【CD購入録】OUTLOUD「WE'LL ROCK YOU TO HELL AND BACK AGAIN!」(2009)

  • 2014/07/08(火) 00:00:00

【CD購入録】
Well Rock You to Hell and Back Again!
OUTLOUD「WE'LL ROCK YOU TO HELL AND BACK AGAIN!」(2009)

今年の5月に3作目「LET'S GET SERIOUS」をリリースしたことも記憶に新しいギリシャ産メロディック・ロックバンドOUTLOUDの1stアルバムを買いました。このバンドのキーマンがBob Katsionis(Key、G/FIREWIND)であることは間違いありませんが、彼のもとでギターを学んでいたTony Kash(G)を世に送り出すという意図がデビュー当時にはあったようで本作ではTonyも曲作りに関わっています。そこまでのお膳立てをしてもらっておきながらTonyはEP「MORE CATASTROPHE」(2012)を最後に脱退したようです(Bobによると理由は「バンドへの関心を失ったこと」らしいので事実上の解雇?)。アルバムの中身はというと80年代メロディアスハードの王道を行くサウンドで、このバンドの音楽性がデビュー当初からブレていないことが窺えますね。ただし楽曲の質に関しては後の作品に比べると物足りなさを感じます。裏を返せばバンドがそれだけ成長したと言えるし②We RunBON JOVIの有名曲Runawayを彷彿とさせるキーボードで始まる③Tonight、バンドのテーマソングであろう⑪Out Loud辺りは結構気に入っています。

【CD購入録】OUTLOUD「LET'S GET SERIOUS」(2014)

  • 2014/06/03(火) 00:00:00

【CD購入録】
LETS GET SERIOUS
OUTLOUD「LET'S GET SERIOUS」(2014)

Bob Katsionis(Key、G/FIREWIND)Chandler Mogel(Vo/ex-TALON)を中心としたメロディックロックバンドOUTLOUDの3作目を買いました。前作「LOVE CATASTROPHE」(2011)が充実盤だったこと、先行で公開されていた②I Was So Blindが素晴らしかったこともあって期待していたのですが、それを裏切らない仕上がりになっていると思います。アルバム全編に渡ってメロハーの佳曲が目白押しで、前述の②と穏やかな曲調が後半で一変して激しくなるパートを盛り込んだ⑦Bury The Knifeが現時点のお気に入りです。この手のバンドにしては珍しく5分台のインスト⑥Let's Get Seriousを収録、しかもアルバムタイトルにしている辺りにソロ名義ではインスト作品をリリースしているBobらしさを感じますね。初めて聴いた時のインパクトや僕好みの哀メロという点に関しては前作に一歩譲るような気もしますがヘビロテ中です。

【CD購入録】OUTLOUD「LOVE CATASTROPHE」(2011)

  • 2011/11/03(木) 00:00:00

【CD購入録】
LOVE CATASTROPHE
OUTLOUD「LOVE CATASTROPHE」(2011)

Zakk Wylde(G/BLACK LABEL SOCIETY)の後任としてOZZY OSBOURNE BANDに迎えられた若手ギタリストの注目株Gus G.率いる正統派メタルバンドFIREWINDにも籍を置くBob Katsionis(Key、G)を中心としたメロディアス・ハードロックバンドOUTLOUDの2作目を買いました。オープニングの①We Came To Rockはアメリカンでノリの良いロックチューンですが、作品全体としてはいかにも欧州型メロハーらしい適度な愁いを帯びたキャッチーなナンバーが大半を占めていて僕好みの1枚です。絶品のサビメロを歌うコーラスからギターメロディへと至る流れで曲が始まる④Waiting For Your Love(PVはこちら)は今年のベストチューン候補確実だし、それ以外の楽曲も粒揃いでアルバム最後まですんなり聴けます。これは今年の掘り出し物的な作品かもしれません。デビュー作も聴いてみたくなりました。