【CD購入録】BRIAN MELO「THE TRUTH」(2010)

  • 2013/12/15(日) 00:00:00

【CD購入録】
THE TRUTH
BRIAN MELO「THE TRUTH」(2010)

カナダのオーディション番組「CANADIAN IDOL SEASON5」(2007年)の優勝者でもあるシンガーソングライターBrian Meloの2作目を買いました。僕が彼に関心を持ったきっかけはHarry Hess(Vo/HAREM SCAREM)の2ndソロ「LIVING IN YESTERDAY」(2010)の曲作りに参加していたからなのですが、本作ではHarryがプロデュースを手がけているほかPete Lesperance(G/HAREM SCAREM)がギターとベース、Creighton Doane(Ds/HAREM SCAREM)がドラムパートで参加しています。気になるBrianの歌声についてはルックスから勝手に「AMERICAN IDOL SEASON5」(2006年)のファイナリストで、現在はDAUGHTRYとして活動しているChris Daughtry(Vo)のような野太くて温かみのあるタイプを想像していましたが、本作を聴いて最初に連想したシンガーはMikael Erlandsson(Vo/LAST AUTUMN'S DREAM)でした。オープニングを飾るタイトル曲①The Truthの「オッオッオー オ オッオッオー♪」というコーラスを筆頭に若干掠れ気味なBrianのボーカルが独特の哀愁を放っていて良いですね。かと思えばMikael以上に逞しく、それこそChris Daughtryのように力強く歌う場面もあってなかなかの逸材だと思います。彼が中心となって手がけた楽曲群に関してもメロディが胸に沁みるミディアムチューンを軸に軽快なナンバーやほのぼの系、女性シンガーとのデュエットもあって飽きることなく聴けます。現時点では日本盤リリースのないBrianですが、今後の動向に注目したいアーティストですね。