【CD購入録】KIKO LOUREIRO「FULLBLAST」(2009)

  • 2009/08/04(火) 00:00:00

【CD購入録】
FULLBLAST.jpg
KIKO LOUREIRO「FULLBLAST」(2009)

そろそろ活動再開へ向けて動き始めた感のあるANGRAのスーパー・ギタリストKiko Loureiro3枚目のソロアルバムを買いました。HR/HMと母国のブラジリアンミュージックを融合させた好盤1st「NO GRAVITY」に対し、ソロ2作目「UNIVERSO INVERSO」はジャズ・フュージョン路線との評判だったのでスルーしていましたが、今回は1stに近い路線となっています。Kikoのバックを固めるのはANGRAの同僚Felipe Andreoli(B)と「NO GRAVITY」にも参加していた名手でKikoも「驚異的な万能ドラマー」と絶賛するMike Terrana(Ds/MASTERPLAN、ex-YNGWIE MALMSTEEN、RAGE etc)という豪華なメンツです。HR/HMを基本としつつ絶妙なさじ加減で、ブラジリアン/ラテンテイストをセンス良く盛り込んでキャッチーなメロディを聴かせるこの路線が僕好みですね。時に激しく、時にロマンティックにギターを奏でるKikoのプレイにうっとりしてしまいます。今のところ特に気に入っているのはギターとドラムが絡み合うリズムが心地よい⑦Corrosive Voices、ANGRAの曲としても通用しそうな超メタリックチューン⑨Outrageousですね。気持ちよく聴けるギターインストアルバムとして愛聴していくことになりそうです。