【CD購入録】ALOHA FROM HELL「NO MORE DAYS TO WASTE」(2009)

  • 2009/07/12(日) 00:00:00

【CD購入録】
NO MORE DAYS TO WASTE
ALOHA FROM HELL「NO MORE DAYS TO WASTE」(2009)

BURRN!誌の藤木さんが「今月のおすすめ」(2009年7月号)で取り上げるほどのメロディと、「めざましテレビ」の芸能コーナーで紹介されるほどのヴィジュアルと大衆性を併せ持つ5人組モダン・ポップロックバンドALOHA FROM HELLのデビュー作を買いました。地元ドイツの人気ティーン雑誌BRAVO主宰のバンドコンテストで優勝したのをきっかけに世界的人気を博しているようです。楽曲面では①No More Days To Wasteを避けて通ることはできないでしょう。藤木さんのおすすめ記事にもあるように、この曲はスウェーデンのメロディックロック・バンドUSER of a common name(以下USER)の名曲Do You(僕も2005年の年間ベストチューンの第6位に選ばせてもらいました)の曲名と歌詞を差し替えたものです。ただし「Do you mind~♪」という歌い出しは同じだし、曲名もUSER版のサビの決めフレーズ「No more days to fall」をベースにしているのは明らかなので、なぜUSER版をそのままカバーしなかったのか疑問が残ります。とはいえ、この曲の素晴らしいメロディが出勤前に見てる「めざましテレビ」で聴けたのは嬉しい驚きでした。もちろん「めざましテレビ」ではUSERの「ユ」の字も出ませんでしたが(苦笑)。

と、①だけで長く書いてしまいましたが、アルバム全体としても哀メロの効いたガールズロックで結構楽しめてます。バンドの看板であるVivi嬢(Vo)Avril Lavigneと比較されることも多いようですね。Avrilをちゃんと聴いたことのない僕が知ってるバンドを引き合いに出して例えるとすれば、USERにTHE RASMUSのゴシック味を加えた感じという表現になるかな。①だけでなく⑩Girls Just Wanna Have Fun(Cyndi Lauper)、⑫Catch Me If You Can(Ana Johnston)もカバー曲だし、他の曲についても外部ライターのペンによるものが多そうなので16歳~21歳と若く、HELLOWEEN、ACCEPT、JUDAS PRIEST、IRON MAIDENなどを好きなバンドとして挙げているメンバーもいるこのバンドが今後どんな曲を書き、どう発展していくのか興味津々です。