【CD購入録】BUTCH WALKER「SYCAMORE MEADOWS」(2009)

  • 2009/07/05(日) 00:00:00

【CD購入録】
SYCAMORE MEADOWS
BUTCH WALKER「SYCAMORE MEADOWS」(2009)

MARVELOUS 3のデビュー作「HEY! ALBUM」を聴いて以来、クセになるポップセンスが気に入り、バンド解散後もソロ作をチェックしていたButch Walker(Vo/ex-MARVELOUS 3)のソロ名義4作目を買いました。MARVELOUS 3解散後、Butch自身はAvril Lavigne織田 裕二、PUFFYなどのアルバムを手掛けるプロデューサー、コンポーザーとして活躍しているので、そちらの活動で名前を耳にしたという人の方が多いかもしれません。正直なところ、ソロになってから1st「LEFT OF SELF-CENTERED」と2nd「LETTERS」を聴いたものの「HEY! ALBUM」ほど好きになれる作品ではなかったので、3rd「THE RISE AND FALL」は未聴だったのですが本作はかなり僕好みです。彼のソロ作品の中で一番好きかもしれません。オープニングトラック①Weight Of Herこそ、MARVELOUS 3を髣髴とさせる明るめのポップロックですが、それ以降はじっくりと聴かせるタイプの楽曲が並んでいます。中でも⑦ Passed Your Place, Saw Your Car, Thought Of You、⑫ATLといったバラード系の充実振りには目を見張るものがありますね。⑫の4:00過ぎのメロディにはググッときました。Butchのソロ作には、さほど思い入れがなかったので安価な輸入盤を買いましたが、これほどの作品ならボーナストラックもある国内盤を買った方が良かったかなぁなんて思ってしまいます。ここ最近DREAM THEATERのような濃い音楽を中心に聴いている僕にとって、本作は一服の清涼剤といえそうな1枚ですね。