【CD購入録】DISARMONIA MUNDI「COLD INFERNO」(2015)

  • 2016/10/17(月) 00:00:00

【CD購入録】
COLD INFERNO
DISARMONIA MUNDI「COLD INFERNO」(2015)

CORONER RECORDSのオーナーとしてレーベルを経営する傍ら、ジブリ映画の曲をエクストリームメタル風にカバーするプロジェクトIMAGINARY FLYING MACHINESを立ち上げたりBLOOD STAIN CHILD、GYZEといった日本のバンドをプロデュースしたりと多方面で活躍するマルチプレイヤーEttore Rigottiのメイン(?)プロジェクトDISARMONIA MUNDIの5作目を買いました。今回も正式メンバーは全ての楽器とクリーンボーカルまでを1人でこなすEttoreとグロウル担当のClaudio RavinaleのみでBjorn“Speed”Strid(Vo/SOILWORK、THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA)が過去作に引き続きゲストとして参加しています。サウンドの方も①Creation Dirgeの冒頭がオーケストラ風で驚かされますが、曲自体はDISARMONIA MUNDIらしいモダンメロデス/エクストリームメタルとなっています。個人的にこのバンドはアルバムとしてはそれなりに楽しめる一方で聴き終えた時に印象的な曲がなかったりするのですが、今回はサビメロが一際キャッチーな②Stormghost、④Coffinやアグレッション全開の⑥Slaves To The Illusion Of Lifeなどが気に入っています。日本盤ボーナスの⑪The Loneliness Of The Long Distance Runnerも良い曲だなと思っていたらIRON MAIDENのカバーでした(笑)。ちなみにこの曲にはChristian Alvestam(Vo/ex-SCAR SYMMETRY)がゲスト参加しています。マンネリ感は否めないものの流石のクオリティを誇る1枚という感じですね。

【CD購入録】DISARMONIA MUNDI「THE ISOLATION GAME」(2009)

  • 2011/06/03(金) 00:00:00

【CD購入録】
THE ISOLATION GAME
DISARMONIA MUNDI「THE ISOLATION GAME」(2009)

イタリア出身のマルチプレイヤーEttore RigottiClaudio Ravinale(Vo)からなるメロデスバンド(プロジェクト?)DISARMONIA MUNDIの4作目を買いました。内容はこれまで同様、SOILWORKの傑作5th「FIGURE NUMBER FIVE」(2003)を正当進化させたかの如くサイバーでモダンなメロディックデスメタルです。前作まではゲストでありながらBjorn“Speed”Strid(Vo/SOILWORK)がほぼメインで歌っていましたが、今回は本当にゲスト扱いという感じでClaudioが迫力ある咆哮を曲の大半で響かせています。全編に渡って高品質なメロデスが聴ける作品ではありますが「決め」の1曲が見当たらないのと、楽曲のフォーマットが結構似ているので「今、何曲目だっけ?」とブックレットを見てしまうこともしばしば。7th「SWORN TO A GREAT DIVIDE」(2007)を聴いてSOILWORKの未来に不安を感じた時には後継者バンドの最右翼でしたが、Peter Wichers(G/SOILWORK)が復帰した8th「THE PANIC BROADCAST」(2010)と本作を聴き比べてみて本家の底力を改めて感じました(このアルバムも僕好みの作品ではありますが)。