【CD購入録】ABSTRAKT ALGEBRA「ANSTRAKT ALGEBRA」(1995)

  • 2009/06/16(火) 00:00:00

【CD購入録】
ABSTRAKT ALGEBRA
ABSTRAKT ALGEBRA「ANSTRAKT ALGEBRA」(1995)

北欧ドラマティック・ドゥームメタルの代表的バンドCANDLEMASSのメインソングライターLeif Edling(B)がCANDLEMASSの活動停滞中に結成したABSTRAKT ALGEBRAによる唯一のアルバムを買ってみました。メロディアスなHR/HMを好んで聴く僕にとってドゥームメタルはストライクゾーンではないし、CANDLEMASSも未聴なのですが、ABSTRAKT ALGEBRAには以前から関心があったんですよね。今は亡きゼロ・コーポレーションから発売されていた本作の中古盤をゲット。音楽性はというと、リリース当時に「漆黒の旋律」という謳い文句で称されていたのも納得の重く暗いヘヴィメタルで、一歩間違えばスローなだけの退屈な作品になりかねないところを厳かで呪術的なムードが僕を包み込んでくれます。「メロディアス」という言葉とは縁遠い作風でありながらも印象的な曲もあり、美しさが感じられる①Stigmata、本作では比較的スピード感のある②Shadowplay、闇のミサとでも呼びたくなる荘厳さに満ちた⑥April Clouds、15分の大作⑧Who What Where Whenなど、ついリピートを誘われる不思議な1枚です。後にYNGWIE MALMSTEENと名盤「FACING THE ANIMAL」を作り上げるMats Leven(Vo)のダーティな熱唱スタイル、語尾を吐き捨てるようなボーカルパフォーマンスも良いですね。もう少し聴き込んでみて更に本作を好きになるようならCANDLEMASSにも挑戦してみようかな。