【CD購入録】NoGoD「MAKE A NEW WORLD」(2014)

  • 2014/12/21(日) 00:00:00

【CD購入録】
MAKE A NEW WORLD
NoGoD「MAKE A NEW WORLD」(2014)

ヴィジュアル系HR/HMバンドNoGoDのメジャーデビュー後としては4枚目のアルバムを買いました。僕は彼等のメジャー第1弾アルバム「欠片」(2010)を聴いて結構気に入っていたのですが、それ以降のアルバムはフォローできていませんでした。本作の第一印象は「欠片」にもあった「ごった煮感」が更に強くなりつつ、どの曲も魅力的だということでしょうか。ハードに畳み掛けてくる①WORLD ENDER、②Followの後はメロハーからスラッシーなナンバー、プログレっぽいインストやノリの良いヘヴィなロックなど手を替え品を替え楽しませてくれます。本作はメンバー間でどんな作品にするか話し合うことなく出たとこ勝負で臨んだアルバムだそうすが、それでもここまでの力作が生み出せるバンドのこれからが楽しみですね。

【CD購入録】NoGoD「欠片」(2010)

  • 2010/12/23(木) 00:00:00

【CD購入録】
欠片
NoGoD「欠片」(2010)

まるでピエロのようなコスチュームに身を包んだ団長(Vo)率いるヴィジュアル系HR/HMバンドNoGoD(ノーゴッド)のメジャーデビュー作を買いました。インディーズ時代は新興宗教楽団NoGoDと名乗っていたそうですが、メジャーデビューに際してシンプルにNoGoDとなっています。本作に収録された楽曲はデス声とクリーンボイスの絡みがSOILWORKっぽい②「心臓」あり、メロディックメタル風の③「緋キ日ノ誓イ」⑧「カクセイ」、⑩「II-懐疑」あり、メロディアスなギターインスト⑦「君がくれた幸せと君に捧ぐ涙」あり、J-POP色の濃い④「少年と地図」、⑪「君に贈るいつまでも消えない詩」ありと、かなりバリエーションに富んでいますね。インストもありますが楽曲の基本は団長のボーカルをメインとした歌モノで、線が細くなった西川 貴教(Vo/ABINGDON BOYS SCHOOL、T.M.REVOLUTION)と感じる部分もある団長のハイトーンは典型的ヴィジュアル系ボーカルとは一線を画していてなかなか心地よいと思います。バックの演奏陣もソフトなものからメタリック調、時にはメロデスかと思うくらいヘヴィかつタイトに押し寄せてくる場面もあって好印象ですね。聴き手を選ぶ見た目なのでHR/HMシーンにどれくらい受け入れられるかは微妙ですが、音だけを聴いているとHR/HM要素も結構あって楽しめそうです。