【CD購入録】JOHN PETRUCCI & JORDAN RUDESS「AN EVENING WITH JOHN PETRUCCI JORDAN RUDESS」(2004)

  • 2009/08/14(金) 00:00:00

【CD購入録】
AN EVENING WITH JOHN PETRUCCI  JORDAN RUDESS
JOHN PETRUCCI & JORDAN RUDESS「AN EVENING WITH JOHN PETRUCCI JORDAN RUDESS」(2004)

John Petrucci(G)Jordan Rudess(Key)というDREAM THEATERの超絶プレイヤーがタッグを組んで、このコンビによるオリジナル曲を演奏したライブの模様を収めた作品で、その名も「AN EVENING WITH JOHN PETRUCCI & JORDAN RUDESS」を買いました。アコースティックギターのしっとりしたプレイをメインとしつつ、エレキに持ち換えると弾きまくるJohn、端正なピアノサウンドを聴かせるJordanの2人のみで演奏されている本作の楽曲はジャズっぽかったり、フラメンコ調だったり、ヒーリングミュージックのようなパートもありますが、イージー・リスニングというには音が多く聞き流せないという、DREAM THEATERのギタリストとキーボードプレイヤーらしい作品となっています。10分を越える楽曲もあり、ギターとキーボードだけでは少し間延びしている気がしないでもないですがバンドの名曲The Spirit Carries On冒頭のピアノメロディに似た始まり方の②Truth、シューベルトの子守唄(「ね~むれ~ ね~むれ~♪」という歌詞のあれです)を思い出させる④State Of Graceはよくリピートしてます。④なんて、ここ数日は寝る前に必ずと言っていいほど聴いていたりします。ギターとピアノのみというシンプルな構成ながら不思議な深みが感じられる1枚ですね。