CONCERTO MOON「FRAGMENTS OF THE MOON」(1997)

  • 2014/09/17(水) 00:00:00

FRAGMENTS OF THE MOON オリジナル
【No.407】
★★(2004)

島 紀史(G/ex-CRYSTAL CREAR)尾崎 隆雄(Vo/ex-ZENITH)の2人が中心となって結成された日本産ネオクラシカルメタルバンドCONCERTO MOONがインディーズ時代に発表したデビュー作。このアルバムがリリースされた1997年といえばANTHEMBOW WOWといったかつての人気バンドは解散(どちらも後に再結成)、陰陽座GALNERYUSもデビュー前ということもあり日本のメタルバンド不遇の時代という印象でした。そんな中、BURRN!誌の広瀬編集長イチオシのバンドとして紹介されていたこのCONCERTO MOONこそ、僕が初めて聴いた国産メタルバンドです。本作は後にリマスターを施し、ボーナストラックとして2nd「FROM FATHER TO SON」(1998)収録曲のライブテイク3曲を追加した紙ジャケ版がリリースされています。その再発に伴って何故かオリジナル盤6曲目のSave My Own Lifeがカットされていて、現在一般的に流通しているのは本編8曲+ライブ3曲のリマスターバージョンのようですね。

本作は何と言っても冒頭とラストに配された①Alone In The Paradise⑨Take You To The Moonの2曲が強力。特に①は期待を煽る荘厳なオルガンの後に切れ味鋭く入ってくるギターリフと尾崎のシャウトが文句なくカッコいいのに加えて、歌メロも充実したバンドの代表曲です(⑨のアウトロがオープニングに再び繋がっていきそうなオルガンサウンドだというのもグッド)。聴き始めの頃は上記2曲以外は微妙かと思っていましたがネオクラ系バンドの2曲目にありがちなタイプながらメロディはなかなか魅力的なミドル②Run To The Sky、美しいアカペラで幕を開ける③Cry For Freedom、メロウな雰囲気に包まれたスローチューン④Holy Child辺りはなかなかの佳曲ですね。リーダーでもある島のギタープレイはこの当時から強烈な輝きを放っていて、そのYNGWIE MALMSTEEN直系の速弾きスタイルはバンドの大きな武器となっています。僕は同時期(90年代後半)のYNGWIEよりも本作における島のギターの方が好きですね。そんな島の相棒、尾崎の歌唱も若干のパワー不足と不安定さが感じられるものの、デーモン小暮閣下(Vo/聖飢魔Ⅱ)を連想させるクリアなハイトーンを響かせてくれています。

ただし僕の場合、バンドのメジャーデビュー作となったセカンドアルバムでCONCERTO MOONと出会い、6th「AFTER THE DOUBLE CROSS」(2004)までを聴いた後に本作をチェックしたので、聴き劣りする部分があるのも事実(リアルタイムで本作に触れていれば違う感想を持ったのかもしれませんが…)。本作ではひとつの曲に日本語/英語の歌詞が混在しているのですが、日本語詞では気恥ずかしくなるほどのクサい世界観が、英詞では尾崎の発音の拙さが気になりますね。またリマスターに際して追加されたThe Last Betting、One And Only、Into The Fireのライブ音源3曲はどれも好きなナンバーだし、The Last Betting以外の曲は現時点でCONCERTO MOONが発表しているライブアルバムに収録されていないのでリマスター盤をレンタルして聴いてみました。オリジナル盤にのみ収録されているSave My Own Lifeがあまり琴線に触れなかったこともあって、僕はリマスター盤の方が好きですね。

【音源紹介】
・Alone In The Paradise

【CD購入録】CONCERTO MOONのミニアルバムとライブ盤

  • 2010/05/16(日) 00:00:00

【CD購入録】

日本産ネオクラシカル系メタルバンドCONCERTO MOONのミニアルバムとライブ盤を買いました。

TIME TO DIE
「TIME TO DIE」(1999)

3rdフルレンス「RAIN FOREST」(1999)のオープニング曲①Time To Dieをリードトラックとする5曲入りミニアルバム。実はその①があまり好きじゃなかったりする本作ですが、注目すべきはアルバム未収録の②King Of Judasですね。下に購入録を書いている2枚のライブアルバムだけでなく、2代目シンガー井上 貴史によるリテイクベスト「DESTRUCTION AND CONSTRUCTION」(2002)にも収録されている辺りにバンドもこの曲に自信を持っていることが窺えるし、実際に良い曲だと思います。それ以外はCONCERTO MOONとして初のインスト③Waltz For Masqueradeのほか、1stアルバム収録曲のライブテイクが2曲という構成です。

THE END OF THE BEGINNING
「THE END OF THE BEGINNING」(1999)

初代ボーカル尾崎 隆雄を擁するラインナップとして唯一のライブ作品で、DVD盤もリリースされているようです。直訳すると「始まりの終わり」となるタイトルが象徴するように、本作が初期CONCERTO MOONとしても区切りの作品という感じですね。セットリストはバンドの美味しいところを押さえてはいますが、ボーカルがやたらと引っ込んでいるように思えるのとスタジオ盤のメロディを歌い切れていないのが残念。これはミックスの問題か、それとも一部で指摘される尾崎のパワー不足が原因かわかりませんが…。

LIVE ONCE IN A LIFE TIME
「LIVE - ONCE IN A LIFE TIME」(2003)

井上 貴史(Vo)が加入して最初のオリジナルアルバム「LIFE ON THE WIRE」(2003)に伴うツアーを収録したライブ盤。これまたDVDにもなっています。「THE END OF THE BEGINNING」と比べてボーカルは前に出ている印象ですが、井上の歌に気合いが入り過ぎていて暑苦しく感じてしまう場面もしばしば。楽曲中のシャウトは勿論、MCも若干ガナっている感じで、オーディエンスを煽る「Come On~♪」が「キィヤモォ~ン♪」となっていることもあって好みが分かれるかもしれません。CONCERTO MOONの新旧シンガーについてはライブでの歌を聴くまで僕は井上派だったのですが、ライブでスタジオ盤以上に力んで歌う井上の歌唱法は少し苦手ですね。