‐ THE MONSTER IS LOOSE」(2007)に提供したCry Over Meも良かったので、いつか彼女の作品集が聴きたいと思っていました。王道バラードを書かせたら彼女の右に出るものはいない、というのが本作を聴いた率直な感想ですね。どの曲も聴かせどころをしっかりと押さえた流石の出来栄えで⑥Nothing's Gonna Stop Us Now、⑦Can't Fight The Moonlight辺りはかなり気に入りました。本作は現在廃盤になっているそうですが、そんな事実が信じられないほどに良い曲が詰まった1枚だと思います。

【トラックリストとアーティスト名】
01.There You'll Be - FAITH HILL
02.I Don't Want To Miss A Thing - AEROSMITH
03.Because You Loved Me - CELINE DION
04.Un-Break My Heart - TONI BRAXTON
05.Blue Eyes Blue - ERIC CLAPTON
06.Nothing's Gonna Stop Us Now - STARSHIP
07.Can't Fight The Moonlight - LeANN RIMES
08.Look Away - CHICAGO
09.When I See You Smile - BAD ENGLISH
10.Love Will Lead You Back - TAYLOR DAYNE
11.How Do I Live - TRISHA YEARWOOD
12.If I Could Turn Back Time - CHER
13.Time, Love, & Tenderness - MICHAEL BOLTON
14.I Learned From the Best - WHITNEY HOUSTON
15.I Turn To You - CHRISTINA AGUILERA
16.Have You Ever - BRANDY
17.I'll Never Get Over You (Getting Over Me) - EXPOSE
18.Saving Forever For You - SHANICE

【CD購入録】VARIOUS ARTISTS「ONE FOR ALL ALL FOR ONE 東日本大震災チャリティ・アルバム」(2011)

  • 2011/07/13(水) 00:00:00

【CD購入録】
ONE FOR ALL ALL FOR ONE
VARIOUS ARTISTS「ONE FOR ALL ALL FOR ONE 東日本大震災チャリティ・アルバム」(2011)

日本のMARQUEE AVALONレーベルに所属するHR/HMバンドが新曲、未発表曲/テイクばかりを提供してくれた東日本大震災チャリティ・アルバムを買いました。こういう趣旨のアルバムは「作品としてのクオリティは二の次」という先入観があったのですが、本作はチャリティ・アルバムである以上に優れた楽曲が詰まった好盤だと思います。

【参加バンドとトラックリスト】
01. MARK BOALS: Shine
02. EDGUY: I'll Cry For You(EUROPEのカバー)
03. EPICA: Higher High
04. GOTTHARD: Heaven(Live Version Taken From Forthcoming Live Alubum)
05. GRAND ILLUSION: The One
06. HAREM SCAREM: No Justice(2011 Version)
07. LANA LANE: Street Of Broken Dreams
08. LAST AUTUMN'S DREAM: Nothin' Ever Hurt Like You
09. RIOT: Wings Are For Angels
10. ROYAL HUNT: Far Away(Different Version)
11. SOILWORK: Epitome: A Bit O'Me(Beatstation Remix)
12. SONATA ARCTICA: Hell Is Living Without You(ALICE COOPERのカバー)

参加アーティストの大半が僕のお気に入りバンドなのですが、まずはオープニング曲①が素晴らしい。Mark Boals(Vo/ROYAL HUNT、ex-YNGWIE MALMSTEEN etc)RING OF FIRE~SEVEN THE HARDWAYの僚友Virgil Donati(Ds)と共作したこの曲は希望に満ちたバラードであるだけでなく、Charlie Dominici(DOMINICI、ex-DREAM THEATER)、Roberto Tiranti(LABYRINTH)、Mat Sinner(SINNER)、Edu Falaschi(ANGRA)らが参加するなどゲストシンガーも豪華です。その他にも以前にメンバーが語っていた故Steve Lee(Vo)在籍時最後のライブ音源と推測されるGOTTHARDの名バラード④、本作のために再結成し名盤「MOOD SWINGS」(1994)収録曲をドラマティック・バラード風に仕上げてくれたHAREM SCAREMの⑥、オリジナルアルバムに入っていても遜色なさそうなLAST AUTUMN'S DREAMの⑧、作品の性質上バラード主体になる中で唯一のメタリックチューンとして輝きを放っているRIOTの⑨、D.C Cooper(Vo)の一時復帰が実現した今年4月の来日公演でも演奏された名曲にライブの想い出が甦るROYAL HUNTの⑩など、お気に入り多数。

自分が住んでいる日本という国が困難に直面している今、日本のために立ち上がってくれた参加アーティストには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとう!