【CD購入録】THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA「SKYLINE WHISPERS」(2015)

  • 2017/08/25(金) 00:00:00

【CD購入録】
SKYLINE WHISPERS
THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA「SKYLINE WHISPERS」(2015)

酔った勢いで結成に至ったという経緯、Bjorn“Speed”Strid(Vo/SOILWORK)を始めとする主要メンバーがメインバンドとのかけ持ちであることなどから、単発プロジェクトだとばかり思っていたTHE NIGHT FLIGHT ORCHESTRAがリリースしたまさかの2作目を買いました。北欧エクストリームメタル界の重鎮によるバンドとは思えないほどクラシックロックのど真ん中をひた走る作風はデビュー作「INTERNAL AFFAIRS」(2012)と同じですが、本作の方が若干ヘヴィになっているように思います。キャッチーなメロディ作りの上手さは今回も健在で勢いよく突っ走る①Sail On、レトロなサウンドが心地よい②Living For The Nighttime、弾きまくりのキーボードソロをフィーチュアした⑨Demon Princess、プログレッシブな展開を盛り込んだ⑫The Heather Reportsなど曲によって異なる表情を見せてくれるのも好印象。楽曲の充実度で言えば前作に分があるように思いますが、このところのSOILWORK以上に僕の琴線に触れる楽曲が多いし、Bjornのクリーンボイスも魅力たっぷりなので「このバンドをメインにしてもらってもいいかも」なんて思ってしまいますね(笑)。

【CD購入録】THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA「INTERNAL AFFAIRS」(2012)

  • 2012/11/17(土) 00:00:00

【CD購入録】
INTERNAL AFFAIRS
THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA「INTERNAL AFFAIRS」(2012)

SOILWORKで活動を共にするBjorn“Speed”Strid(Vo)David Andersson(G)が飲みながらロックについて語り合ううちに酔った勢いで結成、そこにSharlee D'Angelo(B/ARCH ENEMY、SPIRITUAL BEGGARS)らが加わったプロジェクトTHE NIGHT FLIGHT ORCHESTRAの1stアルバムを買いました。メンツ的には北欧エクストリームメタルにおける夢のプロジェクトのようではありますが、本作で聴けるのはメタルはおろかハードロックと呼ぶことすらも憚られる古きよきロックミュージックでBjornも勿論全編をノーマルボイスで歌っています。「爽やか」「ゴキゲン」といった言葉を連想させる楽曲群はどれも印象的なメロディを持っていて②California Morning、④West Ruth Ave辺りはかなり気に入っています。クリアボーカルでもこれだけ歌えるBjorn擁するSOILWORKの次回作「THE LIVING INFINITE」は2枚組のコンセプトアルバムになるそうなので、どんな作品に仕上がるのか興味津々ですね。バンド創設メンバーでリーダーだったPeter Wichers(G)不在のラインナップで制作された「SWORN TO A GREAT DIVIDE」(2007) が好きになれなかった身としては、一時バンドに復帰したものの再脱退してしまったPeterを欠く今のSOILWORKが僕好みのアルバムを届けてくれるのか?という一抹の不安があるのも事実ですが…。