FC2ブログ

DOLL$BOXX「DOLLS APARTMENT」(2012)

  • 2019/05/30(木) 00:00:00

DOLLS APARTMENT
【No.531】
★★★★★(2013)

リードシンガーのArmmyが体調不良のため脱退してしまうという危機に直面したガチャピンことGACHARIC SPINのツアーにFuki(Vo/LIGHT BRINGER)がサポートボーカルとして参加したことがきっかけで誕生したDOLL$BOXXの1stアルバム。「ガチャガチャな4人が作り出す高速スピンサウンド」を掲げるGACHARIC SPINとアニソンテイストもあるメロディックメタルを聴かせるLIGHT BRINGERが合体することでどんなケミストリーが起きるのか興味津々でしたが、期待を裏切らない仕上がりとなっています。基本的にはガチャピン寄りの音楽性でありつつ、両バンドに共通する「音を詰め込んだ濃密なサウンドスタイル」はしっかり継承(というか更に強化)されているし、それに負けじとFuki嬢のボーカルも声を張り上げて歌う場面が多くて圧倒されます。

そんなパワー漲るアルバムを象徴するかのようにグロウルも交えながら畳み掛けてくる①Loud Twin Stars、キャッチーな掛け声パートで一緒に歌いたくなる②Merrily High Go Roundで掴みはバッチリ。Fukiの凄まじい声量に改めて感心させられる③Take My Chanceもインパクトがあるし、FチョッパーKOGA(B)のベースラインが気持ちいい④monopolyも好きですがそれ以降は更に強力です。曲名通りの勇ましさを感じさせる⑤「ロールプレイング・ライフ」、Fukiの絶品歌唱が堪能できるモダンバラード⑥fragrance、本作では最もメタリックな疾走ナンバー⑦KARAKURI TOWNを経て、外部ライターによる曲ながらサビメロが絶品なキラーチューン⑧「おもちゃの兵隊」に至る流れが素晴らしいですね。それまでの濃厚な楽曲とは対照的にシンプルな曲調が光る⑨Doll’sBoxも締めくくりに相応しいと思います。GACHARIC SPINのリメイク⑩「ヌーディリズム($ヴァージョン)」はボーナストラックのような位置付けでしょうか。

正直なところ聴き始めの頃は無機質なサウンドプロダクションに違和感があったし、押しまくるスタイルに聴き疲れやFukiの低音域にぎこちなさを感じたりしていたものの、それ以上に魅力的な楽曲群にねじ伏せられてしまいました。ただ⑩の歌に関してはFukiだと余裕がありすぎて、オリジナルでオレオレオナ(Key、Vo)はな(Ds、Vo)のツインボーカルが醸し出す独特の緊迫感が肝だと思っていた僕としては原曲の方が好きですね。といいつつもGACHARIC SPINのどの作品よりも好きだし、LIGHT BRINGERのアルバムと比較しても名盤「SCENES OF INFINITY」(2013)に次ぐお気に入り盤となっています。個性的な5人のメンバーが一体となって迫ってくるDOLL$BOXXサウンドは数あるガールズバンドの中でも一際輝いていますね。また本作の全10曲うち⑩を除く9曲のMVが制作されている辺りにレーベル側も力が入っていることが窺えます。

【音源紹介】
「おもちゃの兵隊」

【CD購入録】DOLL$BOXX「DOLLS APARTMENT」(2012)

  • 2013/01/30(水) 00:00:00

【CD購入録】
DOLLS APARTMENT
DOLL$BOXX「DOLLS APARTMENT」(2012)

先日ミニアルバムを購入したGACHARIC SPINFuki(Vo/LIGHT BRINGER)が合体することで誕生したニューバンドDOLL$BOXXの1stアルバム(通常盤)を買いました。LIGHT BRINGERのフルアルバム3枚、GACHARIC SPINのミニアルバム1枚を踏まえて本作を聴くと、どちらかといえばGACHARIC SPINに近いように思います。更にパワーアップしたように感じるFukiの伸びやかで力強い歌声と、それに対抗するためか従来以上に音を詰め込んだバッキングがぶつかり合いながら展開していく楽曲群は聴き応え十分。そのあまりの濃密さに少し聴き疲れてしまったり、Fukiの歌にLIGHT BRINGERでは見られなかったぎこちなさを感じてしまう場面(主に低音域)もあったりしますが問答無用でテンションが上がる②Merrily High Go Round、本作に溢れるパワー感を象徴する⑤「ロールプレイング・ライフ」、アルバム随一のキラーチューン⑧「おもちゃの兵隊」などを中心にお気に入り曲も複数あります。メンバーにはGACHARIC SPIN、LIGHT BRINGERという母体バンドがありますが、1枚目でここまでの充実作の生み出してくれた DOLL$BOXXの今後にも期待したいですね。何でも本作からは全10曲中9曲のPVを制作するそうです。レーベル側も気合いが入ってますねぇ。