【CD購入録】RED「INNOCENCE & INSTINCT」(2009)

  • 2009/04/17(金) 08:14:22

【CD購入録】
INNOCENCE  INSTINCT
RED「INNOCENCE & INSTINCT」(2009)

アメリカ出身のメロディアス・ヘヴィロックバンドREDの2作目です。このバンドの比較対象としてBREAKING BENJAMIN、EVANESCENCE、LINKIN PARKなどが挙げられていますが、僕はこれらのバンドのことはよく知りません。このアルバムには2007年に日本デビューしたDAUGHTRYのようなサウンドを期待して買ってみました。音楽性としてはアルバム全体を包み込むダークで湿り気あるメロディを中心に据え、ゴリゴリしたヘヴィリフと楽曲を盛り上げるストリングスサウンドがアクセントとして用いられています。収録曲は初めて聴いた気がしないほど耳馴染みの良いメロディが多く、Michael Barnes(Vo)もしっとり聴かせるノーマルボイスを軸に、低音スクリームも織り交ぜるなかなかの巧者です。アクションもののハリウッド映画のエンディングなんかでよく流れてそうな、いかにもアメリカ的な王道ヘヴィロックですね。ただ、これまで3~4回聴いてみた印象としては何だか「地味」なんですよね。ボーナストラックを含めて全16曲というボリュームもあり、アルバムの全体像を掴むにはもう少し聴き込みが必要なようです。