【CD購入録】RAUNCHY「DEATH POP ROMANCE」(2006)

  • 2010/05/07(金) 00:00:00

【CD購入録】
DEATH POP ROMANCE
RAUNCHY「DEATH POP ROMANCE」(2006)

「ジャケ買い」ならぬ「タイトル買い」をしてしまったデンマーク産メロデスバンドRAUNCHYの3作目。いやぁ、素敵すぎるタイトルですね「デス・ポップ・ロマンス」。ライナーノーツではこのバンドをフューチャー・ハイブリッド・メタルと呼んでいるようで、確かに近未来的な音使いで楽曲を彩るキーボード、メロデスを基盤にメタルコア、エモ/スクリーモ、NU METALなど90年代メタルをハイブリッド(混合)させた彼らのサウンドにはピッタリの表現かもしれませんね。大きくカテゴライズすると、清濁を織り交ぜたボーカルが歌うエクストリームメタルなので個人的にはSOILWORKの4th「NATURAL BORN CHAOS」(2002)、5th「FIGURE NUMBER FIVE」(2003)を思い出しました。本家SOILWORKの近作で感じた楽曲の類型化という課題は本作の前にも立ちはだかっているようで、もう少し曲にバリエーションが欲しい気もしますが、収録曲の中に「おっ」と思わせるメロディはあるし、WHAM!の名曲⑪Last Christmasをカバーする着眼点は面白いと思うので、そのポップセンスに益々磨きをかけてもらいたいですね。