【CD購入録】KISSIN' DYNAMITE「GENERATION GOODBYE」(2016)

  • 2016/07/07(木) 00:00:00

【CD購入録】
GENERATION GOODBYE
KISSIN' DYNAMITE「GENERATION GOODBYE」(2016)

2008年にデビューして以降、きっちり2年ごとにニューアルバムを届けてくれているKISSIN' DYNAMITEの5作目を買いました。初期のパーティーロック調から徐々にシリアスな方向へ変化してきた感のある彼等ですが、今回も近作の延長線上にある1枚と言えそうです。ドッシリと構えて聴かせるミッドテンポ①Generation Goodbyeはアルバムの掴みとしては微妙ながら単体で見ればカッコいいし、これぞKISSIN' DYNAMITE!なロックチューン②Hashtag Your Life(曲名がいかにも今どきのバンドらしいですね)、そこから一転してドラマティシズムと哀愁に溢れたパワーバラード③If Clocks Were Running Backwardsと続く展開にヤられました。PVも制作された②、③を筆頭に今回も良曲揃いなので、あっという間に聴けてしまいます。デビュー当時は16歳だったフロントマンJohannes Braunの成長に合わせるかのように、ロックソングだけでなくバラード系もこれまで以上に聴き応えがあるのも本作の特徴でしょうか。本編ラストの⑪Utopiaも泣けます。今回のアルバムも2016年を振り返る頃には年間ベスト入りを果たしてそうな力作ですね。

【CD購入録】KISSIN' DYNAMITE「MEGALOMANIA」(2014)

  • 2014/09/13(土) 00:00:00

【CD購入録】
MEGALOMANIA.jpg
KISSIN' DYNAMITE「MEGALOMANIA」(2014)

これまでにリリースした作品全てがこのブログで年間ベスト入りするほど充実盤揃いのKISSIN' DYNAMITEが放つ4作目を買いました。アルバムジャケットや先行で公開されていたリーダートラック①DNAをチェックした時点では、これまでの破天荒さは控えめの落ち着いた作風になっているのかと思っていましたが、そんなバンドの成熟度を感じさせつつも従来通りの弾けっぷりを見せるナンバーもあって今回も愛聴盤となりそうです。現時点でのお気に入りは③V.I.P. In Hell、⑥God In Youといったハードチューン、あとDesmond Childのペンによる⑤Deadlyやハッピーな曲調の⑦Running Freeも良いですね。また本作では数曲のプロデュース/ミックスをKAMELOT、RHAPSODY(OF FIRE)などを手掛けたSascha Paethが担当し、その相棒のMiroがキーボードを演奏している点も見逃せません。WIG WAMが解散してしまった今、KISSIN' DYNAMITEへの期待が大きくなってきています。これからも応援したいバンドですね。

【CD購入録】KISSIN' DYNAMITE「MONEY, SEX AND POWER」(2012)

  • 2012/03/24(土) 00:00:00

【CD購入録】
MONEY SEX AND POWER
KISSIN' DYNAMITE「MONEY, SEX AND POWER」(2012)

80'Sヘヴィメタルをキャッチーな歌メロに乗せて聴かせるサウンドが僕のツボにはまったドイツの若手注目株KISSIN' DYNAMITEの3作目を買いました。アルバム発表に先駆けて公開されていた①Money, Sex & Power②I Will Be KingのPVで高まった期待を裏切らない1枚ではないでしょうか。過去のアルバムと同じく、アグレッシブでありながら親しみやすいメロディを持った楽曲が目白押しですんなり聴けてしまいます。前作「ADDICTED TO METAL」(2010)収録のRun For Your Life、Supersonic Killerのような超弩級のキラーチューンこそないものの聴き応えとインパクトは十分だと思います。UNISONIC同様、3月の注目盤はどちらも当たりでしたね。

【CD購入録】KISSIN' DYNAMITE「STEEL OF SWABIA」(2008)

  • 2011/05/29(日) 00:00:00

【CD購入録】
STEEL OF SWABIA
KISSIN' DYNAMITE「STEEL OF SWABIA」(2008)

2ndアルバムにして日本デビュー盤である「ADDICTED TO METAL」(2010)年間ベスト2010年の第4位に、またバンド自体を期待の新人部門に選出させてもらったKISSIN' DYNAMITEの1stアルバムを買いました。2ndの日本盤ボーナスに収録されていた本作からの3曲を聴いてデビュー作も良さそうだとは思っていましたが、これは僕の期待を裏切らない出来栄えですね。オープニングが2ndにも収められていた①Freakyであるために新鮮味こそありませんが、本作にも「ADDICTED TO METAL」で見せてくれたキャッチーな歌メロを据えた80年代ヘヴィメタルが詰まっています。特にタイトル曲③Steel Of Swabiaは2ndのキラーソングSupersonic Killerに通じる極上のドライヴィングチューンでかなり気に入っています。流石に「ADDICTED TO METAL」を越えているとまではいきませんが、デビューアルバムとしては上々の1枚だと思います。今から3rdアルバムへの期待が募りますね。

KISSIN' DYNAMITE「ADDICTED TO METAL」(2010)

  • 2011/02/17(木) 00:00:00

ADDICTED TO METAL
【No.277】
★★★★(2010)
年間ベスト2010年第4位

ドイツから現れた新星KISSIN' DYNAMITEの2ndアルバムにして日本デビュー盤。AC/DCの楽曲をバンド名にしたというこのバンドの基本的な音楽性は80年代ヘヴィメタルだと思いますが、歌メロがかなりポップで親しみやすいため全体的な印象としてはキャッチーな歌ものメロディックロックと呼びたくなるようなサウンドです。そんなバンドのメロディセンスの良さはDAMN YANKEESの代表曲にしてアメリカンロックの名バラード④High Enoughをカバーしている点からも窺えますね。それでいてメタリックな要素もしっかり持っていて曲の山場を演出するツインリード、①Addicted To Metalにゲスト参加している地元の大先輩Udo Dirkschneider(Vo/U.D.O)がかつて在籍していたACCEPT譲りの雄々しい地響きコーラスなどが胸を熱くしてくれます。

金挺を打ちつける金属音に導かれ「俺たちゃメタル中毒だ!(We Are! Addicted To Metal!)」と高らかに歌う幕開けにメタル愛を感じずにはいられない冒頭のタイトルトラック①で重量感たっぷりのメタルアンセムを叩きつけておいて、勇壮なドライブ感の中で哀メロが光る②Run For Your Life、アルバム随一のキラー疾走曲③Supersonic Killerと続く序盤の畳み掛けがインパクト抜群!甘口バラードをメタリックに仕上げた前述の好カバー④以降も冒頭3曲ほどではないものの、キャッチーな歌メロが耳から離れない⑤Love Me Hate Me、気持ち良くノレるアップテンポ⑥Hysteria⑪We Want More、ドイツ出身バンドらしいクワイアが曲を盛り上げる⑦All Against All、ドラマティックな展開が見事な⑧In The Name Of The Iron Fist、同系統のナンバーが続いていながらメロディの良さで聴かせてしまうパワーバラード系⑨Assassins Of Love、⑩Why Can't You Hear Me、そしてオープニングナンバーと呼応するように「METAL」という単語を曲名に含んだメタル賛歌⑫Metal Nationなど、メタルならではの高揚感と耳馴染みの良いメロディを持った楽曲が目白押しです。

オープニングにしてタイトル曲の①や本編ラスト⑫で顕著な確信犯的に「メタル」であることを推すバンドイメージ(ジャケットは2010年に映画「アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~」が話題となったANVILのオマージュだとか)からSTEEL PANTHERWIG WAMを連想しますが、これら2バンドが実はベテラン組だったのに対して、このKISSIN' DYNAMITEは平均年齢18歳という正真正銘のニューアクトであること、フロントマンを筆頭にメンバーのルックスに華があるというのもポイントですね。ザラついた声質がBon Joviを思わせるシンガーのJohannes Braunは地元ドイツのアイドル発掘番組で準優勝した経歴の持ち主だとか。2008年リリースのデビュー作「STEEL OF SWABIA」は今のところ日本盤リリースの予定はないようですが、本作のボーナストラックとなっているデビュー作収録の3曲は本編と比べても遜色ないどころか一際キャッチーな⑬Freaky、⑭My Religionは即効性十分だし、「前作のツアーでたまたま共演したUdoに見初められ(?)U.D.Oのツアーのオープニングアクト前座に抜擢された上に、本作ではUdoのゲスト参加が実現した」という逸話もバンドのポテンシャルの高さを物語るエピソードではないでしょうか。アルバム全体としてもティーンエージャー中心のバンドとは思えないほど成熟、安定していますね。2010年のブライテストホープはこのバンドで決まり!

【音源紹介】
Run For Your Life

【CD購入録】KISSIN' DYNAMITE「ADDICTED TO METAL」(2010)

  • 2010/11/18(木) 00:00:00

【CD購入録】
ADDICTED TO METAL
KISSIN' DYNAMITE「ADDICTED TO METAL」(2010)

2008年に本国ドイツでデビューした若き超新星KISSIN' DYNAMITEの2ndアルバムにして日本デビュー盤を買いました。CDショップのポップに「STEEL PANTHERに対するドイツからの回答」なんて書かれているのを見かけましたが、あそこまで奇抜なファッションスタイルではなくメンバーも実はベテランというわけでもない正真正銘のニューアクト(平均年齢なんと18歳!)なのでCRAZY LIXX辺りに近い印象です。冒頭のタイトルトラック①Addicted To Metalでどっしりとしたメタルアンセムを叩きつけておいて②Run For Your Life、③Supersonic Killerというキャッチーなアップテンポが続く序盤3曲のどれもがキラーチューンと呼べるほど強力。またアメリカンロックの名バラードで僕も大好きな④High EnoughDAMN YANKEES)をカバーするセンスもいいですね。メンバーのルックスも良いので、きっかけさえあればブレイクするのではないでしょうか。また日本盤ボーナスとして前作の収録曲を3曲追加していて、特に⑬Freaky、⑭My Religionは本編と比べても遜色ない出来なのでデビュー作も機会があれば聴いてみたいですね。